他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2009年10月05日

2009秋の健康診断結果

はてさて、どーなったでしょう。


項目
検査機関:マルピー・ライフテック
GOT(AST)33.8
GPT(ALT)27.8
ALP87.7
T-BIL0.13
BUN19.2
Cre0.59
TP6.3
ALB3.4
A/G1.17
T-CHO151
検査機関:アイデックスラボ
NT-proBNP(心臓)1048

心臓以外の検査は、今までと同じ検査機関なので、これまでの数値と単純比較が可能なのですが、心臓の分だけが、今までとは違う検査機関なので数値の単純比較ができません。

だが、しかし、・・・・・。

2009春に比べて、すべてにおいて改善。

内臓さんも前回よりも、さらに良くなり(体重を適正化できた結果)、
心臓さんも改善されました。

どうも、海渡の適正体重は、現状では3.6kgから3.8kgの間のようです。

つまり、この体重・体格を維持できて、デトックスが正常に行われれば、
概ねOKということです。

海渡は、春よりも秋の検査結果のほうが良いことが多い。
たぶん、冬場は代謝が落ちるし、散歩回数も減ったりの結果として
春に反映されるので、冬場の生活スタイルの見直しが、健康維持の決め手ということに
なりそうです。

ちなみに、心臓がヤバイからって薬は飲んでませんので、薬の影響はゼロです。

やったことは、デトックスしやすいような食材と、肉類を少し減らし、総量も少し減らしたこと。しかし、野菜類などのビタミン・ミネラル類は比較的多く与えました。
なんとなく、散歩も多かったかな・・・・?

犬は肉食系だから、肉が多いほうがいいと思いやすいですが、
十分な運動量と、時折の絶食でもないのなら、ペットな犬に、肉食はイマイチでは、
ととーちゃんは考えるです。

タンパク質の代謝は、炭水化物の代謝よりも複雑で、それだけエネルギーを使います。

つまり、症状は軽いが病っぽいケースでの肉の摂取は、身体を回復させるエネルギーを抑えて、
肉の消化吸収にエネルギーを使ってしまうので、潜在的な病を長期化させる可能性があるのではと思うのです。

さて、かなり改善したこの状態を来春にも持続できるように、日夜精進です。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

痛みと痒み

昔、「痒み」は「痛み」を弱めた作用だろうと考えられていた。

ところが、昨今の研究では、「痛み」に反応する(感じる)脳の部位と
「痒み」を感じる脳の部位が違うことがわかったそうです。

詳しくは
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2009/09/post-29.html

たとえば、アレルギーやらアトピーが酷くなって、痒みに耐えられなくなって、
ステロイドに頼っている人達には、少し救いになるのか?それとも、気休めか?
もしくは、更に深刻化させるのか?
この発見の末路は・・・。

どういう意味か・・・・・。

この研究でわかってるのは、「痒みを感じる脳の部位」です。
更なる研究で、どのような神経ネットワークで、その部位が反応するかを突き止めたら、
その部位への信号を遮断するような薬剤が開発できれば、痒みを感じなくなるはず。

痒みを感じななければ、患者は治ったと思うはず。

だから、新薬開発して儲かる。

でもですね、信号を遮断したところで、痒みの原因を除去しなきゃ意味ないはず。

信号を遮断する薬を使っても、原因が温存されてるなら、
やがて再発するはず。

原因を除去する方法、痒みの原因を特定する方法を研究してくれないと・・・。

なんでアレルギー症状がでたり、アトピーになったりするのか・・・。

現時点では、体内でアレルギー原因物質の処理がおいつかなくなり、発症するということになっている。

でも、毎日、ソバを食べても平気な人がいる一方で、そばアレルギーな人がいる。
何が違うのか?
アレルギーの出る人は、ソバの成分を上手に処理できない体だということは、間違いないけど、
なぜ?

どこか、内臓器官に問題があるのか?
何か身体に悪いものを溜め込んでいるのか?
それとも、ソバが嫌いという脳内イメージのイタズラか?

もちろん、ソバぐらいなら主食じゃないから、食べなきゃいい話かもしれないけれども、
米や小麦にアレルギーを持つ人はたまったもんじゃないだろう。

米や小麦を避けて食べなさいでは、不憫じゃないですか。

そろそろ、お医者さんも安易な対処療法でなく、ちゃんと完治する療法をしましょうよ。

アレルギーやアトピーが治るっていうのは、
何を食べても痒くならない状態のことだと思うのですよ・・・。

空気中には、いろんなバイキンマンも飛び交っているわけで、
空気中には、電磁波も飛び交ってるわけで、
もしも、あるバイキンマンが脳内のどこかに潜伏し、本来は敵ではない、
食物の成分に反応するようにコントロールしていたとしたら・・・・。

こんなストーリーが作り話の世界ですめば、いいのだけど・・・・・。

アレルギーやアトピーは発症年数が長ければ長いほど、薬に頼った時間が長ければ長いほど、
完治には時間がかかるようです。

アレルギー発症を回避しながら、免疫力をアップさせるわけですからね。
免疫機能を正常化させるわけですから。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

TPはMDよりも循環器疾患になりやすい?!

アニコム損保の調査で、
http://www.anicom-sompo.co.jp/company/news/news_090810.html

アニコム損保に加入している全犬種の平均が、2.9%(循環器疾患にかかってる率)であるのに、
TP(トイプードル)は、3.4%
MD(ミニチュアダックス)は、1.8%
チワワは4.9%なんだそうです。

ミニチュアダックスは、循環器疾患になるまえに、ヘルニアなどになりやすいために、
数字に出ないのではないか?
つまり、体格による差というか犬種特性というか。

そんで、循環器疾患の好発犬種といわれるキャバリアは、15.3%で1位。
2位はポメラニアンで5.9%。
4位が3.8%でシーズ、ヨークシャーテリアとなっている。

すると、トイプーの3.4%は、15位までには入ってそうな気配。

でも、循環器疾患の好発犬種といわれるキャバリアが15%程度ということは、
案外、遺伝で循環器疾患になりやすいということよりも、
ブリーダーさんの環境や飼い主さんの環境に問題があったりするのでは?????

だって、遺伝での条件が大きいならば、15%という低い率でなく、もっと
高い率のような気がするのだけども・・・。

それに、遺伝的に循環器疾患に罹りやすいワンコだとしても、実際に発症するには、
トリガー(引き金)となる要因が必要になってくる(科学的に常識な話)。

循環器、ことに心臓疾患に関しては、欧米のレポートでは、
かなり病原体の関与が高いという記述があります。
日本の心疾患の専門家でも、病原体の関与を疑っている人はいます。

先天的に物理的に臓器にダメージがあれば、1歳になる前に発症するだろうから、
2歳頃から、発症例の目立つ、キャバリアは、生活をしている間に、循環器疾患のスイッチを
入れてしまっている可能性がある。

先天的に循環器疾患に対して防衛能力の弱いワンコは、若い年齢で発症しやすく、
先天的に循環器疾患に対して防衛能力の強いワンコは、高齢にしたがって、発症しやすくなる。
(高齢になる間に、太るとかお菓子ばっか食べるとか・・・・)

これは、あくまでもとーちゃんの見解です。

バイキンマンに負けない体をつくろう!
そして、体内に侵入したバイキンマンは、サッサとデトックスして体外へ。

弱った身体に、化学物質や電磁波は容赦ないから、症状悪化しやすいよ。
posted by kaito at 17:51 | 福岡 ☀ | Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

これは運?それとも縁?もしかして努力?

