他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2009年10月26日

おしらせ

ここの更新は、今後ないので、
今後の展開が気になる方は、
海渡の航海日誌
まで・・・。
posted by kaito at 09:01 | 福岡 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

海渡わ〜るどは新たな旅へ・・・。

なんてオオゲサな。

ブログさんを、「海渡の航海日誌」としてhttp://voyage.ankerz.com/で第二幕のスタートし、
「海渡わ〜るど」は、ホームページとしてhttp://kaitoworld.ankerz.com/としてスタートします。

「海渡わ〜るど」のほうは、変動の少ないコンテンツを中心に展開します。
健康診断とか、写真とか・・・。

「航海日誌」は、日誌なので今までどおりです。

では、お暇なアナタおいでくだされ。

茶はでませんがぁ・・・・。
posted by kaito at 17:13 | 福岡 ☀ | Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

コメントの返事が遅れているのは大目にみぃてよ

コメントの返事がおくれとりますが、お許しを!

錨を上げろ(Anchors Aweigh)のごとく、海渡わ〜るど第二幕のスタートに向けて準備中なり。

ヨーソロー(Steady On)とばかり、作業中なり。

だからといって、過大な期待をいだくと失望するので、期待しないように・・・・。

まぁー、こういった作業ってのは、作るまでが楽しいんだけど、維持がねぇ・・・・ねぇ。
posted by kaito at 11:16 | 福岡 ☀ | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

普通なペット、幸せなペット、不幸なペット

あるとき、本屋さんでフラフラと立ち読みしていると・・・。

でぇ、ペットコーナーで立ち読みしていると、おぉーあの子がモデルさんしてる。
(東京のお友達ねぇ)

でぇでぇ、東京の獣医さんで宮野さんという女性の方が書いた本です。
amazonによりますと:こちら

宮野さんの診療スタイルは、東洋医学というかホリスティックであり、患者にあわせた処置をモットーに
していらっしゃる方です。

その本の中で、飼い主に関して書いてある箇所がありました。

病気になったペットにとって幸せな飼い主はどのタイプ?って感じのもの。

1.よその病院で納得いかず、転院してくるも、愚痴ばかりの飼い主。
2.すべて先生にお任せしますな飼い主。
3.いろんな情報をいろんなルートから入手し、まれに情報過多になりおぼれてるケースもあるが、
自分なりの解決策を導こうとしている飼い主。

さて、どのタイプの飼い主さんが、ペットを幸せにできると宮野さんは書いているでしょう。

そんな宮野さんの本を読み続けると、診療実績の中からみられる関連性として、
従来なら「遺伝性疾患」と考えられていたものが、そうでないかもしれないという
ケースが多くあったそうです。

その場合の共通点は、腸の状態です。

上記のケースで腸に問題をかかえている子が比較的に多かったそうです。
そして、腸を改善してあげると、遺伝だと思われていた疾患が治ったととれる
ケースが多かったそうです。

さて、これはどういうこと?

推測するに、体内に侵入しようとするバイキンマンの防御壁になるのが、
皮膚だったり、臓器の粘膜だったりするわけでして、その粘膜が丈夫なら、
病気になりにくいのではないか・・・と。

腸の状態が悪いと、栄養の吸収もわるければ、老廃物の排泄も上手くいきません。
つまり、毒は溜まるが、栄養は逃げていく。
腸の改善には、断食が効果的(元気な犬にはね。)

ちょうど、秋から冬へと向かうこの時期、空気は乾燥してきます。
空気が乾燥してくると皮膚や粘膜も乾燥気味になります。

ここは、加湿してあげて、粘膜さんのサポートをしてあげることも重要かと・・。

フケが多い、目ヤニが多い、耳垢が多いなと思ったら、もしかすると、体内のバイキンマンさんを排泄する
ルートとして、シッコやウンチだけでは不十分なのかもしれません。

もちろん、見た目の症状と体内での状況は個々で違うので、すべてのワンコにあてはまるとは限りません。
答えは
posted by kaito at 11:30 | 福岡 ☁ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

シッポが格納されるケース

2009.10.11(晴れ)

