他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2009年09月29日

微妙な問題になるのかな?

2009.09.27の夜にニュースで流れた

アカデミー監督賞の受賞歴をもつロマン・ポランスキー監督が、

30年ほど前にアメリカのジャック・ニコルソン邸でやった事件に関する問題。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200909270017.html

アメリカのクリントン国務長官(ヒラリーさん)は、スイスでの授賞式出席のために
滞在しているところの身柄確保を指示したようで、スイス当局にてご用になりました。

アカデミー賞の授賞式はアメリカで行われるために、ポランスキー監督は欠席していました。
だって、事件以後は、フランスに在住していたのだから、アメリカ入国すると拘束される恐れがあるため、
アカデミー受賞式を欠席していた。

彼は、再三、罪状の取り下げを要求していたが、裁判所が棄却していたそうです。

そしたら、フランスとポーランドに市民権をもつポランスキーさんのために、
何人かの文化人は釈放するように嘆願書をスイス当局におくったり、
フランス、ポーランドの両外相は、ヒラリーさんに釈放するように書簡をおくったという。

過去の事件で、有名人なら政府要人も動いてくれる。
(きっと、ポランスキーさんは、ヨーロッパでは反体制ではないので、
政府要人も動いてくれるんだろうね)

これが、一般人なら誰も見向きもしない。

これは、差別ではなく区別。

今の社会にある現実。

ここは、無罪放免ではなく、一度、アメリカで取り調べて、
拘留するのか、情状酌量で釈放するのか、多額の罰金をとるのか、
なんなのかアメリカに任すべきじゃないの?

アメリカで起きた事件だったのだから・・・。

日本ではあまり、身分を意識することは少ないでしょうが、
アメリカをはじめ欧米では、身分を意識するのが常です。

日本では、高級店にはお金が高いから入らないという感覚だけど、
海外では、身分不相応だから入らないという感覚が主です。
posted by kaito at 10:56 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

痛みと痒み

昔、「痒み」は「痛み」を弱めた作用だろうと考えられていた。

ところが、昨今の研究では、「痛み」に反応する(感じる)脳の部位と
「痒み」を感じる脳の部位が違うことがわかったそうです。

詳しくは
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2009/09/post-29.html

たとえば、アレルギーやらアトピーが酷くなって、痒みに耐えられなくなって、
ステロイドに頼っている人達には、少し救いになるのか?それとも、気休めか?
もしくは、更に深刻化させるのか?
この発見の末路は・・・。

どういう意味か・・・・・。

この研究でわかってるのは、「痒みを感じる脳の部位」です。
更なる研究で、どのような神経ネットワークで、その部位が反応するかを突き止めたら、
その部位への信号を遮断するような薬剤が開発できれば、痒みを感じなくなるはず。

痒みを感じななければ、患者は治ったと思うはず。

だから、新薬開発して儲かる。

でもですね、信号を遮断したところで、痒みの原因を除去しなきゃ意味ないはず。

信号を遮断する薬を使っても、原因が温存されてるなら、
やがて再発するはず。

原因を除去する方法、痒みの原因を特定する方法を研究してくれないと・・・。

なんでアレルギー症状がでたり、アトピーになったりするのか・・・。

現時点では、体内でアレルギー原因物質の処理がおいつかなくなり、発症するということになっている。

でも、毎日、ソバを食べても平気な人がいる一方で、そばアレルギーな人がいる。
何が違うのか?
アレルギーの出る人は、ソバの成分を上手に処理できない体だということは、間違いないけど、
なぜ?

どこか、内臓器官に問題があるのか?
何か身体に悪いものを溜め込んでいるのか?
それとも、ソバが嫌いという脳内イメージのイタズラか?

