他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2009年06月30日

お金の魔力


日本でも、何年か前にブームになった「金持ち父さん、貧乏父さん」の作者ローバト・キヨサキさん

そのロバートさんは、Yahooにコラムを持っていました。
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/090129_person4.html

日本語訳されてます。

お金持ちになるには、お金持ちになる方法を勉強しなきゃいけない。
その方法は、お金持ちにしかわからない。
つまり、超難関大学を卒業しても、教えてもらえない。

まず、お金の仕組みをしらなきゃいけない。
資本主義の仕組みをしらなきゃいけない。

でも、果たして、お金持ちが「幸せ」なのかは、わからない。

ある不動産屋さんが、雑誌のインタビューに答えていました。
お金儲けのコツは、「貧乏人から儲ける」ことだって。

貧乏パパが貧乏である所以は、お金の価値と物の価値を見る目がないからだと。

かりに、一戸建てを買って、念願のマイホームを!って夢見るとする。

1.郊外の庭付き一戸建て
2.都心の狭い中古物件

この二種類が思い当たる。

通勤通学の支障がなければ、郊外でもいいと思う。
むしろ、広いし環境もいいし・・・・。

そう貧乏パパのほとんどは、郊外の家を選択し、金持ちパパは都心の中古を選択する。

郊外の家のある地域の資産価値が、将来あがるかどうか?
これを、判断して金持ちパパは、都心の中古を選ぶのだ。

つまり、貧乏なのに、将来、値上がりするかしないかわからない、郊外の物件で博打をしている。

この不動産屋さんの意見は、とっても当然のことに思える。

郊外の物件は、むしろ金持ちが別荘などの用途として取得するには、OKだろうし、
リタイヤした人達が、自給自足だって住むのには、いいだろうが、現役世代の貧乏パパには、
お勧めできない。

土地の価値は、周りが住宅ばっかりだと上昇しない。
そこに、商業施設がやってきて上昇するものなのです。
だから、都心の地価は、いつまでたっても、郊外の地価よりも高いのです。

やはり、都心の中古か都心の賃貸にすべきだろ。

麻生さんは、経済再生のために、定額給付金をばらまきました。
これは、賛否あれど、減税よりは効果が高いといわれています。

資本主義は、お金が回らないといけない。
回転寿司のように、新鮮なお金がまわらなきゃいけない。
停滞しちゃいけない。

停滞しちゃいけない?
そう、預貯金されると、停滞するんです。
だから、地球温暖化でも何でもいいから、お金を使ってもらえるように煽動する。

でも、経済は成長と停滞を常に繰り返す。
誰かが、お金を貯めだす。貯めだす人が多いと、経済は停滞する。

じゃ、もし、日本円というお金に有効期限があったり、マイナス利子なんて発想をするとどう?

平成●●年に刷られたお金は、2年間有効ですとか、1年たつと、価値が90%になりますとか・・・。
そうすると、お金を貯金するという発想はなくなり、お金は常に市場を回る。

この、マイナス利子や有効期限という発想は、シルビオ・ゲゼルによってされました。
http://www3.plala.or.jp/mig/gesell/biography-jp.html

もともとは、物々交換だった経済。
そこに、利便性を追求して「お金」が登場する。
そう、お金さえあれば、なんでも買える。
マネー至上主義の誕生。

その「お金」に利子という概念をつけることで、経済は成長しないといけない運命を背負った。
そのためには、未開の地、未開の地へと植民地を増やす必要もあった。

この現状を痛烈に皮肉ったのが、映画ネバーエンディングストーリーの原作者として有名になった
ミヒャエル・エンデである。

彼は、映画の内容と原作の乖離のすごさに、抗議をしたそうですが・・・。
また、実際には、黒澤明に映画化してほしかったということだったそうですが・・。

そんなエンデが残したメッセージが、1999年5月にNHKで放映されたそうです。
そして、その内容が2000年に書籍化されました。

http://www.amazon.co.jp/エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」-河邑-厚徳/dp/4140804963

この「エデンの遺言」の中に、今の格差社会、政治腐敗などなどの根源がかくれているのかも
しれません。


・・・ってこんなことを書くと、左?ですかってなるだろうが、
本来、人が生き物が幸せになるのに、左だの右だのイデオロギーは関係ないはずなのに。

もっと、八百万の神に触れ、自然に感謝して、のんびり生きていきたいね。

きっと、こんなメッセージが、宮崎アニメにはあるのじゃないか?
そんなメッセージが、息子のアニメからは感じられなかったから、再度ペンをとったのじゃないかな。

養老先生や梅原先生、宮崎さんは、八百万の神信仰というか、多神教優越主義と分類される
そうですが・・・。

日本人って基本的に多神教なのです。
お葬式は仏式。
結婚式はクリスチャン、神道。
七五三は神道
初詣は神道
クリスマスは、クリスチャン

こんな感じの人が多いはず。

いつのまにか、価値の多様性、周囲の変化にたえる心、善悪二言論に陥らない心を
忘れちゃったのかな・・・。

けれども、現実は、資本主義でマネー主義。
ならば、国民も合理的選択論のもと、自己利益を追求しなきゃ、
資本家や一部の特権階級の下僕でしかなくなるのかな・・・。

そして、お互いが自己利益を追求し、一歩も引けなくなると・・・。
歴史は繰り返す・・・・・。

ps.