今回の写真は、すべてキャノンのコンデジさん。
とくに、デジタル補正もしとりません。


20091011_01.jpg


20091011_02.jpg

ここのタリーズのテラスは犬様OKです。
テラスだか、屋内だか微妙な場所もありまして、
いわゆる屋根付きのオープンスペースがあるのですが、
そのオープンスペースは原則、お犬様NGです。

20091011_03.jpg

群れを離れて、単独行動しているメンバーがいるので、
その合間にアイコンタクトをお願いしてカシャ。

20091011_04.jpg

群れを離れてるメンバーを待つ、リーダーのつもりの海渡くん。
不安がシッポに現れています。
見事なシッポの格納です。

20091011_05.jpg

こちらは、タリーズのあとによった公園で、久々にロングリードをつけてあげたところです。

ところが、このロングリードが気に入らなかったようで、
シッポを格納しての抗議行動です。

どうも、飼い主から鵜飼いの鵜のような立場にさせられるのが気に入らないようで、
短い、いつものリードに戻したら、ガンガン走って大はしゃぎ。

どうも、いつものリード(120cmくらい)
ロングリード(3mくらい)

首輪から感じる感触が違うようです。

なかなかデリケートでいらっしゃる海渡くん。

昔は、ロングリードでも平気だったんだけどね。
不思議だぁ・・・。
posted by kaito at 21:34 | 福岡 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

昔ばなし

昔、むかーし。

ボクがこのお家に飼われた頃のおはなし・・・・。

DSCF1253.jpg

こんなゴハンを食べていた。

今、リコールで大騒ぎなニュートロのカリカリ。
dbfのチキンの缶詰。
ヤギミルク。
丸いやつは、「大すきん」とかいう名前のヨーグルト。

今のゴハンとは全然ちがうね。

ただいま、とーちゃんの頭の中は、
json、php、ruby、jquery、css、K-7なんて言葉でいっぱいみたいだけど、
何を考えてるんだろうね・・・・。

昔もこの写真アップしたかもかも?
posted by kaito at 23:49 | 福岡 ☁ | Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

こんなんできました(カレンダー)。

2009.10月分のデスクトップカレンダー。

デスクトップという割には、サイズが中途半端ですけどね。

サイズ800×534

まずは一つ目

kaito_cal_200910_1.jpg


二つ目

kaito_cal_200910_2.jpg


まだまだ、洗練されてはいませんが・・・・(笑)

欲しいという奇特な方は、ご自由にお持ち帰りください。

ダウンロード1(1枚目のやつ)

ダウンロード2(2枚目のやつ)


にほんブログ村 犬ブログ プードルへ(他の子もみてみる?)
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

マルシェ

2010.03まで福岡ではマルシェがあっています。

マルシェといってもパリのマルシェとはちょっと違う感じです。
屋外型の物産展といった感じ・・・。

詳しくは、http://www.marche-japon.org/

東京、大阪でもあってるようです。

そんなマルシェに行った日のこと・・・。

20091003_01.jpg


20091003_02.jpg

ちょうどRKB(TBS系列民放)の取材クルーでしょうか・・。


20091003_03.jpg

久しぶりの公園だね。
いいねぇ・・土・草の感触

20091003_04.jpg

なにか、良いニオイがしますね。

20091002_05.jpg

それにしても晴れたね。
曇りだと思ってたのに、ちと暑いね。


20091003_06.jpg

あっちからも、美味そうなニオイがするじゃないか・・・。

20091003_07.jpg

いい加減、眠くなってきたぞ。

20091003_08.jpg

栗ですね・・・。

そんまま食べる良し・・・
マロンケーキになるもよし・・・。

秋なんだろうけど、まだ昼間は暑い、福岡です。

20091003_09.jpg

この写真はデジタル処理を丁寧に施しました。
あとは、感性で好き嫌いがわかれるんでしょうね。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