もちろん、ソバぐらいなら主食じゃないから、食べなきゃいい話かもしれないけれども、
米や小麦にアレルギーを持つ人はたまったもんじゃないだろう。

米や小麦を避けて食べなさいでは、不憫じゃないですか。

そろそろ、お医者さんも安易な対処療法でなく、ちゃんと完治する療法をしましょうよ。

アレルギーやアトピーが治るっていうのは、
何を食べても痒くならない状態のことだと思うのですよ・・・。

空気中には、いろんなバイキンマンも飛び交っているわけで、
空気中には、電磁波も飛び交ってるわけで、
もしも、あるバイキンマンが脳内のどこかに潜伏し、本来は敵ではない、
食物の成分に反応するようにコントロールしていたとしたら・・・・。

こんなストーリーが作り話の世界ですめば、いいのだけど・・・・・。

アレルギーやアトピーは発症年数が長ければ長いほど、薬に頼った時間が長ければ長いほど、
完治には時間がかかるようです。

アレルギー発症を回避しながら、免疫力をアップさせるわけですからね。
免疫機能を正常化させるわけですから。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

フランスらしいなぁ

フランスの与党である国民運動連合(UMP)に属す議員らが、
面白い法案を議会に提出しました。

どんな法案なのか?

それは、それは、街中でみかけるいろんなモデルさんのお写真に関するもの。

デパートの化粧品売り場のポスターしかり、雑誌広告しかり、もうモデルさんが登場するものは、
すべてでしょう。

法案を提出した議員さんの一人であるボイヤーさんのサイトによりますと・・・。
http://www.valerie-boyer.fr/7_actionparlementaire.php?idsection=8&idcategorie=31&idarticle=302

すべてフランス語でわかりません。

そこで、日本語訳されて配信された記事によると
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2644981/4653981

もしも違反したら500万円程度の罰金だそうです。

では、どんなのが違反なのか・・・・。

20090906_04.jpg

たとえば、モデルの海渡くんがウマウマでフードを食べてる広告写真だとしましょう。

ところが、この写真は、デジタル処理されています。
明るさや質感などを調整してます。

さすがに、モデルさんの体型やシワなんかの加工はしてませんが・・・。

この法案が通ると、このままでは違法扱いになる可能性が大。

20090906_04_1.jpg

このように、注釈で「デジタル処理」がされている写真であることを明記しなきゃいけないようです。

果たして、この法案は可決するんでしょうか?

でもですよ。
デジタルカメラの普及が著しく、すべての広告物が一度はコンピュータを経由していることを
しれば、実際と広告物には乖離があると想像はできそうなもんですが・・・。


いろんな人種のいる国でかつファッションにうるさいお国柄もあいまった法案なんでしょうかね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ワンコに教わる

いやいや、この地球上に君臨している人間族のはしくれではありますが、
なかなか、どうして、人間に飼われて養われるご身分であるはずの、ペットな
お犬さまから教わることがイロイロ。

1.好きは好き

2.嫌いは嫌い

3.無理はしない

4.助けは求める

5.明日のことは考えない、今日を悔いなく生きる

6.楽しいことのためには、努力する


敬老の日の特集でのインタビューで

記者「長生きの秘訣は?」

おじさん「今日を完全燃焼する。明日のことは考えない。腹八分。」

でした。

ペットのワンコにおきかえれば、腹八分以外はその通り。
でも、ペットであるがゆえに、腹八分にならないことも多いのが現実。
そのために、サマザマな病気になっているワンコも多い現実。

自然界であれば、狩の成果に左右される食料なので、ある一定期間でみれば、
腹八分は達成されているはず。

ってことは、人間に飼われることで安全・安心を確保できたけれど、
食べさせすぎる人間に飼われると健康を損なう恐れもあるのかもね・・・。

だって、だって、ばぁばが、こそーっとオヤツ(果物)を海渡にあげていたという
真実を知ってしまったのですよ。
まぁー、犬用ケーキとか犬用御菓子なんかじゃないから(自然なものという意味)いいけれど、
ビックリですよ。

平日の海渡は留守番。
その間にオヤツとして果物をもらう(量的には大したことないけど)
飼い主帰宅後、時と場合によりお散歩
お散歩帰宅後、ばぁばから昼間と同量程度の果物を貰っていた。

おかげで、海渡は、散歩をたまにショートカットすることがある。
散歩から帰ると、玄関先では舌なめずり・・・・(^^;;
(どんだけ食いしん坊なのか・・・・)


ある意味、犬嫌いなばぁばが、オヤツをあげる。
海渡のために、外での要件をサッサとこなし、帰ってくる。

ダッコも首輪もできない、ばぁばは、ばぁばなりに海渡を大事に思ってくれている
のでした。
いやー、恐るべき犬の力なり。
posted by kaito at 15:25 | 福岡 ☀ | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

GoD and DoG

英語で犬はDOG

英語で神はGOD

GODとDOGは、ちょうどDとGが入れ替わっただけ。

だから、犬は神様or神様が人につかわした生き物 なんていわれてますね。
ねぇ!