インスリノーマって病を知ってますか?

膵臓が、正常に機能しないために、血糖値が安定しない病。

一般的には、膵臓に腫瘍ができ、その腫瘍のせいで膵臓の機能が阻害されていると
考えられている。

いうなれば、膵臓がんのようなもの。

従来というか、日本の主流の治療法は、腫瘍を除去すること。

手段は、外科的、抗がん剤、放射線を用いるもの。

もしも、外科的に臓器を取り出すことで、他にリスクがないのかという実証はされてない。
抗がん剤を用いて、ガンにどれほど有効的かというデータは寂しいもの。
(たしかに、腫瘍は縮小するが、縮小率がわずかなことと、デメリットが大きすぎる)
放射線なんて、あびたら他の臓器にも悪影響があるのに・・・。
(だから、最近ではレントゲン撮影のできる回数が1日何回ときまっている)

つまり、今のがん治療は、腫瘍を小さくすることが主眼になって、病をなおすことが主眼になっていない。

なんとも、ゆがんだ医療だこと。

・・・・と似たような嘆きを持っているのは須崎先生。

須崎先生の病院にやってきた、インスリノーマをわずらった犬。
飼い主さんは、抗がん剤はNO、手術もNO、放射線もNOと行きつけの病院につげた。
しかし、どうしていいのかわからず、須崎先生を訪ねた。

6ヶ月のがんばりによって、そのワンコは、血糖値も安定し、病から解放された。

須崎先生の見立てでは、膵臓の腫瘍が犯人ではなく、他の複数犯の仕業だったとのこと。

おそらく、この子にとって、須崎先生との出会いがなければ、まだ闘病生活だったのだろう。
これは、運なのか縁なのか、飼い主の努力なのか・・・。

わからない。

しかし、須崎先生は、よく、「これも縁ですから」とよく言う。

http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-eef2.html

posted by kaito at 09:57 | 福岡 ☀ | Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

ワンコよ湿った夏を乗り切れ

晴れ間の戻った福岡地方。

怪獣の襲撃をうけている海渡家。

野獣は、怪獣が大声でさわいでも寛容になった。
でも、みえないとこで騒ぐと、野獣は吠える(ウルサイ?仲間に入れろ?どっち?)

日本の夏は、海渡などの欧米出身のワンコには過酷。

誰でも知っていることだけど、ワンコの汗腺(汗のでるところ)は、
肉球のあたりにチョロチョロある程度です。

そのため、暑くなると口をあけてハァーハァー(パンティング行為)をすることで、体温を下げる。

このパンティングを和訳すると浅速呼吸となります。
浅くて速い呼吸、ためしに、飼い主さん真似してみてください。
口でハァーハァー、早く呼吸をする。
とっても疲れると思います。

そう、このパンティングは、メチャクチャ疲れるのです。
(犬種は不明ですが、毎分400回程度のパンティングをしたワンコは、亡くなったそうです。

何かの実験だったようですが・・詳細は不明)

ヨーロッパなどのように、湿度が低くて温度が高いだけならまだしも、
日本のように湿度は高い、温度も高いとなると、パンティングをしても、
思ったほど体温は下がりません。
疲れるだけです。

なので、人間さんが熱中症になるようなときは、犬はもっと熱中症になるリスクを持っています。

そこで、夏場に有用なのは、水を体にぶっかける。
水の気化熱で、犬の体温は下がります。

なので、犬を泳がせたい飼い主さんは、暑いときに、水場につれていくと、
自らすすんで水に飛び込むかもしれませんよ。
あとは、犬掻きを披露してくれるかは、その子の気分次第かな?

とはいっても、そう毎回毎回、水遊びをさせるわけにもいかない、
かといって、お散歩をさせない日が続くのも可愛そうと思うアナタ!

http://www.coo-couture.com/cool.html

2、3年前から存在するようですが、プレサーモC-25クール加工といいまして、
効率的に熱交換してくれる繊維がありまして、それを犬服に応用したものです。

愛用者の方のブログなどでは、パンティングの頻度が減ったとかという文がみられます。

もしも、じめーっと暑い中、散歩をする必要があるのなら、
試してみるのもいいかもですよ。
今年になって、実際に取り扱っている店舗も増えているようなので、
来て見て触って、着せて選ぶことも可能かもですね。

夏場のエアコンの設定温度を低めにしてると、ワンコも冷房病になるよ。
冷気は、軽い重いので足元にたまる。
足元には、犬が常にいる。

温度を下げるよりも湿度を下げる工夫を!
posted by kaito at 13:39 | 福岡 ☁ | Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

給与基準量と食事量

お店でかった市販フードを食べ残すワンコさん、食べムラのあるワンコさん、なぜ?

市販フードには、■歳で体重●kgならフード△gと書いてある。

飼い主さんの中には、△g与えているのに、食べてくれない。
食べ残す。
昨日は完食なのに、今日は残す。

なじぇ?

っと頭をかしげる飼い主さん。

そんな飼い主さん、もう一度、フードのパッケージを見てみましょう。

記載されてる給与基準量は、あくまでも目安です。
個体差があります。

と書いてあります。


それでも、栄養失調になったりしたらと不安にかられる飼い主さんもいるでしょ。

そんなときは、バナナジュースや砂糖(出来れば天然のもの)などの糖分の多いものを
常備しておこう。

なぜなら、本当に食事量が不足しているのなら、低血糖の症状(てんかんのような症状)を
示すことが多いので、その応急処置として砂糖水やバナナジュースを与えることで、
危機を脱すことができるからです。

そして、低血糖を起こすにも関わらず、食事量が少ないのなら、
食事内容を見直そう!

他のメーカーの市販フードにするとか、手作りするとか、缶詰を用いるとか・・・。

人間さんの味覚は、目、鼻、口を総動員して感じます。
もしも、最高級ステーキの色が青に着色されていると、味覚としては異質なものに感じるはずです。
ただ、検査器でのデータでは、普通のステーキと変わらない値を示します。
不思議なもんです。味覚とは・・・・。

同様に、犬も目、鼻、口を総動員して味覚を感じます。
人間さんよりも、目からの情報が少ない分、鼻からの情報は重要です。

野生では、獲物の内臓から食らい付く犬族。
一説には、肝臓に蓄えられているグリコーゲン(動物性でんぷん多糖類)のニオイに誘われているのでは?
といわれている。
このグリコーゲンを和訳すると糖源。
そう、糖分の源ともいう。

さらに、このグリコーゲンが体内に過剰にあると、アミノ酸や脂肪に変化させて、
蓄えることを生命は行うそうです。

なんとも不思議な生命。

マラソンなどで優勝する常連の選手などは、このグリコーゲンの貯蓄と再利用が効率的に
行われていることが最近のスポーツ医学の分野で明らかになっている。

お肉に多い、たんぱく質や脂肪も糖代謝というシステムを用いて、
一部はグリコーゲンとして蓄えられる。

つまり、身体を動かすにはアミノ酸や脂肪では非効率。
しかし、糖(ブドウ糖)なら効率がいいのです。

まだまだ、わからないこと、不思議なことがたくさんある生命なのです。
posted by kaito at 12:04 | 福岡 ☁ | Comment(6) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