ペットホテル

dogactuallyの記事にイギリスのペットホテル事情がありました。

日本もイギリスも同じ島国。

イギリスの国土は244,820平方km
イギリスの人口密度は246人/平方km

日本の国土は377,914平方km
日本の人口密度は337人/平方km

国土は、日本が広く、人口密度も高い。
つまり、人が多い。
だから、土地の値段も高い。
(上記数値は、wikipediaより)

そのためか、日本のペットホテルは、狭い。
入院用のケージとなんら変わらないとこが多い。
ビジネス優先のため、犬への快適さの追及などは、二の次なのか?
そもそも、犬は狭いとこが落ち着くという幻想から逃れられないのか?
(狭いとこが落ち着くのではなく、外敵から身を守ったり、興奮をしずめたいときなどに
お気に入りというだけであって、ずーっと狭いとこにいて平気ってわけじゃない)

イギリスのペットホテルの大半は、リゾート地のような気分が味わえそうな感じだ。

この違いは、イギリス人のもつ犬への感情と日本人の持つ犬への感情の違いなのか。
たぶん、イギリス人は商売っ気をだしてないけど、商売っ気ありありな日本人との差なんだろうね。

よく、犬を擬人化しやすいのは、日本人だといわれる。
ところが、犬の権利は擬人化されず、獣扱いのまま。
なんとも・・・・。

犬は、盲導犬、聴導犬、警察犬、麻薬探知犬、軍用犬と人のために働いているのに、
犬は、人からどれだけの権利を認められているのか(日本で)?


参照:http://dogactually.nifty.com/blog/2009/10/post-6583.html

posted by kaito at 10:03 | 福岡 ☀ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

おもしろいバッグだね

手持ちの風呂敷やスカーフ、布切れなどなどが、バックに変身するんだと。

いわゆる、フレームだけを販売するので、気分に合わせてバックの柄は、
手持ちのスカーフなどでかえてみてね。

風呂敷なんかは、最近みないから、再利用になるね。

でも、フレームだけで1万円程度。

はてさて、頻繁にバックを替えてお出かけするような人には、
いいかもだけども・・・。

そうでない人にとっては、どうなんざんしょ。

さっぱしわからない世界ざんす。

http://www.birdie-net.com/html/newpage.html?code=23

犬用グッズもあります。

posted by kaito at 10:10 | 福岡 ☁ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

微妙な問題になるのかな?

2009.09.27の夜にニュースで流れた

アカデミー監督賞の受賞歴をもつロマン・ポランスキー監督が、

30年ほど前にアメリカのジャック・ニコルソン邸でやった事件に関する問題。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200909270017.html

アメリカのクリントン国務長官(ヒラリーさん)は、スイスでの授賞式出席のために
滞在しているところの身柄確保を指示したようで、スイス当局にてご用になりました。

アカデミー賞の授賞式はアメリカで行われるために、ポランスキー監督は欠席していました。
だって、事件以後は、フランスに在住していたのだから、アメリカ入国すると拘束される恐れがあるため、
アカデミー受賞式を欠席していた。

彼は、再三、罪状の取り下げを要求していたが、裁判所が棄却していたそうです。

そしたら、フランスとポーランドに市民権をもつポランスキーさんのために、
何人かの文化人は釈放するように嘆願書をスイス当局におくったり、
フランス、ポーランドの両外相は、ヒラリーさんに釈放するように書簡をおくったという。

過去の事件で、有名人なら政府要人も動いてくれる。
(きっと、ポランスキーさんは、ヨーロッパでは反体制ではないので、
政府要人も動いてくれるんだろうね)

これが、一般人なら誰も見向きもしない。

これは、差別ではなく区別。

今の社会にある現実。

ここは、無罪放免ではなく、一度、アメリカで取り調べて、
拘留するのか、情状酌量で釈放するのか、多額の罰金をとるのか、
なんなのかアメリカに任すべきじゃないの?

アメリカで起きた事件だったのだから・・・。

日本ではあまり、身分を意識することは少ないでしょうが、
アメリカをはじめ欧米では、身分を意識するのが常です。

日本では、高級店にはお金が高いから入らないという感覚だけど、
海外では、身分不相応だから入らないという感覚が主です。
posted by kaito at 10:56 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

フランスらしいなぁ

フランスの与党である国民運動連合(UMP)に属す議員らが、
面白い法案を議会に提出しました。

どんな法案なのか?