そんななか、アメリカ在住のプロの芸術家さんが、こんなアニメーションをYouTubeにあげてます。

ハンカチ片手にどうぞ。
映像中の英文は平易なので、わかりやすいでしょう。







I look up and I see GOD
見上げると、そこには神様がいる


I look down and see my dog
足元をみれば、そこには私の犬がいる

I take it hard each time I fail
But God Forgives
Dog wags his tail.
私が失敗の度に落ち込んでいても、神様は許してくれるし、
犬はシッポを振ってくれる


God thought up and made the dog
神様はよく考えて犬を創造されたのだ


Dog reflects a part of God
犬には神様が宿っているのだ


I've seen love from both sides now
私はこの瞬間も、彼らの愛を感じている


And in my human frailty・・・・・・・・
I can't match their love for me
私の人としての弱さからだろうか・・・・
私の愛は、彼らの愛には敵わない。


映像および英文:Wendy Francisco
訳文:海渡ちち
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

フォースとともに

別にStarWarsネタではないです。

フォース=4thとかけて、

「4th(4歳な犬)とともに」と説く

そのココロは

20090918_01.jpg

4歳おめでとー、パチパチ。

20090918_02.jpg

うーん?

なんでしか?

20090918_03.jpg

ボクはまだまだ弾けるでしよ。

まだまだイタズラするでしよ・・・。

「ワン ワン ワン ワン」
(ワンとワンの間のスペースは、文字通り間です。
こんな発声のときは、なにかいいたい時なんです。
警戒のときの吠え方とは違うんです)

4歳なボクだけど、まだまだ落ち着きませんよ・・・。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

コワイ人達による動物保護活動 in USA

CS放送やCATVを見てる人達は、案外知ってるかもしれませんが・・・

ナショナルジオグラフィックというチャンネルで「コワイ人達による動物保護活動」が特集されるのを
しっているかもしれません。

場所はアメリカ ニューヨーク

もしも彼らに道ですれ違ったら、目をあわさずに、クワバラクワバラと念仏でも唱えて、
何事もなく通り過ぎることを祈るに違いない。

そんな見た目のコワイ、身体もマッチョなタフガイ達によるお話

詳細:http://channel.nationalgeographic.com/series/rescue-ink-unleashed

メンバーは8人で最高齢は70代。

みんな、アメリカの貧困層出身。
ただし、子供の頃から「動物は友達」と感じて育った人達。

普通なら、悪の道に染まってもおかしくないような人達なのだが、
唯一違うのは、「動物は友達」という環境に育ったこと。

そんなマッチョな彼らは、仲間で集まっては、カフェでレスキュー計画を練ったりしていたそうだ。
ところが、この外見では、店主も怪しむ。
何度なく110番通報されたらしい。

そんな経験から、今ではRescue Ink(法人というInc の音とタトゥのInkをかけてるのか?)
としてオフィスを構え活動している。
日に200本近いホットラインがなることも珍しくない。

また、普通、女性が主導することの多い動物保護活動の世界、ところが、
女性に手に負えない状態になることも多く、依頼は多い。

そして、貧困層育ちというのもあり、裏の社会を知っている強みがある。
そのため、「麻薬中毒患者にワンコが盗まれたから救出してくれ」といった
ものもある。

エリート層からも一般層からも支持のあついグループであることは間違いない。

彼らは、同じ貧困層に暮らす子供たちに悪の道に入ってほしくないというのが共通の願い。
そして、彼らの合言葉は
「動物を虐待するやつらはダメなやつらだ(Abusers are Losers)」

彼らの活動は、レスキューから学校での啓蒙活動と実に幅広い。

ハードな外見をした彼らは、実にハードな愛情を動物や子供たちに注いでいるのだ。

DogActuallyでも取り上げてありますね。

Rescue Inkのサイト:http://www.rescueink.org/
posted by kaito at 10:51 | 福岡 ☀ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

犬の声をどの程度感じていますか?