いま、世界で高校生などの学力を比較するようなテストをしてますね。
日本は、参加国のなかで読解力やコミュニケーション能力などが低いそうです。
数学などもだんだん低くなってるそうです。

一方、北欧の国フィンランドでは、年々上昇中だとか・・・。
いろいろあるのですが、そのキーワードは、「反復練習」と「競争しない」と「見える化」とです。

http://www.amazon.co.jp/図解-フィンランド・メソッド入門-北川-達夫/dp/4766783476



posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

いやー笑うしかない


カナダではじまった変わったニュース番組(ネットOnly)。

そのカナダではじまったニュース番組が、いろんな国でも開始され、
たまたま韓国ではじまったという産経新聞のニュースをみて、
へぇーとおもっていたら、日本でもやってるじゃん。

いやー、ここまでニュースショーになっちゃうと、ある意味いいかもね。
あとから、自分で調べようって気になるだろうし・・・。

取り扱うニュース内容は、いたって真面目です。
サブプライム問題あり、ソマリア海賊問題あり、普通のニュース番組と同じ。

あるところを除いては・・・。

nakednews
nakedですよ、英語の解る人はわかるっすね。

さすが、商魂たくましー。
日本でのサービス開始は、2007年?2008年?だそうです。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

タバコの害?

データの見方?

喫煙開始年齢にみたガンでの死亡者数

2003年公表の国立がんセンターの資料によると、
19歳までに吸い始めると、肺がんで死ぬのは、10万人のうちの137.6人。
肺がんに限定しなくても、609.0人

つまり、肺がんで死ぬ割合は、約0.2%弱。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/backnumber/odjrh3000000h32y-att/data14.pdf

では、2008年の公開資料によると

統計手法がかわっていますので、一概に比較はできませんが・・・。

こちらの資料によると、「非喫煙者よりも喫煙者のほうが、6倍強、肺がんになりやすい。」
という結果を出しています。

http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/backnumber/odjrh3000000vdf1-att/date12.pdf

しかし、禁煙ブームは、2003年以前よりも、2003年以降のほうが強かったはずですので、
2003年に公表された数字よりも悪化は少ないはずです(極端に喫煙者が増えていない)。

一方の資料は、喫煙者で肺がんで死ぬのは約0.2%となり、
もう一方は、喫煙者は非喫煙者よりも肺がんに6倍強なりやすい、となり、

死への恐怖感を知ってもらうことから、病気になるよって危機感を煽っていますが、
若干トーンダウンです。

でも、数字だけをみると、0.2%が6倍(600%)と強化されます。

なんだかトリッキーですね。

では、タバコの販売は誰がしているのか?
日本たばこ産業株式会社(JT)は、もとは国営である専売公社でした。

昔は、政府がタバコを売っていました。
1985年4月1日に専売公社は解体され、事業を完全に引き継ぐかたちで、
JTに民営化されました。

でも、JTの50%の株式を保有しているのは、財務省です(政府です)。
つまり、今も半分国営ですね。

日本でいつ頃から、禁煙、分煙運動が本格化したか覚えていませんが、
なにやら、政治的意図が隠れてる気がします。

とーちゃんは、タバコ嫌いだから、今の状況は大歓迎です。
でも、情報を読み解くという意味では、ちょうどいいので、タバコを題材にしています。

以下は、とーちゃんの空想です。

ガンになるのであれば、アルコール(お酒)のとり過ぎも原因なはずです。
でも、お酒を飲んで、他人に不快感を与えるケースは少ないですね。
タバコなら、周りの人が煙を嫌がる、不快に思うなんてありますね。
また、お酒には「酒は百薬の長」なんて諺がありますね。

また、お酒には酒税、タバコにはタバコ税がありますね。

お酒にからむ企業は、日本酒メーカー、洋酒メーカー、ビールメーカーなどなどたくさん。
タバコはJTのみ。

もしも、アルコールはガンになるから、イカン。
とかってなると、いろんなメーカーさんの合意をとらないといけない。
でも、タバコはJTだけ。

また、アルコールで不快感を感じるのは、ごく少数。
まぁー、酔っ払いに絡まれたら、おまわりさんにお願いできるしね。
でも、タバコの煙には、不快感を感じるからといって、おまわりさんにはお願いできない。
つまり、不快に思う人達は、ムカムカ状態をがまんしている。

一方、ガンの恐怖を煽ると、医療界が喜ぶかもしれませんね。
「そんなんしてると、ガンになってるかもだから、検診うけなさい」ってね。
医療界は、ガンの原因がタバコだろうがアルコールだろうが、どちらでもOK。

でもって、都合のいい事に、アルコールもタバコも嗜好品である。
つまり、嗜まない人もいるということは、悪者にしても、反発が少ない。

ならば、利害調整コストの安価な、タバコを悪者にしよう!
医療界は、検診代金が定期的に入るかなぁ・・・(皮算用)。
アルコール業界は、今回は悪者じゃなくてよかった(安堵)
JTは、なぜ?(理解に苦しむふりをする)

タバコを悪者にしても、タバコは嗜好品であるし、止められない人は一定数いるはず。
また、ストレス発散のひとつとして定着してるので、止める人は多くないはず。
と、JTは皮算用したかもしれない。

でも、一番大きいのは、大株主が財務省であるということ。
国税庁を管理する立場の財務省が親分であるという事実。

もしも、タバコを悪者にしたら、増税したいが出来ないときに、
タバコ税をあげることには、世論の反発は少ないかもしれない。
税金が増えるとは、財務省の懐が潤う(よからぬ人はピンハネするでしょうけど)。

そして、大事なことは、タバコ税は消費者が負担するということ。
たとえば、300円のタバコが増税で400円になったとしても、困るのは
消費者のみ。

いまどき、納税や(JT-お店間)代金支払いを現金受け渡しなんてしません。
物騒ですし、大金ですから。
すると、振込みなどをしますね。
そこには、振込みにかかわる手数料が発生します。
300円での手数料よりも400円での手数料のほうが多いかもしれませんね。

っていうことは、何気に金融機関も笑みがこぼれる?