それは、それは、街中でみかけるいろんなモデルさんのお写真に関するもの。

デパートの化粧品売り場のポスターしかり、雑誌広告しかり、もうモデルさんが登場するものは、
すべてでしょう。

法案を提出した議員さんの一人であるボイヤーさんのサイトによりますと・・・。
http://www.valerie-boyer.fr/7_actionparlementaire.php?idsection=8&idcategorie=31&idarticle=302

すべてフランス語でわかりません。

そこで、日本語訳されて配信された記事によると
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2644981/4653981

もしも違反したら500万円程度の罰金だそうです。

では、どんなのが違反なのか・・・・。

20090906_04.jpg

たとえば、モデルの海渡くんがウマウマでフードを食べてる広告写真だとしましょう。

ところが、この写真は、デジタル処理されています。
明るさや質感などを調整してます。

さすがに、モデルさんの体型やシワなんかの加工はしてませんが・・・。

この法案が通ると、このままでは違法扱いになる可能性が大。

20090906_04_1.jpg

このように、注釈で「デジタル処理」がされている写真であることを明記しなきゃいけないようです。

果たして、この法案は可決するんでしょうか?

でもですよ。
デジタルカメラの普及が著しく、すべての広告物が一度はコンピュータを経由していることを
しれば、実際と広告物には乖離があると想像はできそうなもんですが・・・。


いろんな人種のいる国でかつファッションにうるさいお国柄もあいまった法案なんでしょうかね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ワンコに教わる

いやいや、この地球上に君臨している人間族のはしくれではありますが、
なかなか、どうして、人間に飼われて養われるご身分であるはずの、ペットな
お犬さまから教わることがイロイロ。

1.好きは好き

2.嫌いは嫌い

3.無理はしない

4.助けは求める

5.明日のことは考えない、今日を悔いなく生きる

6.楽しいことのためには、努力する


敬老の日の特集でのインタビューで

記者「長生きの秘訣は?」

おじさん「今日を完全燃焼する。明日のことは考えない。腹八分。」

でした。

ペットのワンコにおきかえれば、腹八分以外はその通り。
でも、ペットであるがゆえに、腹八分にならないことも多いのが現実。
そのために、サマザマな病気になっているワンコも多い現実。

自然界であれば、狩の成果に左右される食料なので、ある一定期間でみれば、
腹八分は達成されているはず。

ってことは、人間に飼われることで安全・安心を確保できたけれど、
食べさせすぎる人間に飼われると健康を損なう恐れもあるのかもね・・・。

だって、だって、ばぁばが、こそーっとオヤツ(果物)を海渡にあげていたという
真実を知ってしまったのですよ。
まぁー、犬用ケーキとか犬用御菓子なんかじゃないから(自然なものという意味)いいけれど、
ビックリですよ。

平日の海渡は留守番。
その間にオヤツとして果物をもらう(量的には大したことないけど)
飼い主帰宅後、時と場合によりお散歩
お散歩帰宅後、ばぁばから昼間と同量程度の果物を貰っていた。

おかげで、海渡は、散歩をたまにショートカットすることがある。
散歩から帰ると、玄関先では舌なめずり・・・・(^^;;
(どんだけ食いしん坊なのか・・・・)


ある意味、犬嫌いなばぁばが、オヤツをあげる。
海渡のために、外での要件をサッサとこなし、帰ってくる。

ダッコも首輪もできない、ばぁばは、ばぁばなりに海渡を大事に思ってくれている
のでした。
いやー、恐るべき犬の力なり。
posted by kaito at 15:25 | 福岡 ☀ | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

GoD and DoG

英語で犬はDOG

英語で神はGOD

GODとDOGは、ちょうどDとGが入れ替わっただけ。

だから、犬は神様or神様が人につかわした生き物 なんていわれてますね。
ねぇ!