Take your dog to work day:http://www.takeyourdog.com/

日本語になおすと、ワンコと一緒に職場へ行きなさい

という感じです。

この試みは、英語圏の国では比較的多いみたいです。

ある特定の日を動物愛護団体などが中心に、「ワンコと職場に行く日」なるものを決めてるのだけど、
特に、強制力などはないので、とっても緩やか・・・。

まぁー、ワンコがいてもいいんじゃないというオフィスは、ワンコ同伴をその日に限り認めてみたり、
意外にも、ワンコ同伴を認めたことで仕事効率があがったので、他の日でも認めたという例もあるそうです。

いうなれば、託児所を持つ企業と同じ考えですね。

子供が、熱?腹痛?泣いてる・・・・などとイチイチ気にしながら、
仕事をしてもらっても効率は悪い。

ワンコの飼い主も同様で、イチイチ気にしながら仕事をされると効率がわるいので、
仕事場に犬を連れて来てもいいよ・・・って。
そしたら、効率アップで業績アップになる企業もあり、案外妙案だったということ。

この試みをすすめている愛護団体は、別に企業の業績アップを試みたわけではないだろうが、
思わぬ副産物があったということだね。

また、ワンコがオフィスにいるだけで、場が和む、リラックス、癒しなどの効果を
ワンコを飼ってない従業員にも与えるようで、なかなかな効果あるんだそうです。

ワンコは、飼い主のソバに居なさいとしつけていれば、いいが、子供はそうはいかない。
だからこその託児所併設であり、ワンコのオフィス同伴なのかもしれない。

犬が吠えることに寛大な人がおおい欧米
犬が吠えることに神経質な人が多い日本

おもしろいね・・・・。

そうそう、「なぜ日本人は英語が苦手なのか?」

日本語をしゃべる際の周波数は、125Hzから1500Hzの帯域
英語(UK)をしゃべる際の周波数は、2000Hzから16000Hzの帯域
英語(US)をしゃべる際の周波数は、1000Hzから4000Hzの帯域

だそうです。

そして、概ね幼児期の子は、16000Hzまでの音が聞こえているそうです。

中学生からいくらヒアリングの練習をして発音の練習をしても、日本人が英語を
うまくしゃべれないのは、このあたりにあるのでしょうね。

よく、園児とワンコが遊んでるのを見てると、会話が成立してるようにみえることがあります。
これは、おそらく大人よりも園児のほうが、犬の鳴き声の微妙な差を聞き取ってるからかもしれませんね。

案外、欧米の人は高音域まで聞こえているので、犬の鳴き声も無駄吠えとは
思わない人が多かったりしてね・・・・。

日本人は犬の声を「ワンワン」で表現し、アメリカ人などは「Vow-Wow」のような表現をします。
これは、聞き取れる周波数帯の差なんですね。

もちろん、犬の声は更に高音域まであるのですけどね。

ちなみに、人の鳴き声「ワンワン」、人の泣き声「ヴァウワウ」、犬の鳴き声の3種を
音声分析すると
http://www.kawasakigakuen.ac.jp/specialized_st_c.html
となるようです。

分析結果をみると、ヴァウワウのほうが犬の声に近い気がしますね。

つまり、英語圏の人のほうが、犬に近い発声ができるってこと?
だから、犬にもフレンドリーになりやすい???????


posted by kaito at 11:56 | 福岡 ☁ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

カフェかぁ・・・

もうすぐで4歳になる海渡

誕生日が近づくたびに思うのは、海渡のお気に入りカフェが今はないこと。

これが、残念。

しかし、飼い主(犬連れ客)がやらかしたミスの積み重ねが、原因。

どうも日本の飼い主は、ドッグカフェと犬OKな一般カフェ(略記:犬OKカフェ)を別物と定義している。

犬OKカフェでは、周りに気をつかい、用心もするが、
ドッグカフェでは、その注意も気が緩み怠りがちに・・・。

この積み重ねが、ドッグカフェの運営を困難にする。
そう、特に、人に出す食事もかなりのグレードを提供するようなカフェは特に。

大阪にも似たような事例がある。
犬連れ客のマナーの悪化が招いた悲劇。

人への食事のグレードを落とせば、ドッグカフェで多少、
飼い主のマナーがNGでもやっていけるかもしれないけれど、
人への食事のグレードを追求すると、犬連れ客以外のお客さんも
増えてくる、すると、問題が発生しやすくなる。