このような国内の利害関係の離合集散がありながら、
海外では、タバコが悪であるということが定説だという
情報による外圧を持ち込むことによって、外圧によわい日本人を
煽動する。

よく考えてみてよ、煙がすごいのは、タバコでなくて車じゃないの?
車の排ガスでも肺がんになりそうだよね。

でも、車は悪者にならなかった。

解剖学者である、養老さんは、「タバコを悪者にするのは、ファシズムだ。」と
2007年に雑誌でいいました。
禁煙団体からクレームがあっても、無視してるそうです。

最近の書籍でも、元上智大学教授の渡辺さんとの対談の中でも、
「タバコ悪者論は、けしからん」といってましたね。

禁煙団体は、純粋にタバコ嫌いな人から、この利権構造にしがみついてる人まで
幅広い人によって構成されてるのかもしれませんね。

たぶん、タスポ?未成年に買わせないために始めたけれど、本当の狙いは、別なとこかもね。
タスポの導入で、自販機の利用が減り、コンビにやスーパーでの箱買いが目立っていますよね。

箱買いが増えると、手元にタバコが多くあるようにみえるから、案に喫煙率がふえませんか?
従来よりも、タバコの売上げもアップしたりして・・・。
喫煙率が増えると、ガンへの恐怖から、検診へ。

一部には、タスポは、国民総背番号制への布石では?とも・・。
住民基本台帳ネットワークの住基カード同様に。

ゆくゆくは、そのようなカードに、個人の預貯金残高やら犯罪歴、病歴、なんもかんもが登録されて、
いい方向に動けば、有事の際の避難指示に役立つだろうし、ケガのときの応急処置などがスピーディー。
また、悪い方向に動けば、監視され、融資をうけたくても融資うけれなかったり、結婚したくても出来なかったり・・・・・。

・・・・・
この疑問の発端は、
医者でタバコを止める人が少ないこと。
(いくら、ストレスが多いとはいえ、ガンになるかもしれないとわかっていて、
吸い続けますかね・・・。)

タバコの害がすごいなら、明治のころから肺ガンなどになってる人が
増加しつづけているはずだと思ったこと。

ちょっと、マスコミ報道を鵜呑みにできなくなった自分がいる現実。

科学的には正しく示された統計結果を、どのように料理するかが、
実は大事なんですよね。
数学(統計処理)は、ある意味、魔法ですからね。

そういえば、今回の金融破たん劇も高度な数学を駆使した金融工学の負の面でしたね。

まぁ、タバコに関しては、タバコ嫌いなとーちゃんは、もっと禁煙、分煙がすすんで欲しいね。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

頭の体操

郵政民営化問題で、「また、ハゲタカにもって行かれるのか・・・・」という論調のものもありますね。

たとえば、東京新聞(2009.06.13)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2009061302000093.html

三井住友銀行の頭取だった、西川さんが日本郵政のトップにつくと、なぜ外資に繋がるのか?

西川さんは、住友銀行の頭取時代に、三井(旧さくら銀行)と合併したあとも頭取を続けています。
つまり、住友色がつよいわけです。
そんな住友銀行は、ゴールドマンサックスとの付き合いが古い。

現在は、三井住友の優先株の多くをゴールドマンサックスが持ってるそうです。

さて、そんなゴールドマンサックスさんは、対中国投資に熱心でいらっしゃいます。
中国の大学では、金融に関する講座を設けたりもしています。
アメリカからの中国向け投資の大半がゴールドマンサックスからみではといわれています。

また、アメリカの金融破たん劇で軽症なのが、ゴールドマンサックス。
毎日新聞(2009.06.17):大手で初の公的資金の返済
http://mainichi.jp/select/world/news/20090617dde007020058000c.html

さらに、9.11テロで崩壊したワールドトレードセンタービルの跡地に、
期限内にビルがたたないなら、ニューヨークはゴールドマンサックスにお金を支払う必要がある。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=aMh5DTaFshNY&refer=jp_news_index

おまけに、ゴールドマンサックス出身の人物が、最近ではアメリカ政府の要職につくことも
ちらほら・・・・。

アメリカの金融界は、ゴールドマンサックスの一人勝ちの状態。

もしも、鳩山さんの西川解任要求をのむと、世界経済の勝ち組になれないという危機感が
働いて、西川続投とあいなった可能性もありますね・・・。

もちろん、あそこまで鳩山さんが強気だったのは、
西川さんの代わりに、引き受けてくれそうな人がいそうだという目論見があったからで・・。

毎日新聞(2009.06.13):読売新聞のナベツネさんが、西室東京証券取引所会長でいこう!
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090613k0000m010137000c.html

この西室さん、東芝の会長まで勤め上げ、他の会社の社外取締役をこなし、
世界経営者会議(日米経済協議会)のメンバーを務めたこともある人物。

ところが、この西室さんは、シティーバンクとのお付き合いが親密という噂。

(郵政公社時代には、郵貯とシティーバンクの共用カードがあった。
でも、民営化しばらくして、次回の更新はありませんとなった。
とーちゃんの持ってるカードがそれだから。)

シティーバンクは、アメリカ金融界では現在、負け組みです。

そして、おもしろいことに、シティーバンクのオーナーは、90歳を超える、ディビット・ロックフェラー
(共和党:ロックフェラー家4代目だが、嫡流じゃない)
ゴールドマンサックスのオーナーは、70歳を超える、ジョン・ロックフェラー4世(民主党:ロックフェラー家の嫡流)

噂では、3代目ロックフェラーの引退のときに、ロックフェラー4世は40歳を超えていて、
4代目を継げるはずだったのに、デイビット(現在の当主)にもっていかれたそうで、
そのお家騒動が、アメリカ政界を巻き込んで、すったもんだしたという話も、まことしやかに
ながれています。
おそらく、世界には、このお家騒動に便乗した人達もいたんじゃないでしょうかね。
それとも、お家騒動に巻き込まれた不運なロックフェラー家だったのか?
それとも、お家騒動を演出していて、目標はひとつという壮大な家族ドラマなんだろうか?

