他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2009年09月29日

微妙な問題になるのかな?

2009.09.27の夜にニュースで流れた

アカデミー監督賞の受賞歴をもつロマン・ポランスキー監督が、

30年ほど前にアメリカのジャック・ニコルソン邸でやった事件に関する問題。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200909270017.html

アメリカのクリントン国務長官(ヒラリーさん)は、スイスでの授賞式出席のために
滞在しているところの身柄確保を指示したようで、スイス当局にてご用になりました。

アカデミー賞の授賞式はアメリカで行われるために、ポランスキー監督は欠席していました。
だって、事件以後は、フランスに在住していたのだから、アメリカ入国すると拘束される恐れがあるため、
アカデミー受賞式を欠席していた。

彼は、再三、罪状の取り下げを要求していたが、裁判所が棄却していたそうです。

そしたら、フランスとポーランドに市民権をもつポランスキーさんのために、
何人かの文化人は釈放するように嘆願書をスイス当局におくったり、
フランス、ポーランドの両外相は、ヒラリーさんに釈放するように書簡をおくったという。

過去の事件で、有名人なら政府要人も動いてくれる。
(きっと、ポランスキーさんは、ヨーロッパでは反体制ではないので、
政府要人も動いてくれるんだろうね)

これが、一般人なら誰も見向きもしない。

これは、差別ではなく区別。

今の社会にある現実。

ここは、無罪放免ではなく、一度、アメリカで取り調べて、
拘留するのか、情状酌量で釈放するのか、多額の罰金をとるのか、
なんなのかアメリカに任すべきじゃないの?

アメリカで起きた事件だったのだから・・・。

日本ではあまり、身分を意識することは少ないでしょうが、
アメリカをはじめ欧米では、身分を意識するのが常です。

日本では、高級店にはお金が高いから入らないという感覚だけど、
海外では、身分不相応だから入らないという感覚が主です。
posted by kaito at 10:56 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海渡さんへ
このニュース、見ました。
深く考えれば考えるほどどうなんだろう?と思います。
被害者も昔の事だから良いって言ってましたよね。
さて、どうなるんでしょうか?
Posted by ミルパパママ at 2009年09月30日 19:30
★ミルパパママさん

どーなるんでしょうね。

Posted by 海渡 at 2009年10月01日 16:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。