そんななか、アメリカ在住のプロの芸術家さんが、こんなアニメーションをYouTubeにあげてます。

ハンカチ片手にどうぞ。
映像中の英文は平易なので、わかりやすいでしょう。







I look up and I see GOD
見上げると、そこには神様がいる


I look down and see my dog
足元をみれば、そこには私の犬がいる

I take it hard each time I fail
But God Forgives
Dog wags his tail.
私が失敗の度に落ち込んでいても、神様は許してくれるし、
犬はシッポを振ってくれる


God thought up and made the dog
神様はよく考えて犬を創造されたのだ


Dog reflects a part of God
犬には神様が宿っているのだ


I've seen love from both sides now
私はこの瞬間も、彼らの愛を感じている


And in my human frailty・・・・・・・・
I can't match their love for me
私の人としての弱さからだろうか・・・・
私の愛は、彼らの愛には敵わない。


映像および英文:Wendy Francisco
訳文:海渡ちち
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

フォースとともに

別にStarWarsネタではないです。

フォース=4thとかけて、

「4th(4歳な犬)とともに」と説く

そのココロは

20090918_01.jpg

4歳おめでとー、パチパチ。

20090918_02.jpg

うーん?

なんでしか?

20090918_03.jpg

ボクはまだまだ弾けるでしよ。

まだまだイタズラするでしよ・・・。

「ワン ワン ワン ワン」
(ワンとワンの間のスペースは、文字通り間です。
こんな発声のときは、なにかいいたい時なんです。
警戒のときの吠え方とは違うんです)

4歳なボクだけど、まだまだ落ち着きませんよ・・・。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

コワイ人達による動物保護活動 in USA

CS放送やCATVを見てる人達は、案外知ってるかもしれませんが・・・

ナショナルジオグラフィックというチャンネルで「コワイ人達による動物保護活動」が特集されるのを
しっているかもしれません。

場所はアメリカ ニューヨーク

もしも彼らに道ですれ違ったら、目をあわさずに、クワバラクワバラと念仏でも唱えて、
何事もなく通り過ぎることを祈るに違いない。

そんな見た目のコワイ、身体もマッチョなタフガイ達によるお話

詳細:http://channel.nationalgeographic.com/series/rescue-ink-unleashed

メンバーは8人で最高齢は70代。

みんな、アメリカの貧困層出身。
ただし、子供の頃から「動物は友達」と感じて育った人達。

普通なら、悪の道に染まってもおかしくないような人達なのだが、
唯一違うのは、「動物は友達」という環境に育ったこと。

そんなマッチョな彼らは、仲間で集まっては、カフェでレスキュー計画を練ったりしていたそうだ。
ところが、この外見では、店主も怪しむ。
何度なく110番通報されたらしい。

そんな経験から、今ではRescue Ink(法人というInc の音とタトゥのInkをかけてるのか?)
としてオフィスを構え活動している。
日に200本近いホットラインがなることも珍しくない。

また、普通、女性が主導することの多い動物保護活動の世界、ところが、
女性に手に負えない状態になることも多く、依頼は多い。

そして、貧困層育ちというのもあり、裏の社会を知っている強みがある。
そのため、「麻薬中毒患者にワンコが盗まれたから救出してくれ」といった
ものもある。

エリート層からも一般層からも支持のあついグループであることは間違いない。

彼らは、同じ貧困層に暮らす子供たちに悪の道に入ってほしくないというのが共通の願い。
そして、彼らの合言葉は
「動物を虐待するやつらはダメなやつらだ(Abusers are Losers)」

彼らの活動は、レスキューから学校での啓蒙活動と実に幅広い。

ハードな外見をした彼らは、実にハードな愛情を動物や子供たちに注いでいるのだ。

DogActuallyでも取り上げてありますね。

Rescue Inkのサイト:http://www.rescueink.org/
posted by kaito at 10:51 | 福岡 ☀ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

犬の声をどの程度感じていますか?