・・・・・ロックフェラー家・・・・

ロックフェラー1世:スタンダードオイル創業者(いまのエクソンやモービル石油)
ロックフェラー2世
 長男:ロックフェラー3世
 次男:ネルソン(アメリカ元副大統領、元ニューヨーク州知事、元べクテル社オーナー)
 三男:ローレンス(元ダグラス社オーナー)
 四男:ウインスロップ(元アーカンソー州知事)
 五男:デイビット(ロックフェラー家 現当主、シティーバンクのオーナー、共和党)

ロックフェラー4世(3世の長男、ゴールドマンサックスのオーナー、民主党)

オーナーとは、社長や会長でなく、文字通り所有者っていう意味です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そっか、それでだね。
シティーバンクが持っていた日興コーディアル証券関連を三菱UFJでなく、
三井住友にわたったのは・・。
なるほどね。

おそらく、今回の郵政民営化問題で、西川さん続投は、正解なのでしょう。
でも、郵政民営化に問題が残っているのは事実。

その手術は、やがてしなきゃいけないでしょう・・。

西川さんも、きっと、「本当は・・・・」って辞めてしゃべりたかったのかもね。
西室さんも、火中の栗を拾うのは、イヤだったのでしょうね。

この世界は陰陽(表裏)です。

今日の敵が明日の味方になるかもしれません。

世の中には、なんだか慈善的で、みんながスゴイーって思うことにも、
裏にはカラクリがあるものです。

表裏一体が世の常です。
陰陽の世界です。

・・
旧郵政省(総務省)VS旧大蔵省(財務省)の利権争いが露呈ですね。

鳩山さんの西川責任追及論争だけなら、悪役を民間企業だけにできたものを・・。

与謝野 財務大臣の迂回献金問題をリークしたような感のある旧郵政省のお役人さん、
鳩山さんを旧大蔵省のお役人さんに切られた復讐でしょうか?

ここに、民主党が調子乗って、深入りして、郵政民営化を追求しだすと、
旧郵政省の思うツボ、選挙後に第一党になったあとの政権運営で、民主党は
旧郵政に頭があがらなくなる可能性が大。

そんなことになったら、なんのために政権交代したかわからない。

政権交代は、自民党から政権を奪う意味合いよりも、霞ヶ関から永田町へ政治の主導権を
うつすこと。
ところが、霞ヶ関のみなさんも、政治家を懐柔しているので、そこで安穏としてる政治家が、
自民党には増えすぎた、だからこその政権交代。

公務員を国民は選べない。
でも、政治家を国民は選べる。
政治家の手足となって動くはずの公務員が、政治家を操るのは、本末転倒じゃなかろうか・・・。


posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

温暖化説と資本主義


あの有名な哲学者にして経済学者であるカール・マルクスは
「高度に発展した資本主義の先に共産主義は開花する」のようなことをいいました。

だから、ソ連が崩壊したときに、日本共産党の幹部のかたは、
「似非共産主義が崩壊しただけ」というような主旨のことをいったのね。

(ソ連は、ロマノフ王朝による封建体制を打破して、資本主義を経ずに、
共産化しちゃいましたからね)

世の中は、深いですね。

資本主義の原動力は、商品やサービスの提供に対して、それにお金を払って商品や
サービスの恩恵を受けることによって、お金が世界をまわることです。

でもなぜか、お金はお金もちに集まる傾向にある。
あら不思議ね。
お金に磁石でもついてるのでしょうかね。

ところで、自分達の生活の周りをみたときに、
テレビはある。
車もある。
冷蔵庫ある、エアコンある、家もある・・・。

特に不自由はない。

こんな状況下で、商品やサービスを提供することを考えるのは、とっても厳しい。

新車の発売です、内装は今までに比べて、ゴージャスに、カーナビもついてます。
お値段は●●円です。

といわれても、「オレは迷子にならないから、カーナビいらないし、内装なんか、
ゴージャスでなくてもいいよ、走れば・・・」と思う人が多いと新車は売れません。

ところが、温暖化ブームに便乗するとどうでしょう。

新車の発売です、今までよりも炭酸ガスの排出をおさえて、地球環境に優しい仕様です。
お値段は●●円です。

人間は、世の中で「正義」とされているものには、従う習性があります。

じゃ、商売人(資本家)は、世論が「地球温暖化を阻止する」というのが正義だという風潮を
つくりたい。

これは、自動車しかり家電しかり、ネット業界しかり金融業界しかり。
経済発展した国々では、故障するまでは買い換えない風潮になります。
これでは、経済はまわりません。(資本家の儲けがでません)

だから、地球温暖化ブームに便乗したい資本家は、マスコミに広告をのせます。
広告収入で成り立つマスコミは、地球温暖化ブームを煽ります。
もちろん、マスコミにはマスコミ独自の意思もありますよ。

情勢分析のできる人は、メリットがあれば承諾し、メリットがなければ無視します。
情勢分析の弱い人は、マスコミを信じます。

(これと似たような状況を、小泉さんは演出し、選挙で大勝し、郵政民営化をしました)

じゃ、政治家は、資本家の肩をもって地球温暖化ブームを後押ししているのか?