愛犬と幸せに暮らす健康バイブルだそうです。

2009.06に生食を推奨している本村先生の新刊本がでました。

http://www.amazon.co.jp/愛犬と幸せに暮らす健康バイブル-本村-伸子/dp/4893320564

愛犬と幸せに暮らす健康バイブル」だそうです。

なんでも、最近では、手作り食or気軽に手作りができるセットのようなものが、人気なようで、
福岡のお店でもそういったものを揃えているんだそうです。

飼い主から「中国産でなく、添加物がないもの」といった要望が増えたことが、
背景にあるそうです。

そういった、手作り食初心者の人にとっては、いい内容かもしれません。

まずは、ウンチくんと食事の相関関係が写真入りで載ってるそうですから、

ドッグフードだと毎回、同じようなウンチくんだったものが、手作り食にしてのウンチくんの
変化に慌てなくていいことが予想されます。

生食でも加熱食でも市販フードでも、それぞれにメリット・デメリットあります。

よーく、判断してから手作り食にチャレンジしてくださいね。

そうそう、日本古来の麦茶ってカフェインが入ってないので、ワンコにあげてもOKよ。

パパさんはビールをぐびー。
ワンコは麦茶でぐびー。
ってのもいいかもねぇ・・・・。

posted by kaito at 14:32 | 福岡 ☁ | Comment(5) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

殺犬未遂事件はっせい?

ある日の夕方・・・。

ルンルンでお出かけから帰ってきた海渡くん。

お車から降りる際に、飼い主に車のドアで頭をぶつけられた模様。

直後は、普通に歩き・・・。

夕飯も普通に食べ・・・・。

普通にみえたのでした。

ところが、夕飯後、未消化の状態でゲェーがあり・・・。
海渡くんも普通ではありません。

遊びたいけど、遊べないって感じで・・・。

夜には、寝るのも普通とは違った様子。

おそらく、軽い脳震盪だったのでしょう。

翌朝からは、普通に戻りました。

これで、とーちゃんによる未遂は、またヒトツ増えました。

足踏まれたり、デカイもの食べさせられたり、頭うったり・・・。

ますます、信用を失っていきつつある とーちゃん なのでした。

・・・・・・・・・・・・・・

犬は飼い主に似るとか、飼い主が自分に似た犬を飼うとかいうけれど・・・。

きっと、飼い主が自分好みのイヌに無意識のうちに育てているのだね。
だから、結果的に飼い主に似たイヌになる。

だから、海渡くん、自己主張のハッキリした、とっても楽しい、飽きないワンコに成長しました。

そうそう、ただいまの海渡くんの体重は3.6キロ強ですの、この体重は、
2歳前後と同じなの。

海渡のベストは3.6キロから3.8キロの間で、4キロ超すとNGな様子。

たしかに、少しゴハンの量を減らした。
そしたら、何気に、目ヤニも減ったような気がする・・。

もしも、いろんなサプリをやったり、なんじゃりしても、目ヤニ減らないって飼い主さん。
病気が隠れていないのであれば、食事量を減らしてみるのもいいかもですよ。

つまり、その子の消化器の能力を超えて、ゴハンが入ってくると、老廃物の排出先が、
通常ルートでは足りずに、目ヤニや皮膚の湿疹として出てくるのかもね。
(東洋医学的には既知のことだけど)

案外、いまのワンコ様は食べすぎなんじゃないのでしょうか?

なんでも食べられる元気な子が理想
でも、食べすぎはNGのようです。
posted by kaito at 09:34 | 福岡 ☁ | Comment(22) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

もしも肝機能の数値が高ければ・・・

別に、とーちゃんがウンチクを書くわけじゃないです。

須崎先生のブログに公開されてますです。

これをみると、須崎先生の診療方針がわかるでしょう。
このスタイルに馴染めない人は、門は叩かないほうがいいでしょうね

では、こちら

これって、科学的には至極当然なんです。

でも、現実問題としては、なかなか、すべてのお医者さんに望むのは、
いろいろと障壁もありそうでして・・・・。

悩み続けた皮膚病に光明が・・・。

須崎先生のもってる不思議な器械たちと、お師匠さんのマジシャンチックな手業と、深〜い洞察力の
結晶です。
あとは、いい意味での「おおじょうぎの悪さ」でしょうかね。

何を食べても尿結晶がでません

尿結石の原因は尿のphにあらず。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

春の健康診断

2009.03.22

かかりつけの獣医さんで恒例の健康診断を受けました。

その結果を、2009.04.04に受け取りました。


とーちゃんから一言「許せ、海渡」につきる。

ちょっと戦略をミスしました。

まずは、結果

項目数値
GOT37.1
GPT29.9
ALP84.5
T-BIL0.16
BUN29.8
CRE0.67
TP6.5
ALB3.7
A/G1.32
T-CHO219

これらの項目は内臓機能をみる一般的な指標です。
これらは、正常値の範囲内なので、問題はないです。
これだけをみればね。

フィラリア抗原検査もマイナスなので、フィラリアさんも無縁な様子。

検便検査も虫さん卵さんナッシングなので、大丈夫な様子。

心機能の指標になるNT-proBNPが、1240・・・・・。

これが、しょっぱなにたまげた2008年春の730の値よりも高い。

しかし、今回は前回ほどの驚きはなく、比較的冷静に数字がみれたのです。
なぜなら、NT-proBNPという値が高くなるケースを前回にお勉強していたからです。

まず、内臓系の数値をみると、例年の海渡の数値よりも若干高い。
それも、T-CHO(血中コレステロール)と、腎機能の指標になる、BUN、CRE(クレアチニン)が高い。
ALB(アルブミン)、TP(総タンパク)も高い。

NT-proBNPは、心機能の低下だけで数値が異常になるのではなく、腎機能が低下していても、
数値が悪化することがわかっている。

そうつまり、今回は、腎機能の低下もNT-proBNPの数値を悪化させた一旦になっている。

じゃなぜ、腎機能が低下したのか?

それは、コレステロール、総タンパクの値が上昇していることから、肉類の摂取が多すぎたということ。

そう、冬場に身体を温めよう大作戦が裏目にでた結果ということ。
海渡の許容量を超えたということだ。

肉類が増えたことと、冬場ということで代謝が落ちているということが重なって、
腎臓に負荷がかかったために、腎機能が低下し、今回のような結果になったと推測。

そう、一時期、海渡の体重は4.2キロを越えたことがあった。
2008年の10月11月12月ころ。

現在は3.9キロで、普段の海渡の体重に近いのだけどね。

ただ、前回同様、なんらかのバイキンマンが関与してる可能性もゼロではない。

今回は、2009.03.08に須崎先生に写真診断をお願いしていて、結果はまだでてない。
かなり、クライアントさんが増えて、1ヶ月近くの順番待ちのようだ。

果たして、気軽に頼んだ、須崎先生からの診断結果は、どんなものになっているのだろうか?

ps.
この1240という数値は、カリカリを主食にしている子なら、迷わず「心臓サポート」なる療法食に切り替えるらしいのだが、海渡は手作り食なので、肉類を減らして、秋の検査で様子見ってことで、
獣医さんと合意したのでした。

