他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2009年09月28日

痛みと痒み

昔、「痒み」は「痛み」を弱めた作用だろうと考えられていた。

ところが、昨今の研究では、「痛み」に反応する(感じる)脳の部位と
「痒み」を感じる脳の部位が違うことがわかったそうです。

詳しくは
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2009/09/post-29.html

たとえば、アレルギーやらアトピーが酷くなって、痒みに耐えられなくなって、
ステロイドに頼っている人達には、少し救いになるのか?それとも、気休めか?
もしくは、更に深刻化させるのか?
この発見の末路は・・・。

どういう意味か・・・・・。

この研究でわかってるのは、「痒みを感じる脳の部位」です。
更なる研究で、どのような神経ネットワークで、その部位が反応するかを突き止めたら、
その部位への信号を遮断するような薬剤が開発できれば、痒みを感じなくなるはず。

痒みを感じななければ、患者は治ったと思うはず。

だから、新薬開発して儲かる。

でもですね、信号を遮断したところで、痒みの原因を除去しなきゃ意味ないはず。

信号を遮断する薬を使っても、原因が温存されてるなら、
やがて再発するはず。

原因を除去する方法、痒みの原因を特定する方法を研究してくれないと・・・。

なんでアレルギー症状がでたり、アトピーになったりするのか・・・。

現時点では、体内でアレルギー原因物質の処理がおいつかなくなり、発症するということになっている。

でも、毎日、ソバを食べても平気な人がいる一方で、そばアレルギーな人がいる。
何が違うのか?
アレルギーの出る人は、ソバの成分を上手に処理できない体だということは、間違いないけど、
なぜ?

どこか、内臓器官に問題があるのか?
何か身体に悪いものを溜め込んでいるのか?
それとも、ソバが嫌いという脳内イメージのイタズラか?

もちろん、ソバぐらいなら主食じゃないから、食べなきゃいい話かもしれないけれども、
米や小麦にアレルギーを持つ人はたまったもんじゃないだろう。

米や小麦を避けて食べなさいでは、不憫じゃないですか。

そろそろ、お医者さんも安易な対処療法でなく、ちゃんと完治する療法をしましょうよ。

アレルギーやアトピーが治るっていうのは、
何を食べても痒くならない状態のことだと思うのですよ・・・。

空気中には、いろんなバイキンマンも飛び交っているわけで、
空気中には、電磁波も飛び交ってるわけで、
もしも、あるバイキンマンが脳内のどこかに潜伏し、本来は敵ではない、
食物の成分に反応するようにコントロールしていたとしたら・・・・。

こんなストーリーが作り話の世界ですめば、いいのだけど・・・・・。

アレルギーやアトピーは発症年数が長ければ長いほど、薬に頼った時間が長ければ長いほど、
完治には時間がかかるようです。

アレルギー発症を回避しながら、免疫力をアップさせるわけですからね。
免疫機能を正常化させるわけですから。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

フランスらしいなぁ

フランスの与党である国民運動連合(UMP)に属す議員らが、
面白い法案を議会に提出しました。

どんな法案なのか?

それは、それは、街中でみかけるいろんなモデルさんのお写真に関するもの。

デパートの化粧品売り場のポスターしかり、雑誌広告しかり、もうモデルさんが登場するものは、
すべてでしょう。

法案を提出した議員さんの一人であるボイヤーさんのサイトによりますと・・・。
http://www.valerie-boyer.fr/7_actionparlementaire.php?idsection=8&idcategorie=31&idarticle=302

すべてフランス語でわかりません。

そこで、日本語訳されて配信された記事によると
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2644981/4653981

もしも違反したら500万円程度の罰金だそうです。

では、どんなのが違反なのか・・・・。

20090906_04.jpg

たとえば、モデルの海渡くんがウマウマでフードを食べてる広告写真だとしましょう。

ところが、この写真は、デジタル処理されています。
明るさや質感などを調整してます。

さすがに、モデルさんの体型やシワなんかの加工はしてませんが・・・。

この法案が通ると、このままでは違法扱いになる可能性が大。

20090906_04_1.jpg

このように、注釈で「デジタル処理」がされている写真であることを明記しなきゃいけないようです。

果たして、この法案は可決するんでしょうか?

でもですよ。
デジタルカメラの普及が著しく、すべての広告物が一度はコンピュータを経由していることを
しれば、実際と広告物には乖離があると想像はできそうなもんですが・・・。


いろんな人種のいる国でかつファッションにうるさいお国柄もあいまった法案なんでしょうかね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ワンコに教わる

いやいや、この地球上に君臨している人間族のはしくれではありますが、
なかなか、どうして、人間に飼われて養われるご身分であるはずの、ペットな
お犬さまから教わることがイロイロ。

1.好きは好き

2.嫌いは嫌い

3.無理はしない

4.助けは求める

5.明日のことは考えない、今日を悔いなく生きる

6.楽しいことのためには、努力する


敬老の日の特集でのインタビューで

記者「長生きの秘訣は?」

おじさん「今日を完全燃焼する。明日のことは考えない。腹八分。」

でした。

ペットのワンコにおきかえれば、腹八分以外はその通り。
でも、ペットであるがゆえに、腹八分にならないことも多いのが現実。
そのために、サマザマな病気になっているワンコも多い現実。

自然界であれば、狩の成果に左右される食料なので、ある一定期間でみれば、
腹八分は達成されているはず。

ってことは、人間に飼われることで安全・安心を確保できたけれど、
食べさせすぎる人間に飼われると健康を損なう恐れもあるのかもね・・・。

だって、だって、ばぁばが、こそーっとオヤツ(果物)を海渡にあげていたという
真実を知ってしまったのですよ。
まぁー、犬用ケーキとか犬用御菓子なんかじゃないから(自然なものという意味)いいけれど、
ビックリですよ。

平日の海渡は留守番。
その間にオヤツとして果物をもらう(量的には大したことないけど)
飼い主帰宅後、時と場合によりお散歩
お散歩帰宅後、ばぁばから昼間と同量程度の果物を貰っていた。

おかげで、海渡は、散歩をたまにショートカットすることがある。
散歩から帰ると、玄関先では舌なめずり・・・・(^^;;
(どんだけ食いしん坊なのか・・・・)


ある意味、犬嫌いなばぁばが、オヤツをあげる。
海渡のために、外での要件をサッサとこなし、帰ってくる。

ダッコも首輪もできない、ばぁばは、ばぁばなりに海渡を大事に思ってくれている
のでした。
いやー、恐るべき犬の力なり。
posted by kaito at 15:25 | 福岡 ☀ | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。