これは、たぶん、YESでもありNOでもあるでしょう。

政治的には、地球温暖化ブームというのは、発展途上国の発展を抑制し、先進国の地位
脅かさないようにするための意図がありました。
(途上国の発展を抑制なんて、資本家の儲けをそぐようなことは、資本家は本来のめません)

アメリカは、「途上国のメンバーが参加できるような仕組みを考えないと、
賛同しない」といいました。

ここで、国際政治では綱引きがありました。

そこで「炭酸ガスの排出量取引」という仕掛けを考案します。
つまり、先進国が排出する炭酸ガス量のうち、基準値以上は、炭酸ガスの排出の少ない
途上国にお金を払って引き取ってもらう。

途上国には、お金が入りますので、それを元に経済発展できます。
資本家はそのお金が自分の懐に還流して、途上国の経済発展を支援できます。
その支援の方法は、直接的なものから、●●支援団体のようなものを含めて。
このくらい商魂たくましくないと、世界でビジネスできないのでしょうね。

じゃ、最初から「排出量取引」込みの地球温暖化ブームを煽動すればいいのではないかという
不思議さがあります。

そう、確かに、この排出量取引は、先進国が従来のままでも、途上国に押し付けて、
炭酸ガスの排出量の削減になるのか・・って議論もありました。


ここが、国際政治、国際経済の不思議なところです。

ようは、いろんな利害をもった人達が、離合集散して談合して、国際世論を形成していく。
日本の土建業界の専売特許じゃないのですよ、談合は・・・・。
その談合で、国益、国民の利益を創出できるのであれば、多いに結構なんですがね。

とーちゃんは地球温暖化を否定はしてるわけじゃないです。
確かに、そのような兆候はあるかもしれません。
でも、「地球温暖化の犯人=炭酸ガス」とは、断定できないと思いますよ。

地球だって生きている。
温暖化もすれば、寒冷化もする。
でもね、温暖化することで、息づく生命もいれば、
寒冷化で息づく生命がいることも真なのです。

地球は人間さんだけのものじゃないんですよ。

2009.06.22
東京大学、オックスフォード大学、フランス地球科学研究所のグループによる最新論文によると、
タヒチ沖の氷層を分析したところ、従来に支持されていた「地球温暖化の犯人=炭酸ガス」は、
より、「なんらかの要因で氷が解けることで、炭酸ガス濃度が上昇する」という説のほうが
有力と公表


詳しくは
http://www.ori.u-tokyo.ac.jp/event/j/news20090609.html

また、2009.06.22の日経新聞にも解りやすく書いてあるそうです。

地球温暖化の主犯は炭酸ガスではない可能性が大きい

いやー、地球温暖化便乗商法もそろそろ終焉でしょうかね。
でも、もう炭酸ガス排出量取引はスタートしちゃってるね。
(日本は各企業さんの自主参加のようですが・・・)

たぶん、原発推進派と石油・石炭などの化石燃料維持派の綱引きに、
いろんな利害関係者が、離合集散してたんでしょうね。

次のビジネスは、「自宅発電+売電」をもくろむグループの活躍でしょうか?
補助金をだして、自宅発電をしてもらい、あまった余剰電力は電力会社が買いますよ。って
甘いお誘い。
宮崎なんかはやってますね。
でも、宮崎は、日照時間が日本一長いので、メリットを享受できる住民も
いるでしょうが・・・。
他県では、どうでしょうね・・・。

さて、このビジネスにあなたは賛同したほうが、得?、それとも損?

そういえば、新日本石油さんは、エネゴリくんが、エネファームなんていうのを宣伝してますね。
http://www.eneos.co.jp/lande/product/fuelcell/index.html

そういえば、九州電力さん、太陽光発電事業に参入するそうですね。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/103543

気が付いたら、二酸化炭素に税金がかかってるってことかな、この現状は・・・。
これが、目標だったのかな?


あのマイケル・ムーア監督の次回作は、なぜ、サブプライムがはじけたか?
なぜ、アメリカ経済は破綻しかかっているのか。というものだそうです。

http://www.huffingtonpost.com/2009/05/21/michael-moores-financial-_n_206562.html

(お金持ちは、今の富だけでは、満足できなかった・・・・・。)

皮肉にも、不景気真っ只中のアメリカでは、兵隊さんになる人が増えているとか・・・。

ニューヨークタイムズ(2009.06.17)
http://www.nytimes.com/2009/06/18/us/18recruit.html?_r=1

国際政治の綱引き、アメリカ内部の綱引き、いろんな要素が絡み合って、
よからぬ方向に転がらないでね・・・・。

仮に、転がる方向が優勢なのであれば、こっちでなくて、あっちになるようにするのが、
日本の国益には適うでしょうね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

手作り食と情報

いやー、テレビや新聞、雑誌、ネットでは、多くの情報が飛び交っています。

最近、テレビをみないので、何が露出されてるのかわかりませんけど・・・。

たとえ、NHKでも民放でも大きな新聞でも、情報を鵜呑みにするとヤバイことになります。

もちろん、鵜呑みにしても軽症ですむことがが、多いでしょうが・・・、
情報を自分で精査するという力を日頃からしておかないと、
急にはできませんよ。

トヨタのプリウスって一ヶ月まちになるほどの人気らしいですね。
さすが、トヨタ!さすが三井!
(トヨタの海外戦略を手伝うほどに、三井物産とトヨタは親しいです。
おまけに、トヨタ傘下のあいおい損保に損保ジャパンと三井住友海上の統合も
いわれていますし・・・・)

なぜプリウスが人気なのか?

1.エコ減税だから。エコだから。
2.どうせ買い替えだから、エコでしょ。
3.車はトヨタだろ
4.今後、ガソリン高騰したらイヤだし

まぁー、このあたりでしょうか。

でも、車を作るときにもエネルギーは消費されるんですよね。

だから、むしろ車に乗らずに、歩く。
公共交通機関を利用するってほうがエコなんですよね。

まぁー、いいとして、ではヨーロッパ、特に環境先進国といわれる
ドイツはどうか?

