他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2009年10月05日

2009秋の健康診断結果

はてさて、どーなったでしょう。


項目
検査機関:マルピー・ライフテック
GOT(AST)33.8
GPT(ALT)27.8
ALP87.7
T-BIL0.13
BUN19.2
Cre0.59
TP6.3
ALB3.4
A/G1.17
T-CHO151
検査機関:アイデックスラボ
NT-proBNP(心臓)1048

心臓以外の検査は、今までと同じ検査機関なので、これまでの数値と単純比較が可能なのですが、心臓の分だけが、今までとは違う検査機関なので数値の単純比較ができません。

だが、しかし、・・・・・。

2009春に比べて、すべてにおいて改善。

内臓さんも前回よりも、さらに良くなり(体重を適正化できた結果)、
心臓さんも改善されました。

どうも、海渡の適正体重は、現状では3.6kgから3.8kgの間のようです。

つまり、この体重・体格を維持できて、デトックスが正常に行われれば、
概ねOKということです。

海渡は、春よりも秋の検査結果のほうが良いことが多い。
たぶん、冬場は代謝が落ちるし、散歩回数も減ったりの結果として
春に反映されるので、冬場の生活スタイルの見直しが、健康維持の決め手ということに
なりそうです。

ちなみに、心臓がヤバイからって薬は飲んでませんので、薬の影響はゼロです。

やったことは、デトックスしやすいような食材と、肉類を少し減らし、総量も少し減らしたこと。しかし、野菜類などのビタミン・ミネラル類は比較的多く与えました。
なんとなく、散歩も多かったかな・・・・?

犬は肉食系だから、肉が多いほうがいいと思いやすいですが、
十分な運動量と、時折の絶食でもないのなら、ペットな犬に、肉食はイマイチでは、
ととーちゃんは考えるです。

タンパク質の代謝は、炭水化物の代謝よりも複雑で、それだけエネルギーを使います。

つまり、症状は軽いが病っぽいケースでの肉の摂取は、身体を回復させるエネルギーを抑えて、
肉の消化吸収にエネルギーを使ってしまうので、潜在的な病を長期化させる可能性があるのではと思うのです。

さて、かなり改善したこの状態を来春にも持続できるように、日夜精進です。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。