手作り食の利点は、肉を減らしたり増やしたりのさじ加減が出来ることにある。
これが、カリカリだと、粒を減らせば、肉類も穀類もビタミンもなんもかんも減ることになるので、
療法食に頼るしかない。

つくづく、手作りしてて良かったと思ったのでした。

当の海渡くんは、いたって元気。

食欲も遊び欲も散歩欲もありありの、心臓が悪いとは思えない活発さ。

よく、心臓が悪くなると、「遊びたがらない」というが、きっとこんな症状がでるときは、
余程悪化した状態なんだと思う。

健康診断は、100%ではない。
しかし、指標にはなる。

半年に一度、やらないよりはやってあげたほうがいいと思う。

とーちゃんは、かかりつけの病院の健康診断と須崎先生の健康診断の両方でお互いを補完されると思っている。

たしかに金額で考えれば、痛いけれど・・・。
何年続くかわからない治療生活をするよりは、はるかに安上がりだと思っている。
posted by kaito at 17:17 | 福岡 ☀ | Comment(5) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

肥満と疾病の関係

花王と東京農工大、多摩獣医臨床研究会のグループの研究によると、

4000例ちかいワンコを対象にした結果、
体脂肪率が30%を超えるあたりから、外耳炎(真菌性、マラセチア性)、膿皮症、運動障害などの
疾病リスクが、体脂肪30%未満のワンコよりも高いそうです。

もちろん、体脂肪が高くても、疾病リスクの低い子もいるんだけどね。

おそらく、カリカリを主食にしてる子に顕著なのではと、とーちゃんは思う。

なぜなら、カリカリは栄養価は満点。
そして、パッケージには体重あたりで●●g与えようと給与量が明記されている。
そして、注意書きで「運動量によって、増減してね」とある。

おそらく、パッケージどおりに与えているのに、「太る」ってパターンが多いのだろう。

パッケージにかかれているのは、あくまでも目安。

あなたのワンコに100%あてはまるわけではない。

定期的に、身体を触っては、アバラがわかるか?
ウェストのくびれはあるか?

などの体格チェックは最低限したほうがいいのでは?
体重を量るのは、その次の過程でよいだろう。

まずは、体格チェック、太りすぎず痩せすぎず。
体重は骨太か、毛量の多さでも微妙にかわるだろうし、筋肉質なのか、
脂肪体質なのかにもよるだろうし・・・・。

詳しくは
posted by kaito at 17:15 | 福岡 ☀ | Comment(9) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

安いものには訳がある・・・

以前、紹介したことのあるハワイ在住のホリスティック獣医さん

バスコ先生の2009冬のニュースレターが届きました。

そのレターの中で面白い一文を紹介。

Cheap food is cheap for a reason.
It’s no bargain.
The money you save on food will not equal
the amount of money spent at your veterinarian’s office
treating the problems associated with commercial food.

・・とーちゃん訳・・・

安いフードには安いなりの訳がある。
それは、お徳だということではない。
フード代を節約したお金で、市販フードに疑問を投げかける動物病院で多額の治療費を
支払うこととは同じではない。
・・・・・・・・・・・・・・・

まぁー、バスコ先生がいいたいことは、安いフードを買って、あまったお金でホリスティック獣医などの
市販フードに懐疑的な病院にかかることは本末転倒じゃないのってことですよ。

バスコ先生2009冬版ニュースレター


posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

有害ペットフードの情報をスピーディに共有するシステムを農水・環境省が整備へ

有害ペットフードの情報をスピーディに共有するシステムを農水・環境省が整備へ


朝日新聞:http://www.asahi.com/national/update/0120/TKY200901200002.html

これは、嬉しい情報ですね。

反面、暴走しだすと怖いですね・・・・・・。

このシステムに利権をもつ人々とそうでない人々がいたとしたら・・・・・。

どうか、暴走しませんように・・・。

本格スタートは2010年を目指すそうです。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

須崎先生の新刊本

51mYhqBtLIL._SS400_.jpg





こちらが、2009.01.13に講談社から発売の新刊です。

症状・目的別食事百科

食事百科?
レシピなんかが主流です。
こんな症状のときに、こんなゴハンを与えたら、改善したよって感じです。

去年、2008.01に講談社から発売されていたのが、

41A0PvP++yL._SS400_.jpg


こちらの
症状・目的別栄養事典

こっちは、こんな症状のときは、こんな栄養で、こんな食材に入ってるよーって感じです。

ちなみに、食事百科のほうには、海ちゃんスペシャルメニューも載ってたりするよ・・・・。
本屋に寄ったら探してみてね。


posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

胃捻転(胃拡張)とペット税

だーいぶ前にも書いた内容だけどね。

http://poodle-kaito.seesaa.net/article/94635372.html

↑↑↑ここにね。

そんで、何気に、犬吉猫吉2月号(九州しかない)を買ってみてみた。

昔は、この雑誌主催の撮影会にいってたから、掲載された写真をみるのも
楽しみだったけど、去年、今年と撮影会にいくのが減った。

でも、雑誌は買ってる。
だって、本村先生のコラムがのってるから(1ページ程度)、ただそれをみるためだけに買う。
無駄っちゃ無駄だけどね。
あとは、撮影会にいってる友達をみつけることくらいか・・・。
ただね、最近は、見つけれない。あまりにも、プードルが増えすぎて・・・・・。

そこに、犬に水を飲ますのは、床に皿を置いて与えるのと、給水器で与えるのと、どっちがいい?
という読者の問いに対するお返事がのってた。

そのからみで、「台の上にエサ皿を置いて与えると、空気を飲み込む率が高くなるから、
胃捻転リスクが高くなる。」と書いてあった。

思わず、自分で以前書いた記事を思い出した。
最近の海渡のゲップの多さを思い出した。

明らかに、空気を飲み込む率が高くなってる可能性がある。
また、腹部の誇張はないが、以前よりも、胸周りが大きくなってるようなのだ。

つまり、以前よりも胸が深くなっている。

これは、早食いな海渡にとっては、胃捻転リスクが高まったと考えられる。

そのため、今晩から床にエサ皿を置くことに変更だぁ・・・。

そう考えると、雑誌代を払った価値はあったね。
立ち読みできればいいけれど、そんな時間がないからツイツイ買うのだ。

ただ、太った?という疑惑もないわけではないが・・・・。


読売新聞によると自民党のグループはペット税の導入を検討
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081227-OYT1T00834.htm

大賛成!

ただ、導入時期が問題だね。
景気が低迷してる時期に導入すると、払えない飼い主が、駆け込みで処分しだす可能性がある。

軽の自動車税が3万円くらい。
年間にペットに費やす経費は、調査によると5千円から3万円。

いくらくらいに金額設定すれば、不幸な殺処分はへるのか?