ドイツは、近い将来に原発は停止することがきまっているので、
石油や石炭を主力として発電しつつ炭酸ガスの排出をおさえる必要があるために、
プリウスの延長線上に考えられている電気自動車は、意味をなさないのです。
充電するごとに、発電所から炭酸ガスがでますからね。

そのため、長年、ドイツでは軽油(ディーゼル)エンジンを使って、なおかつ
炭酸ガスの排出をおさえる技術を開発研究しています。

おそらく、ディーゼルエンジンで炭酸ガス排出を抑制するタイプの車のほうが、
電気自動車より安価だとおもうのですよね。
新たに、電気スタンドの設置をせずにすむし・・・。

現在、三菱自動車の電気自動車:http://www.ev-life.com/
が注目はされていますが・・・・。
さて、どうなるでしょうね。

一方で、三菱重工はイギリス、オーストラリア、ドイツ、アメリカなどにある火力発電所で、
炭酸ガスの排出を減らす実験などを行うようです。
http://www.mhi.co.jp/news/story/0906184825.html

この技術は関西電力との共同開発だそうですが、これがOKで、
石炭や石油などの確保が上手くいくのであれば、廃棄に困る核廃棄物を
だす原発でなく、火力発電のほうが、いいように思えますね。

日本も、そろそろ独自外交で中東なり中国なりロシアなり南米なりから、
石油やら石炭やらを輸入する戦略をたてて、おっかない原発はやめませんかね?

火力発電所の事故は、大火事ですむけど、原発事故は放射能漏れなんていう
うれしくないオマケがついてる。

もちろん、いろいろあって、原発拒否とはいかない諸事情はあるんでしょうが・・・。

そもそも、エコのスタートになる地球温暖化の話のまえは、
地球は寒冷に向かっているという説でした。

1970年代までの学説は「地球寒冷化」
1970年代以降の学説は「地球温暖化」
さて、「地球温暖化」が学会で騒がれるころから、国際政治の舞台で「地球温暖化」が話題にのぼります。

人間にとっては、寒冷化も困ると思うんですよね。
今、作物のとれてる地域が、氷に覆われるかもしれないんですよ・・。

でも、寒冷化説のときは、政治家は動かない。
温暖化説がでるころに、政治家が動き出す。

この不思議さが、陰謀説、利権説などなどのウワサを払拭できないんですよね。

温暖化説の拠り所は、スーパーコンピュータによるシュミレーション結果です。
実は、このシュミレーションが怪しいと思っているのです。

科学実験などをやったことのある人なら理解できるはずです。
シュミレーションというのは、複雑性を排除して単純なモデルで計算をさせるものです。
この単純さというのは、コンピュータの処理能力によりますので、
人間が想像するよりは複雑なものを計算対象にします。

つまり、モデルを単純化している(科学の世界では、これを理想化といったりします)
ということは、平均的に将来は、●●な感じだと思われますという帰結になります。
そして、その●●をかもし出す要因のひとつが炭酸ガスでしょう・・と。

「一週間先の天気予報があたらないのに、将来の気候なんてわかるの?」
という疑問に地球環境センターの人が答えています。
http://www-cger.nies.go.jp/qa/1/1-1/qa_1-1-j.html
http://www-cger.nies.go.jp/qa/25/25-1/qa_25-1-j.html
http://www-cger.nies.go.jp/qa/4/4-1/qa_4-1-j.html

よく読むと、炭酸ガスが悪者とは書いてません。
悪者の一つと書いてあります。

実は、科学はとっても文言に拘る学問なのです。

「●●です。」と「●●のようです」や「●●の可能性があります。」は違うのです。

しかし、それは確信犯的にしろ、そうでないにしろ、「●●のようです」を「●●です」と省略
してしまう学者さんもいます。

そして、メディアや政治家の口からでるときには、炭酸ガスだけが犯人になっている。

まるで、「手作り食を与えたら、栄養バランスを崩して病気になる」と息巻く、
立派過ぎる飼い主さんや立派過ぎる獣医さんのようですね。

手作り食(加熱も生も)については、ドイツ在住の方がブログで、
50歳を超える老齢な獣医さんは、手作り食に寛大。
また、旧東ドイツにいる獣医さんも手作り食に寛大。
でも、最近は・・・・。

おや?

民主的なはずの旧西ドイツでは、手作り食に寛大な獣医さんが少ない?

それとも、昔の共産圏と資本主義経済圏では、獣医学の教科書に書かれている内容が
ちがったの?
それとも、20年前くらいを堺に獣医学に変化がおきたの?
それも、西側だけ。

不思議ですね・・・。(西側諸国はカリカリこそスバラシイというブームがおきたが、東側はおきなかった。
でも、イヌは生きていた。)


鳩山前総務大臣は、問題発言も多かったけれど、なかなか本音もだすとこがあったようです。

まだ、法務大臣だったころに、
わたしの友人の友人がアルカイダ」と記者クラブで発言しました。

多くの人は、バカじゃないのと思ってしまうほど、呆れてしまう発言で、
大臣なんか任されないと思います。

でも、現実は、太古の御世より、「敵の敵は味方」といわれるように、
本音(真相)をもらしたんじゃないかと思います。
(別に、鳩山さんがアルカイダの関係者ってことじゃないですよ)

あんがい、問題発言のなかに、真相が隠れてるかもしれませんね。

だから、「あの発言はなんだ」といわれ、
「謝罪をしたり、強がったり・・・」
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

マイクロチップの恩恵?

日本では、遅々としてすすまないマイクロチップ。

とーちゃんは、諸事情でさせませんが・・・・。


しかし、マイクロチップをしてたことで、2年後に愛猫に再開できるというミラクルもあるのです。

これは、イギリスでのお話。

詳しくは

日本国内に果たして、どれほどのリーダー(読み取り機)が設置されているのか?