Take your dog to work day:http://www.takeyourdog.com/

日本語になおすと、ワンコと一緒に職場へ行きなさい

という感じです。

この試みは、英語圏の国では比較的多いみたいです。

ある特定の日を動物愛護団体などが中心に、「ワンコと職場に行く日」なるものを決めてるのだけど、
特に、強制力などはないので、とっても緩やか・・・。

まぁー、ワンコがいてもいいんじゃないというオフィスは、ワンコ同伴をその日に限り認めてみたり、
意外にも、ワンコ同伴を認めたことで仕事効率があがったので、他の日でも認めたという例もあるそうです。

いうなれば、託児所を持つ企業と同じ考えですね。

子供が、熱?腹痛?泣いてる・・・・などとイチイチ気にしながら、
仕事をしてもらっても効率は悪い。

ワンコの飼い主も同様で、イチイチ気にしながら仕事をされると効率がわるいので、
仕事場に犬を連れて来てもいいよ・・・って。
そしたら、効率アップで業績アップになる企業もあり、案外妙案だったということ。

この試みをすすめている愛護団体は、別に企業の業績アップを試みたわけではないだろうが、
思わぬ副産物があったということだね。

また、ワンコがオフィスにいるだけで、場が和む、リラックス、癒しなどの効果を
ワンコを飼ってない従業員にも与えるようで、なかなかな効果あるんだそうです。

ワンコは、飼い主のソバに居なさいとしつけていれば、いいが、子供はそうはいかない。
だからこその託児所併設であり、ワンコのオフィス同伴なのかもしれない。

犬が吠えることに寛大な人がおおい欧米
犬が吠えることに神経質な人が多い日本

おもしろいね・・・・。

そうそう、「なぜ日本人は英語が苦手なのか?」

日本語をしゃべる際の周波数は、125Hzから1500Hzの帯域
英語(UK)をしゃべる際の周波数は、2000Hzから16000Hzの帯域
英語(US)をしゃべる際の周波数は、1000Hzから4000Hzの帯域

だそうです。

そして、概ね幼児期の子は、16000Hzまでの音が聞こえているそうです。

中学生からいくらヒアリングの練習をして発音の練習をしても、日本人が英語を
うまくしゃべれないのは、このあたりにあるのでしょうね。

よく、園児とワンコが遊んでるのを見てると、会話が成立してるようにみえることがあります。
これは、おそらく大人よりも園児のほうが、犬の鳴き声の微妙な差を聞き取ってるからかもしれませんね。

案外、欧米の人は高音域まで聞こえているので、犬の鳴き声も無駄吠えとは
思わない人が多かったりしてね・・・・。

日本人は犬の声を「ワンワン」で表現し、アメリカ人などは「Vow-Wow」のような表現をします。
これは、聞き取れる周波数帯の差なんですね。

もちろん、犬の声は更に高音域まであるのですけどね。

ちなみに、人の鳴き声「ワンワン」、人の泣き声「ヴァウワウ」、犬の鳴き声の3種を
音声分析すると
http://www.kawasakigakuen.ac.jp/specialized_st_c.html
となるようです。

分析結果をみると、ヴァウワウのほうが犬の声に近い気がしますね。

つまり、英語圏の人のほうが、犬に近い発声ができるってこと?
だから、犬にもフレンドリーになりやすい???????


posted by kaito at 11:56 | 福岡 ☁ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

カフェかぁ・・・

もうすぐで4歳になる海渡

誕生日が近づくたびに思うのは、海渡のお気に入りカフェが今はないこと。

これが、残念。

しかし、飼い主(犬連れ客)がやらかしたミスの積み重ねが、原因。

どうも日本の飼い主は、ドッグカフェと犬OKな一般カフェ(略記:犬OKカフェ)を別物と定義している。

犬OKカフェでは、周りに気をつかい、用心もするが、
ドッグカフェでは、その注意も気が緩み怠りがちに・・・。

この積み重ねが、ドッグカフェの運営を困難にする。
そう、特に、人に出す食事もかなりのグレードを提供するようなカフェは特に。

大阪にも似たような事例がある。
犬連れ客のマナーの悪化が招いた悲劇。

人への食事のグレードを落とせば、ドッグカフェで多少、
飼い主のマナーがNGでもやっていけるかもしれないけれど、
人への食事のグレードを追求すると、犬連れ客以外のお客さんも
増えてくる、すると、問題が発生しやすくなる。