ただね、ペット税を導入しても、飼育放棄に歯止めがかからない可能性もある、
なぜなら、ペット税の導入が、今の日本のペット流通形態やブリーディングが、変わるわけではないのだ。

ペット税を払っても、共同生活が上手くできない人たちは、やはり捨てるのでは?
早すぎる親離れ、離乳・・・など、ペット業界にも課題は山積なのに・・・。

ペットをショップから購入するときに、監察なりマイクロチップ導入なりで、事前登録をしてから、
販売することで、税の徴収はできる。
もし、引越し先で再登録してない場合は、指名手配とはいかないまでも、同等の調査をして
遅延損害金を徴収する。

もしも、ご近所さんから譲り受けたりした場合の税の徴収をどうするかだね。
ここが、抜け道にならないようにしないと、マズイね。

いくら、ブリーディングを登録免許制にしても、ご近所さんで出来ちゃった子犬は減らないだろうし・・。

ならば、動物病院に受診の際に、監察なりマイクロチップの提示を義務づけ、もし、監察のない子であれば、診察代を高めに設定し、標準価格よりも高くした部分を税金として病院が納める。
もちろん、悪徳病院なら、不正をしやすい環境になるだろうが、そこは、税務調査を徹底して、
不正を暴けばいいだろう。

しかし、ペット税の導入で、その使い先が、センターに預けられた子たちの、エサ代などになると
いうのだから、導入に大賛成。

仮に、抜け道があっても、ちゃんと飼ってる人にだけ税の徴収があったとしても、
犬が好きで飼ってるのであれば、明日をもしれない犬のためにエサ代の足しになるのなら、
いいのではなかろうかと思う。
もしも、わが愛犬は好きだけど、隣の犬は嫌いなんだという、偏った犬好きでないのなら、
ペット税導入に異論は少ないでしょう。

世の中に、100%は存在しない。
限りなく100%に近いのなら、善しとすべきでは?

あとは、ペットの流通にメスを入れて欲しいけどなぁ・・・・。>鳩山さん
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(16) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

ワクチンの抗体価

いやー、クリスマスが終わったというのに、クリスマスらしい写真がないねーっと思ってる人は
いないだろうけれど・・・・・。

ワクチンの抗体価検査って、いったいナンボするのか?
かかりつけの獣医さんにきいてみた。

抗体価検査に対する拒否反応はありませんでした。
それはそうです。
海外旅行の際には、狂犬病以外の抗体価の提示が必要な場合もあるので・・・。

で、こちらの獣医さんでは、検査を外部委託しているので、1週間程度は時間がいるとのこと。

さらに、ウイルス1つあたり5000円から6000円とのこと。

たとえば、コアワクチンといわれる、ジステンバー、パルボ、伝染性肝炎の検査で
15000円はかるく必要ということです。

さらに考慮すべきは、抗体価検査で、ジステンバー、パルボはOKだったけど、伝染性肝炎が
NGだったとなった場合に、伝染性肝炎だけという単体ワクチンが接種可能かどうか・・。

もしも、単体での接種が不可能なら、抗体価検査しても無意味になる。
だって、伝染性肝炎の予防のために、抗体価を維持してるジステンバー、パルボも接種しなきゃいけない。混合ワクチン接種ということ。

京都微研のキャナインというシリーズでは、単体ワクチンはパルボしかない。

他社製のワクチンはどうなのかは調べてないのでわからない。

つまり、抗体価検査ができても、その結果如何では、単体ワクチンが存在しなければ、
混合ワクチン接種ということになる。

これは、悩ましい問題だ。

ワクチンの抗体価検査をする場合は、
「依頼する抗体価検査の対象ウイルスに対して、単体ワクチンの接種が出来るか。
出来ない場合は、接種しないのか、混合ワクチン接種をするのか・・・・。」
を、かかりつけの獣医さんと相談したほうがいいかもしれない。

欧米では、3年おき、5年おき、7年おき・・・と間隔をあけるべきだというのが、
主流になっているが、日本はマダマダ。

もちろん、獣医さんの収入が減るからだという理由もゼロではないだろうが・・・・。
一番のネックは、3年おきでいいですとしたときに、もしも感染犬がでてくると、
飼い主さんが逆切れする可能性が否定できないからだ。

1年おきであれば、ワクチンは絶対ではない、ただ感染しても軽くてすむという理屈で
説明できるが・・・。
3年おきとなると、その説明で納得してくれるかが未知数。

理想としては、毎年、抗体価検査をして、足りないものを接種するということだが、
抗体価検査の料金とワクチン接種の料金を飼い主さんが同時期に負担する覚悟が
あるかどうかが、獣医さんには未知数。

だから、日本では、複数年間隔でのワクチン接種は定着しにくいのかもしれない。

ただ、ワクチン接種後の副作用の原因は、弱毒化されたウイルスよりも、
そのワクチンを培養するために使用する、異種動物細胞の欠片だったり、
ワクチンを保存するための保存料(水銀系)だったり、ワクチンを異物と認識させて、
抗体をつくらせるために混入するアジュバンド(たとえば、アルミニウム)などが、
体内に入ったときに上手く処理できないためにおきるのでは?というのが、大筋の見解のようで・・。

ワクチンが悪いから副作用というよりも、ワンコの身体のほうに問題を抱えてる場合が、
多いのではないか?という感じです。


じゃ、ワクチン接種に耐えられる体かどうかを診断できる人はいるのか?と聞かれると・・・。
世界中をみても、そんなに多くないでしょうし、また100%を保証できる人はいない。

つまり、飼い主は、常に100%ではないと覚悟しなからベターな解決策を愛犬に与える必要がある。

見た目は、元気ビンビンなワンコでも、体内に水銀やらアルミニウムなどの蓄積がみられたり、
動物性アルブミンに敏感だったりすると、なんらかの副作用を呈す可能性は否定できない。

では、体内に重金属が蓄積してるかどうかを見る手段はないのか?

お手軽な方法は、ワンコの毛を根元から抜き、検査機関に郵送して検査してもらう。
http://www.lbv.jp/dog/3mineral_test.html
のような検査機関で。

次は、須崎先生の診療を受ける。
ワクチン接種に耐えられるかどうかを推定してもらえます。
また、ワクチンを打ちたくないと選択した場合に、他所様に迷惑をかけずに、愛犬も感染症のリスクを
減らす方法などを教えてくれるようです。

じゃ、飼い主が出来ることは、重金属、化学物質を排泄せきる身体をつくり、腸を丈夫にし、
免疫をつける。

たとえば、重金属の排泄には、カボチャが効果的かもしれませんよ・・・。
http://www.susaki.com/html/vet/pc_faq_041.html
posted by kaito at 10:03 | 福岡 ☀ | Comment(6) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

なるほどね、ホリスティック

なんとか帰ってきましたよ。

温かった東京から寒い福岡へ。

とーちゃん、実は飛行機苦手なのよね。

高所恐怖症でなく、着陸時の耳ツーンが嫌いなの。
それも、福岡空港に戻るときが最悪。

よその空港となんか違うんじゃないかと思うほど。

だから、毎回、離着陸時は、水をのみ、耳栓し、飴玉なめなめ、耐えるのです。
ひどいときには、頭痛、肩こりまで引き起こし、もう最悪なのだ。

要は、副鼻腔炎になりやすいってことなのよ。

だって、まだ耳に違和感があるのですよ。

さてさて、今回のセミナーの仕掛け人は、
オーストラリア在住の日本人:ハイランド真理子さん
サイト:http://www.worldanimalnetwork.com/

この方の呼びかけにのったのが、須崎先生です。

別な日には獣医師・獣看護婦さんむけ(プロ仕様)のセミナーもあってます。
時間さえあれば、聞きたかったじょ。

あと、今週末には大阪地区でもあります。(平日だけど)