鑑札をつけていても、係員に吠え掛かるような犬の場合は、鑑札確認が容易でないことから、
確認しないといった話を風の便りに聞いたことがある。

マイクロチップの規格も複数あるようで、全規格のものを読み取れる機械を設置してる自治体も
ごく一部だとか・・・。

マイクロチップの普及よりも、欧米にみられる動物虐待防止協会のような機関と保護シェルターの
充実のほうが先だ。
あとは、やはり、避妊・去勢の徹底で不幸になるかもしれない子を増やさないことだ。

とーちゃんは基本的にマイクロチップに関しては懐疑的なのだ。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

現代版アマラとカマラ?

むかし、アマラとカマラという狼に育てられたという少女の話がありました。

一部には作り話のような部分もあるそうですが・・・。

こんなことは、昔話と思っていたら、現代にもありました。

ロシアでのお話ですが、母親はいない様子。
父親は前科もちで極力、外界との接触をこばむような生活をしていた家族のお話。

同居していた、祖父母も育児にはノータッチだった様子で、ペットとして飼っていた犬や猫と
一緒にいることが多かった少女ナターシャ(2歳or3歳)。

発見されたときの行動は、犬や猫のようだったそうです。

現在は、児童保護局の管理下のもとでナターシャのケアプログラムが始動しているそうです。

詳しくは

なんともねぇ・・・・・。

でも、これで皮肉にもわかることは、子供は親というか接触頻度の高い生き物の行動様式を
模倣するということ。

もしも、母親が、「テレビばっかりみるな」といったところで、
自分がテレビばっかり見ているのなら、子供にとっては、??がいっぱいで、
この親は信じるに値するのかといった疑問を思わせるかもしれないってことかもよ。

まずは、自分にできないことは、子供に注意しないことだ。
注意するなら、上手にしないとマズイのかもよ・・・・。


posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

ドラえもんがやってくれた?

「どらえもん」がポケットからだしてくれそうな商品です。

その名もどこでもドアでなくて、

どこでもドッグラン


これで、小型犬なら公園でお友達とRunRun可能!?

詳しくは、

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

金の切れ目が縁の切れ目

「金の切れ目が縁の切れ目」とはよくいったもの。

世界を襲ったサブプライム問題、いまもその影響をひきずっています。

クライスラーも破産
GMも破産申請したが、なかなか先にすすめず。

もちろん、解雇された人も多いでしょう。
そんな人たちの中には、ペットを飼っている人もいるでしょ。

やはり、あったのですね。
ペットの遺棄。


2009.02には、アメリカやイギリスの動物虐待防止協会では、例年以上にシェルターに連れてこられるペットが多いと発表している。

もちろん、飼い主が食うに困っているのだから、彼らに養われるペット達の運命は、悲しいもんだろう。
まだ、里親探しをする飼い主はマシなほう。
シェルターに連れて行く人も、社会道徳上はマシなほう。
しかし、遺棄はまずい。

でもね、対岸の火事とは笑っていられない日本。

昔は、総中流といわれていたが、今では格差社会。
富める者はさらに富、貧しいものはさらに貧しく。
資本主義社会の宿命というか、アメリカ型資本主義の宿命というか、・・・・。

やはり、今後は、ショップで買うときも、ブリーダーで買うときも、保護施設から譲り受けるときも、
「あなたの資産査定をして、一生、養育していけるかみます」といった調査も必要かもしれないね。

もし、この遺棄がペットでなく、子供だったら、間違いなく大問題となり、
社会を巻き込んでの論争になるだろうに・・・。

人間とは、実に恐ろしい生き物か。

ps.
恐ろしいといえば・・・・
アメリカも中国も、少し北朝鮮に圧力をかけすぎでないですか?

まさかね、まさかね、やらないよね。
日本の一部には、特需の再来?とホクソエム人達もいるとかいないとか・・・。

実に、表があれば裏がある。陰陽ですね。

もしも、やっちゃっても、今まで築いた富がパーになっても、
復興支援という形で倍の倍になって返ってくるというのだから・・・。

おそらく、北朝鮮には正しい情報やら、間違った情報やら、ワザと偽の情報などが
伝わってるだろうし・・。
アメリカ・イギリス・ロシア・中国の覇権を狙う人達は、何を考えてるんでしょうね。

日本の国益を考えた場合、このパワーゲームのなかで、誰と組するのが得なのか?

表向きは、G20でなくG2(アメリカと中国)が世界を引っ張るといわれている。
果たして、実際は、どんな世界地図を描いているのだろか?

もしも、やっちゃったら、新しい冷戦構造ができちゃうのか?

posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ホタル来い

2009.06ホタルな日

200906aa_01.jpg

今日は、なんですか?
ボクはお昼寝してますので、ボクの食料をよろしくね。


200906aa_02.jpg

なってますね。
ミニトマトさん。
これが赤〜くなるんですね。


200906aa_03.jpg

こちら琉球アサガオさん。

今回の日除けになるべく、栽培されてるのです。
ネットにそってグイグイのびて、日除けになってね。

梅雨があけて、本格的な夏の日には・・・。
きっと、緑のカーテンになってて欲しいね。


200906aa_04.jpg

この光ってるのが、ホタルさん。

福岡市内から車でちょいと行った場所。

たまたま、近くに飛んできてくれたホタルさん、思ったよりも
大きかったホタルさん。

このまま、見物客も少なく、環境も保護されてれば、しばらくは楽しませてもらえるね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ひどい話だぜ

昨今のペットブームにのっかって、ペットを火葬するサービスも過熱気味。

なかには、悪徳業者もいるそうな。

もと関係者の人曰く
「ペットを亡くした悲しみで正常な判断のできないところが狙い目」だそうです。

詳しくは

みなさんも気をつけよう!


posted by kaito at 16:17 | 福岡 ☔ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

やっぱり雨だね

2009.05どんたくな日

たいてい、どんたくの日は毎年、雨模様。

なぜだろね?