福岡には、犬OKカフェは比較的多い。
そこは、もちろん普通のお客さんも多いし、ある意味人気店だ。

なのに、犬OKでやっていけるのは、飼い主が注意を払っているからに違いない。

ピエトロのように規模の大きいお店であれば、犬連れ用、人専用と区分けもできるが、
一般のカフェはそんなことは出来ない。

海渡の大好きな場所がなくなった原因は、とーちゃん達飼い主の問題なんだ。

もし、次に海渡の大好きなカフェが出来たときは、最善の注意を払わなければいけないね。

ドッグカフェを望む飼い主達が、知らない間にドッグカフェの経営を困難に追い込み、
閉店に追い込んでいる現状に気づかないと・・・・。

飼い主の意識改革
そして非飼い主の意識改革ができれば、
近い将来、犬(動物)と人の共生は可能になるんじゃないかな・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FNT_20090817.jpg


この表紙撮影のとき、リチャード・ギアはこういいました。

「アメリカでは、12週齢未満の犬は撮影に使わない」とね。
(この柴が、生後2ヶ月だったためです)
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

BigWoodのオープンキッチン

ハーブ入りのドッグフードなどで有名な、ビッグウッドさん。

競技会に出場してる子たちは、OPDESのほうが有名かな?

ビッグウッドのオーナーである大木さんは、現在、ドイツを拠点にしてるそうです・・。

OPDESはJKC主宰の競技会とはちがい、血統書の発行されない雑種でも、
参加できる競技会などを運営しています。
もちろん、世界大会なんかにも出場してます。

OPDES:NPO犬の総合教育社会化推進機構の理事なんかもやってますね。
イヌ・タオ・ネット:NPO犬文化創造ネットワークの理事長さんもやってますね。

そんな大木さんが経営するビッグウッドさんもオープンキッチン形式のショップを展開です。

直営の自由が丘店(東京)
提携の横浜店、福岡店

http://www.bigwood.co.jp/whatsnew/090901.html


福岡の場合は、マザーズドッグスとの提携。
ヤフードーム近くのお店はトリミング&物販&ホテルに特化。
平和本店が、オープンキッチンに・・・。

こちらのオープンキッチンの売りは、たとえば、小麦アレルギーなんですって伝えると、
小麦を使わないでフードを作ってくれるところのようです。

はてさて、こちらのオープンキッチンは、ふら〜っと尋ねて試食なんてのは可能なんだろか?
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

カフェ・ディ・マンマ

2009.09.06

マンマリゾさんが、本社機能を東京にうつし、
工場を久留米にうつし。
その工場に隣接する形でドッグカフェをオープンさせました。

小型犬の1匹、2匹程度なら十分なRUNもあるよ。

http://www.mammariso.co.jp/factory/kitchen.html


20090906_01.jpg

店内はテーブルが4つとかなり広めな配置。
脇の棚には、マンマリゾなど物販スペース。

道路側に面したRUNにはテラス席もある。

20090906_02.jpg

ワンコ用マンマリゾは、80gでした。

人用メニューは、なかなかグーでした。
カレーライス。

ここで人用メニューの充実を希望するのは、お門違い。
ここは、マンマリゾをワンコにすすめる場所、ワンコがハッピーであれば、
それでOK。

ただ、マンマリゾの苦手な子にとっては、楽しめる場所ではないかもね。

ここの店員さんは、ワンコに対してテンション高く接してくれるので、
人好きなワンコにとっては、ハッピーなこと間違いなし。

20090906_03.jpg

食いしん坊で人好きな海渡にとっては、天国のような場所。

20090906_04.jpg

食べてるのはイワシさん。

20090906_05.jpg

海渡の目線の先にはお姉さんしかありません。

周りには、チワワやダックスのお友達もいましたが、Out Of 眼中です。


20090906_06.jpg

またね。

ここの真向かいには、道の駅くるめがあります。
時間帯によっては、渋滞のメッカでしょうね。

福岡市内にもできないかな?
ワンコに対してフレンドリーな店員さんつきで・・。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