さてさて、この仕掛け人の真理子さん、
雑誌:愛犬の友:http://www.aikennotomo.com/back_issues/backissue0811.html
でも、今回の講演者バーバラ先生への質問コラムとして登場させていらっしゃいます。

仕掛け人の紹介はこのくらいにしておいて、須崎先生もいいとして、通訳の女性獣医さんがキレイだったってのも、おいといて・・・・。

講演者のバーバラ先生の紹介を
一言で言うと、オーストラリアで、小動物(犬・猫などのペット)に対して、ホリスティックケアを
普及させた第一人者だということ。
オーストラリアやニュージーランドなどの大学への獣医療のテキストを書いていたりする先生です。
オーストラリア獣医鍼術会会長(動物への鍼治療)
獣医植物医学協会会長(動物へのハーブ(薬草)・アロマエッセンスなどの植物を利用した治療)
獣医歴が24,5年なる先生で、クリニックを開業する前は、フードメーカーのアドバイザリー獣医として
勤務していたそうです。

というスゴイ先生です。


一部は、病気予防のための健康チェックの方法などについてで、
これは、先生の著書にも詳しく書いてあるそうです。

目、鼻、口(歯)、耳、皮膚・皮毛、体格(筋肉)、肉球(足の裏)、お尻(肛門腺)などのチェックを
毎日やってあげることが大切だそうです。

そして、愛犬の普段の身体の感じを飼い主が覚えこむんだって、そうすると毎日なり、
ニ三日おきのチェックで、気づくようになるから、病気を早めに気づくそうです。

一般的な見立て(例外もあるので注意)

目が充血してる・・・・外傷、ドライアイ、高血圧など。
目やにが多い・・・・・ドライアイ、脱水など。
目が白くにごってる・・・・白内障(視力失う)、老齢性角膜炎(視力ある)など。
耳がにおう(外耳炎)・・・・症状を繰り返すなら食物アレルギーを疑ってみる。
お口がくさい・・・・・歯周病を疑ってみる(お口が臭くないこともあるので注意)
皮膚に黒いものがある・・・・キッチンペーパーなどを塗らして、その黒いツブツブをこすってみる。
もし、赤く染色すれば血液なので、ノミさんが付着してるサイン。
皮膚からフケがでる・・・・栄養は足りてるかな?消化吸収(消化器は正常かな)はできてるかな。
皮膚から黄色いフケやら大きいフケがでる・・・・マラセチアなどによる感染症を疑ってみる。
体格が、犬種標準からオーバーしてる・・・いろんな病気を引き起こしやすいから、ダイエットを。
散歩中などに、頭を上下にふることが多い・・・関節炎、筋肉疲労が疑われる。

などなど、詳しくは、バーバラ先生の本をみてください。

脱水のチェック方法
1.口腔内の湿り具合
2.まぶたの下の湿り具合
3.皮膚の弾力

犬の筋肉の凝りやすい部位
1.首
2.前足の付け根付近
3.後ろ足の太もも付近

このあたりをマッサージしてあげると喜ぶかもよ。

屋内で飼い主さんが次の症状を示す
1.目が痒い
2.鼻がむずむず。
3.首のあたりが痒い

こんな感じを持ってるなら、チリダニさんがお部屋にいるかもよーです。

若い間は、年に一回の健康診断を
老齢になったら、半年に一回の健康診断を

予防に勝る薬はなし」って感じです。

予防には、信頼関係も大事だよ」って感じです。

その信頼関係のなかで、不安症ってのが障壁になることがあります。

たとえば、飼い主が一緒なのに、雷が怖い(震える、吠える、隠れる、ヨダレをながすなど)とか、車に乗ると暴れる、酔うとか・・・・。

この不安症の軽減には、フラワーエッセンスやホメオパシーなどが有名ですが、
ベストのようなもので身体を優しく拘束してあげると、不安が軽減するという
事例も多くあるそうです。

よく、怖がる子供を母親がムギューって抱きしめるってのがあるね、あんな感じなんだと思う。

そのベストのようなものとは、Anxiety Wrapといいまして、
アメリカなどでは一般販売もされてるようです。

Anxiety Wrap
これは、テンプル・グランデン博士の考案したハグ・ボックスと同じような考えに基づいている。
この博士は、6歳のときに自閉症と診断されたのだが、
板に挟まれていると落ち着くという経験をベースにhug-boxなどを考案した人物。
現在のアメリカの食用牛肉の1/3は、テンプル博士の考案したト殺場で処理されているらしい。
このテンプル博士のhug-boxと同様な理屈なのが、このanxiety wrapです。

もしも、フラワエッセンスやホメオパシーに懐疑的で、躾だけでは、太刀打ちできないのなら、
アメリカなどのサイトから個人的に購入されて試してみてはどうでしょうか?

改善するかどうかは、やってみなきゃわからないでしょうが・・・・。

秘訣は、まずは平穏時に装着し、普通に暮らす。
そして、車にのったり、雷にあったり、不安な状況におかれると、
今までとは別犬のように、動じない強い子に変身しちゃうかもしれないとのことです。

これと似たような効果は、テリントンタッチでも期待できるみたいです。

テリントンタッチは、他にもいろいろと興味深い結果を残してるようです。

さてさて、二部編ですが・・・・。

薬・ワクチンの話、ガン予防・病気予防の話、食事の話、生活環境の話などなどありました。

ワクチンに関しては、AAHA(アメリカ動物病院協会)のガイドラインに沿っての話でした。

でも、二部編は諸事情で書けませんのよ・・・・・。
そりゃーね、本に書けないんだもん、ネットに載せれませんよね。
内容的には、「やはりね」っていう感じのものでした。

要約すると、
症状だけをみて治療方法を選択することは、とってもリスクが高く、
身体全体をみて、その子その子にあった治療法を選択しなければならない。


たとえば、「外耳炎」を呈す犬に対して、一般的にはAという治療を行うけれど、
それは一般論であって、その患者に即した治療法とは限らない。
そのため、他の疾患はないか、住環境、食事、生活習慣など様々なヒアリングをしてから、
その子に即した治療法を提案していくのです。(バーバラ先生の診療方針)


バーバラ先生は、例え、飼い主が「目が痒い」みたいで・・・って犬を連れてきても、
全身を診察して、本当に目からくる症状なのか、なにか隠れた原因はないかを
探るんだそうです。

もしも、同じ症状を繰り返すワンコや慢性疾患を患ってるワンコは、
バーバラ先生や須崎先生のような診療方針をもってる獣医さんと巡り会えれば、
解決策もみえてくるかもしれませんよ。

ps.
バーバラ先生は、西洋医学も使うし、自然療法も使います。
それは、ケースバイケースで、西洋薬+ハーブという処方をすることもあるそうです。

プードルさんは目の疾患には気をつけよう。


セミナーの端々で、もしもおかしいと思ったら、すぐに信頼できる獣医さんに見せましょうと
おっしゃってました。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(7) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

薬の副作用

これは、予約投稿だから、セミナーの内容じゃないっすよ。

薬の副作用の出やすい人、出にくい人がいます。

散々、実験、治験を繰り返しているのに、その想定内を超えて副作用が報告されることも・・・。

そして、いつしか、患者も医者も、「薬に副作用はつきもの」だと思ってしまっている。

ホメオパシーを完成させた、ドイツの医師ハーネマンは、存命中に、「例え、好転反応だとしても、
マイナスな反応を身体が示すようなら、良いホメオパシー製剤とはいえない」といったそうです。