福岡には、犬OKカフェは比較的多い。
そこは、もちろん普通のお客さんも多いし、ある意味人気店だ。

なのに、犬OKでやっていけるのは、飼い主が注意を払っているからに違いない。

ピエトロのように規模の大きいお店であれば、犬連れ用、人専用と区分けもできるが、
一般のカフェはそんなことは出来ない。

海渡の大好きな場所がなくなった原因は、とーちゃん達飼い主の問題なんだ。

もし、次に海渡の大好きなカフェが出来たときは、最善の注意を払わなければいけないね。

ドッグカフェを望む飼い主達が、知らない間にドッグカフェの経営を困難に追い込み、
閉店に追い込んでいる現状に気づかないと・・・・。

飼い主の意識改革
そして非飼い主の意識改革ができれば、
近い将来、犬(動物)と人の共生は可能になるんじゃないかな・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FNT_20090817.jpg


この表紙撮影のとき、リチャード・ギアはこういいました。

「アメリカでは、12週齢未満の犬は撮影に使わない」とね。
(この柴が、生後2ヶ月だったためです)
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

BigWoodのオープンキッチン

ハーブ入りのドッグフードなどで有名な、ビッグウッドさん。

競技会に出場してる子たちは、OPDESのほうが有名かな?

ビッグウッドのオーナーである大木さんは、現在、ドイツを拠点にしてるそうです・・。

OPDESはJKC主宰の競技会とはちがい、血統書の発行されない雑種でも、
参加できる競技会などを運営しています。
もちろん、世界大会なんかにも出場してます。

OPDES:NPO犬の総合教育社会化推進機構の理事なんかもやってますね。
イヌ・タオ・ネット:NPO犬文化創造ネットワークの理事長さんもやってますね。

そんな大木さんが経営するビッグウッドさんもオープンキッチン形式のショップを展開です。

直営の自由が丘店(東京)
提携の横浜店、福岡店

http://www.bigwood.co.jp/whatsnew/090901.html


福岡の場合は、マザーズドッグスとの提携。
ヤフードーム近くのお店はトリミング&物販&ホテルに特化。
平和本店が、オープンキッチンに・・・。

こちらのオープンキッチンの売りは、たとえば、小麦アレルギーなんですって伝えると、
小麦を使わないでフードを作ってくれるところのようです。

はてさて、こちらのオープンキッチンは、ふら〜っと尋ねて試食なんてのは可能なんだろか?
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

カフェ・ディ・マンマ

2009.09.06

マンマリゾさんが、本社機能を東京にうつし、
工場を久留米にうつし。
その工場に隣接する形でドッグカフェをオープンさせました。

小型犬の1匹、2匹程度なら十分なRUNもあるよ。

http://www.mammariso.co.jp/factory/kitchen.html


20090906_01.jpg

店内はテーブルが4つとかなり広めな配置。
脇の棚には、マンマリゾなど物販スペース。

道路側に面したRUNにはテラス席もある。

20090906_02.jpg

ワンコ用マンマリゾは、80gでした。

人用メニューは、なかなかグーでした。
カレーライス。

ここで人用メニューの充実を希望するのは、お門違い。
ここは、マンマリゾをワンコにすすめる場所、ワンコがハッピーであれば、
それでOK。

ただ、マンマリゾの苦手な子にとっては、楽しめる場所ではないかもね。

ここの店員さんは、ワンコに対してテンション高く接してくれるので、
人好きなワンコにとっては、ハッピーなこと間違いなし。

20090906_03.jpg

食いしん坊で人好きな海渡にとっては、天国のような場所。

20090906_04.jpg

食べてるのはイワシさん。

20090906_05.jpg

海渡の目線の先にはお姉さんしかありません。

周りには、チワワやダックスのお友達もいましたが、Out Of 眼中です。


20090906_06.jpg

またね。

ここの真向かいには、道の駅くるめがあります。
時間帯によっては、渋滞のメッカでしょうね。

福岡市内にもできないかな?
ワンコに対してフレンドリーな店員さんつきで・・。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。