海渡と暮らすはるか前

1.jpg

セントラルパークにて

IMAGINE

2.jpg

ニューヨークの街には馬車もいました。
観光用かどうかは不明だけどね。

いちおう、五番街に向かう角のあたり。

3.jpg

ここは、オフ・ブロードウェイのあたり。

(日本で有名な「サイゴン」とか「オペラ座の怪人」などが演じられる
ブロドウェイとは違いますよ。)

オフ・ブロードウェイとは、ブロードウェイに上り詰める前の劇などが
演じられる所をいいます。

ちょうどここで、ブルーマン(Bule Man Group)のパフォーマンスをみた。
日本からの観光客も多かったね。
前列の人達はカッパが必須でね・・・。

英語がわかんないと、笑えないようなパフォーマンスだったけど、
今、日本でパフォーマンスしてるものは、英語がわからなくても
笑えるんじゃないかな・・。

4.jpg

ここは、ロックフェラーセンター前。
毎年クリスマスツリーが飾られる場所。

5.jpg

ここが、グラウンド・ゼロ。
9.11の現場となったワールドトレードセンタービル跡。

6.jpg

ここが、ダコタハウス前。

ジョン・レノンが住んでいた場所であり、この玄関前で殺されたのです。
1980.12.08

7.jpg

これは、ニューヨーク自然史博物館にある石碑。
テディーの愛称で親しまれたセオドア・ルーズベルト大統領の碑文。
展示内容は東京の比ではないよ。
ちょうど、ナイトミュージアムという映画の舞台になった場所。

現在、公開中のナイトミュージアム2は、舞台をスミソニアン博物館に移しています。

8.jpg

ニューヨークの摩天楼(スカイスクレイパー)

9.jpg

夜のタイムズスクエア

10.jpg

これも夜のタイムズスクエア。
決して、ラス・ベガスじゃないですよ。

11.jpg

エンパイヤーステイトビルからの夜景ですよ。
このときは、ガードマンから持ち物検査をされましたね。

Sleepless in Seattle(めぐり逢えたら)
1993年の映画でトム・ハンクスとメグ・ライアンが初めて出会う場所が
エンパイヤーステイトビルの展望台だったのです。

ほかにも、約3日?4日の滞在で、いろいろ行きました。
ハーレムにあるディズニーストアやら、木製エスカレータのあるメイシーズ(デパート)、
紀伊国屋ニューヨーク店、雑貨屋さんやらが集中するSOHO地区、
あといくつか、映画の舞台となった場所にいった。

写真はフィルムカメラのものをスキャナーで読み込んでるので、
多少懐かしい仕上がりです。

かーちゃんが行きたい場所、とーちゃんが行きたい場所の双方を
とりあえず行けたのでよかったよ。
ただし、とーちゃんは、帰国寸前まで時差ぼけ気味だったのです。

もし、こんど海外に行くチャンスがあるのなら・・・。

どこに行くかな?
あなたなら、どこがいいですか?
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

夏休みの日記ー3ー

行った場所は、「道の駅むなかた」です

http://miaregenkai.co.jp/


午前中から大渋滞でしたよ。
物産展は流行りなんかね?


20090800_aaa.jpg



20090800_ccc.jpg

11時過ぎくらいで、少しは風も吹いてはいたけれど・・・。
元気だね。

20090800_bbb.jpg

他にも、チワワちゃん、ダックスちゃんも来てました。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

夏休みの日記ー2ー

いってみました。

ピエトロが運営しているDOGCAFE。
http://www.pietro.co.jp/restaurants/rs_0128.asp


20090800_aa.jpg


20090800_bb.jpg



20090800_cc.jpg


20090800_dd.jpg


20090800_ee.jpg


20090800_ff.jpg


海渡が食べたのは、肉類がまったく入ってないものです。

穀類・豆類の多いものです。

もしも、日頃から食べ慣れていなければ、下痢気味だったり、
軟便になったりするかもしれませんが・・・。

1日、2日で普通は正常に戻りますので、安心を!
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。