また、漢方薬、中国医療の大家も、「本来、漢方薬で副作用はありえない」といいます。
(最近、漢方薬の原料も無農薬でないケースもあり・・・一概に安全とはいえないケースも)

じゃー何が違うのぉ・・・。

違うのは、医師・治療家の見立てと、患者の本当の病の原因が違うから、副作用がでる。

たとえば、「お腹が痛い」と訴える患者が100人きました。
症状だけを聞けば、薬としては、「腹痛を抑える痛み止め、整腸剤」といった感じでしょう。
このとき、副作用として、1人、2人が訴えるならば、まぁー想定内でしょう。
ところが、10人も訴えると、ちょっとおかしいです。

その症状だけに注視して(木だけを見る)、身体全体をみていない、生活習慣をヒアリングしていない(森を見てない)から、副作用が起こると訴える医師(ホリスティックケアの)もいます。

現に、中国医療の王道による診察で処方される漢方による副作用例は、ないそうです。
症状にとらわれ、安易に処方すると副作用の報告がちらほら・・・・。

国内のお医者さんに無作為にアンケート調査した結果

「もし、あなたがガンになったら、抗がん剤治療を受けますか」という問いに、
半数以上がNOの意思を示したそうです。
それは、がん治療を専門にしている医師であればあるほどです。

寄生虫博士、うんち博士として有名な藤田 紘一郎さんも著書の中で、
抗がん剤はしないと書いているようです。
ただ、痛いのはイヤだから、痛み止めだけは飲むって書いてます。

新 治る医療、殺される医療 医者からの警告

外科医 小野寺時夫 著  中公新書ラクレ

によると、抗がん剤が有効なのは、急性白血病、咽頭ガン、悪性リンパ腫、乳がん、子宮頸がんなど
であって、その他多くのガンでは、あまり有効性がみられないとあります。

自然療法を取り入れている医療グループでは、
ガンの多くは、ウイルスや細菌、カビによる感染症が発端で、免疫機能が働いている生命体では、
ガンを征圧できるのに、免疫の落ちてる時間が長期化すると、ガンは増大してしまうのではないか
と・・・・。
これが正しいとすれば、免疫機能を著しく低下させる抗がん剤がガンにあまり有効でないのも
うなずける気がしますね。

ガンの征圧に対して、抗がん剤、外科手術、放射線療法が必ずしも有効ではないことは、
実は日本の厚生省さんも過去に発表してるんですよね(2000年より前だけど)。


また、ハーバード大学のアイゼンバーグ博士のレポート(The New England Journal of Medicine 1993)によると、
1990年代に自然療法を利用したものが34%程度
この調査でわかったことは、貧困層ではなく富裕層ほど、自然療法を利用するという事実が
明らかになったことです。
(普通は、金がないから民間療法、自然療法って思うでしょ)

大卒以上の自然療法利用者が50.6%
大卒未満の利用率は36.4%

また、年収5万ドル以上(1ドル=100円とすると500万円)の人は、それ以下の人よりも自然療法を利用している。

アメリカでは、ハーバード、スタンフォード、カリフォルニア、テキサスなど主要大学を中心に、自然療法の効果に対して、科学的調査を行い、一定の成果をあげつつあり、
現在、アメリカの多くの医学部では、自然療法を授業科目のなかに取り入れているそうです。

少子高齢化、医療費増大、さて、日本は、このまま西洋医学一辺倒で突き進むのか・・・。
自然療法も取り入れた統合医療、オルタナティブメディスンを目指すのか・・・。

その選択権は、政治家を選挙で選ぶ、国民自らにあるはずなのだが・・・・・。

西洋医学だけでなく、自然療法だけでなく、もちつもたれつ、お互いの欠点を
補完しあうような医療が、最終的なゴールになるはずなのだが・・・・。

さて、病気になって西洋医学に頼るコスト、病気予防を主眼において自然療法を利用するコスト、
どっちが一生涯コストは高いだろか?

結構、お医者さんって自分の家族の治療には薬を使わなかったりするらしいんだよね。
お医者さんも金儲けしないと生活できないから・・・。
患者さんには薬を、身内には健康食品をって感じなのかな?

自然療法を使うと、保険診療外だから、単価はあがるけど、数こないと生活できないジレンマを、
自然療法を施したいお医者さんは抱いているのかもしれないけどね。

我が家の近くにも、自然療法を行うお医者さんが来ませんかね・・・。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

いろんな医療

「あきらめない。どんな手段を使っても病気を治す。」と公言する病院があります。

東京は虎ノ門にある前山クリニック・虎ノ門

同じような主張をする動物病院もひとつあります。

東京は八王子にある須崎動物病院

医療手段としては、西洋医学から東洋医学をはじめとした自然療法まで多種。

なかでも、バイオレゾナンス療法O-ringテスト(正式:バイ・デジタル オーリングテスト)

そして、同じような手法を使って、医療を行ってるいるところが、全国に・・・・。

たとえば
大阪にある鍼灸院


福岡の内科医院

佐賀の医科歯科統合医院

歯は臓器だと書いた福岡の歯科医院

東京で健康相談会をメインにやってる先生

愛知にある動物病院

神奈川の動物病院

などなど

ところが、この医療行為は、保険診療外です。
さらにさらに、こういった医療を行ってる病院のほとんどが完全予約制です。

O-ringテストに関しては、アメリカで知的特許がおりてます。
そして、スウェーデン、ニュージーランドでは、医学部生の必修科目だそうです。

このO-ringテストやバイオレゾナンス・メソッドを用いると、CTやMRIなどの
最新の診断装置よりも早く、早期の早期ガンの発見ができたり、薬が身体にあうかどうかを
チェックできたりできるようです。

O-ringテストやバイオレゾナンス・メソッドは、欧米の医療機関、獣医療機関では採用されてる
ケースが日本より断然多いそうです。

これらいわゆる従来の西洋医学と違う医療の共通点は、気の流れというか、血流というか、
神経ネットワークというか、そのような身体全体のネットーワークのバランスを取り戻すっていうのが、
主眼にあり、その目的達成のために、いろんなアプローチをしてるにすぎないようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうそう、先ごろ、
麻生総理が経済諮問会議で発言した「健康な人にインセンティブ」という内容。

これ、マスコミの取り上げ方もどうかと思うけど・・・、賛否でてますね。

とーちゃんは賛成なんだよね。

自然療法的考え方、またペジャン(パスツールに反論した)という昔の学者の考えでいくと、
病気の原因は外にあるのではなく、内にある。

内に原因があり、そこに外から侵略されるために、症状が悪化して表面化する。

そう考えると、「健康な人にインセンティブ」っていうのに大賛成なのよね。

自然療法:英語ではホリスティックケアといいますが、ギリシャ語の語源をたどると「包括的なケア」
という意味です。

つまり、地球、宇宙を構成する要素の一つとしての「あなた」のバランスを取り戻しましょうってことですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

注意:
ホリスティックの考えは哲学的な部分が多いために、下手をすると悪徳宗教と結びつきやすくなり、
悪徳商法まがいが横行したり、変な健康商品が登場したりする。

くれぐれも、思考力を働かせて、これは「怪しいホリスティック」か「信頼できるホリスティック」かを
見極めてね。

プラシーボ効果(偽薬でも、信じれば病気がなおる)ってのがあるんだからね。

この不思議な医療の世界、信じるも信じないも自由なのです。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

犬の心と食事

2008年11月30日


ドッグマンス2008の最終日。
福岡の現状は、殺処分数の2/3は猫、1/3が犬だそうです。
犬に対しては減少傾向だけど、猫は・・・・・・。

ドッグマンスからみでのセミナーがありました。

「犬の心と食事」について

講師は、生食推奨で有名な本村先生(妹)(食事の部)
躾教室を主宰している本村先生(姉)(心の部)

の二部構成、一部:1時間の短さでしたが・・・。
まぁー導入部分としては、こんな感じでしょう。


「食事の部」
今回は、いろいろ書きたいけれど、書けません(諸事情で)。

参加者に手作り食とカリカリが半々って方が多かったので、
カリカリにトッピングしていい食材、いけない食材の話が中心でした。

黄色ラブの9歳の子と黒ラブ6歳の子の実食があったけれど、
骨付きとりモモ肉の食いっぷりは圧巻でした。

ただ、骨を噛んでるかというと・・・・、飲み込むといった感じだったです。

「心の部」

こちらは書けます。諸事情による制約はないので・・・。
ただし、メモってないので記憶してる範囲でね・・・。

1.犬の困った行動の大半は、飼い主に問題あり。
2.多くの飼い主は、犬に守られてる(望ましいのは、飼い主が犬を守る)。
3.飼い主の感情は時空を超えて犬に伝わるから、常にポジティブシンキングを心がける。

犬の病気の八割はストレスが原因と訴える獣医師さんもいるそうです。

超大型犬のセントバーナードを以前、飼っていたようで、13年の大往生だったそうです。
食事は、値段で考えると、粗悪品にはいるカリカリ。
でも、この犬は、好きなように寝たり、行きたくない時期の散歩にはいかなかったりと、
自由に暮らしていて、ストレスが少なかったんじゃなかろうかとおっしゃってました。
(これも、いかに心(気持ち・感情)が大事かって例)

といった感じでした。

これをベースにとーちゃんが例を考えてみた。

日常で苦手なものにであったときの反応(飼い主もいる)



吠えない、冷静でいられるタイプ・・・A

吠えるタイプ・・・・B

隠れる逃げるタイプ・・・・C



A:精神的に強く親分タイプ(飼い主への信頼度強い)。

B:チンピラタイプ、又は不安を感じているタイプ(飼い主への信頼度揺れ動いてる)

C:弱虫くん(飼い主への信頼度薄い)

※注意
遺伝的に問題があるケースもあるので、飼い主の対応だけの問題でない場合もある。


Aの場合は、飼い主が不安をいだいてない証拠。

Bの場合は、「あ、前方から苦手なハナペチャがきたぞ、吠えないかな」と不安をいだくと、
犬に伝わり、「え?ハナペチャ、飼い主はハナペチャ苦手なのか?そんじゃ、オレを守ってくれないのか?
じゃ、先制攻撃だ・・ワンワン」といった感じで、飼い主への信頼度が揺れ動いてる証拠。
もし、ラブラドールとであっても、吠えないのは、飼い主が不安に持ってないのと、いやな経験を犬もしてないから。(海渡は、ラブラドールには吠えない。躾教室でラブラドールと一緒にいた経験と、
そこで海渡が吠えないという事実を飼い主が知って安心しているから)

Cの場合は、飼い主が犬の気持ち、犬の思考をお勉強しなおすことが、解決方法では?

★「帰りが遅くなってゴメンね、お留守番さびしくなかった」
え?オレを信じてないのか、そんなに信用されてないのか、シクシク・・・。
不安が増大し、お留守番を嫌がる子になるかも。

★「おまえの飯代かせいできたけん、遅くなったけど、留守番中に異常なかった?
ありがとうな、留守番」
ボクを信じてくれてるんだね、ボクも家族(群れ)の役にたってるんだね。
お留守番平気くんへの階段を上りだしてるかもしれませんね。

★「今日は、初めての鹿肉だけど、下痢しないだろうか」って思いながら、
犬に与えると、下痢しやすいとかね。

★「この子は、私の後ろばかりついて回って、かわいい。私がいないとダメなのね」って
考えるのは、人間の都合で、犬の思考としては、「オマエ、どこいくねん。オレに内緒でどっか旨いものでも食べにいくんやないのか。」といったものらしい。

★「お腹いたいの、かわいそうね、がんばろうね」って優しさをかけてるつもりでも、
犬にとっては、不安が募るばかり。
「腹痛か、がはは。ニ三日、絶食したらなおる」って感じで勇気というか、自分で治せ、オマエは強い子だ的な感情を与えると、治りが早いらしい。

★犬がワンワン、物音に吠える時
「大丈夫よ、怖くないよ」ナデナデと、飼い主が犬のとこにいくと、余計に不安になる。
むしろ、飼い主は、何事もなかったように、日常を過ごす(いわゆる無視)。
ただ、住環境によっては、近所迷惑になることもあるから、無視ばかりもしてられない。
そこで、吠えたら、飼い主のもとに呼び戻して、飼い主は平気君だという感情を犬に伝える。

などなど・・・・だけどね。

この心の事に関しても、対策はいろいろあるのです。
Aさんの方法、Bさんの方法、・・・・・とね。
おまけに、飼い主の感情に敏感な子と鈍感な子といるみたいだしね。

躾(心)のことで、本をみたり、聞いたりすると思うことは、
ムツゴロウさんの言葉「自分の愛犬をよく観察しなさい。答えは、愛犬が教えてくれる。

でもね、ムツゴロウさん流でいくためには、バックグラウンドとなる知識が必要なのよね。
ドッグウイスパラーのように、犬は猫の感情が読み取れる人は別だろうけど、
凡人には、努力が必要だ。
もしくは、神経を研ぎ澄まし、周囲に耳を目を傾け、自然の声を聴くようにならないとね。

このサインのときは、一般的には○○だから、海渡のこの状況だと、○○ではないかもしれないとかね。

おまけに、ムツゴロウさんの観察って、さりげなくやってるんだよね。
犬に悟られないように、出来るだけ犬の素がでるように。

犬との別れがくるそのときまで、「勉強・観察・実施」の繰り返し。

そして、なにより忍耐強さです。

教えてるのに出来ないってあせらない。
1年、2年、3年、どんだけかかってもいいじゃない、その子のペースで忍耐強く。
飼い主は教え方を工夫することを忘れずに。

最後に、
犬とのより良い関係を築くには、
食事、住環境、心(犬と周囲の関係性)の3つだそうで、飼い主の思いですぐ実施できるのが、
食事、住環境、一番厄介なのが心。

犬も飼い主も無理のない範囲でベターを模索することが大事なようです。

犬が信頼を寄せるのは、力の強い人ではなく、精神的にタフな人かもしれないね。
つまり、自分に自信のある人。ぶれない人。

犬に信頼してもらうには、まずは犬を信頼することからはじめましょう!

(我が家もね)
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(6) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。