というか、どんたく見物に、毎年100万人近く訪れることが不思議。

200905gw_01.jpg


200905gw_02.jpg

雨なのに連れ出されたボク。
歩かせてもらえないのに・・・。

なぜ?
いいことあるのか?

200905gw_03.jpg

この方、現在の福岡市長さん。
福岡発の民間人市長かな?

前職は九州一円をカバーする地方紙である西日本新聞の解説員。

市長さん、たのんますよ。

200905gw_04.jpg

元来、「どんたく」という祭りは、市長さんやら、町の名士がパレードし、上の写真のような
一般参加の人達がパフォーマンスをしながらパレードしているのを、見物するものです。

もちろん、電飾を着飾ったバスもパレードしますけど・・・。

そんなんために、雨の中、行ったのではないのです。

200905gw_05.jpg

あは。
君達をみにきたのですよ。

ドナルドがいるじゃないですか・・・。
ドナルドと握手したのはいつのことだろう?(とーちゃんが)

ミニーの後ろでみえないけど、向こう側にミッキーもいます。

去年、ディズニーの25周年記念ということで、どんたく初参加してくれたミッキー達。

今年もきてくれました。(去年はみてませんが)

来年も来るのでしょうか?

200905gw_06.jpg

えへ。

晴れの日のひなたぼっこは最高だね。
ボクも、飼い主につきあって、いろんなとこ行くけどさ。

なにかと大変さ。

ps.
「どんたく」とはオランダ語で日曜日を意味する「zontag」が語源だそうです。

この「博多どんたく」という祭りは、1179年の平安朝ころにまで遡るんだそうです。
祭りの名称が「博多どんたく」として定着していくのは、明治の頃からだそうです。
posted by kaito at 11:10 | 福岡 ☁ | Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

もしも肝機能の数値が高ければ・・・

別に、とーちゃんがウンチクを書くわけじゃないです。

須崎先生のブログに公開されてますです。

これをみると、須崎先生の診療方針がわかるでしょう。
このスタイルに馴染めない人は、門は叩かないほうがいいでしょうね

では、こちら

これって、科学的には至極当然なんです。

でも、現実問題としては、なかなか、すべてのお医者さんに望むのは、
いろいろと障壁もありそうでして・・・・。

悩み続けた皮膚病に光明が・・・。

須崎先生のもってる不思議な器械たちと、お師匠さんのマジシャンチックな手業と、深〜い洞察力の
結晶です。
あとは、いい意味での「おおじょうぎの悪さ」でしょうかね。

何を食べても尿結晶がでません

尿結石の原因は尿のphにあらず。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

犬を尊敬してますか?

2009.05.30

オーストラリアのトレーナー:Steve Austinさんによるセミナー

オフィシャルサイト:http://www.thesteveaustin.com/

内容は、プロのトレーナー向けと同等だそうです。
(実際、雑誌などでお見かけするトレーナーさんもいました。)
家庭犬はもちろん、仕事犬、競技会に出る犬にはとっても有益。
金メダルの連覇も夢でないかも・・・。

目標は、GoodでもVeryGoodでもなく、Excellentな犬を目指す。

たとえば、平均点を50としたら、
Good:50〜60点代
VeryGood:70〜90点代
Excellent:95〜点代

とイメージしてくださいね。

先生曰く、どんな犬でも、どんな年齢の犬でもExcellentになれるという。

ただし、トレーナー(or飼い主)が諦めないなら。

テクニックの部分は、巷で入手できる情報と重複している部分もありました。

しかし、もっと根源的なというか哲学的というか人間さんの思考方法に関しては、
巷の情報としてはあまりおめにかかりません。

なので、詳しくは書きません。(この部分が、先生の飯の種ですし・・・)

しかし、人間社会に置き換えるならば、ビジネスを成功させる思考方法、
テストで100点をとる思考方法に似てる部分が多いです。

また、人間社会では、社員にやる気をださせるために、「給与、賞与、特別賞与」なんてのがあったり、
「高級料亭への会食でゴチになったり」とありますね。
これも、犬に応用するとよい結果になるようです。

また、株式投資などの世界でいわれる、「頭とシッポはくれてやれ」的な思考も
はいってました。

そう、ムツゴロウさんに近い部分もあるように思います。

そう、もう少し日本人に馴染み深く例えるなら、「西川きよし師匠作戦」

小さなことからコツコツと

実際に、綿密に科学的に統計学的に裏打ちされているけど、単に小さなステップを
積み重ねるだけではないことも悟ってね。

我が家的には、今までの海渡との関係においては、大幅な変更は不要だということを
再認識できたので、ラッキーでした。


比較的、重要なことを・・。
先生は、「トレーナーに教わる、本から教わる、知人から教わる、そういった知識の量が、
犬への対応の方法に幅をもたせ、選択肢がふえます。しかし、大事なことは、
あなたの犬を良くみて、何を言いたいのかを感じることです」といってるように解釈しました。
つまり、どうすれば犬はさらにお利口になるのかを、あなた人間さんが考えることだと・・・。

あなたの思うように、犬が動かないのは、犬が悪いのではなく、あなたの方法論・実施論に間違いがあると

巷でいわれてることで、注意したほうがいいと思われることは、
たとえば、何かを教えるときの使用する褒美についてです。

先生曰く、「褒美は人間が決めるのでなく、犬が決めるのです」と。

おやつ(orフード)、オモチャのレトリーブ、噛むこと、吠えること、飼い主に抱かれること・・・など。
犬が、一番ハッピーだと思える物が、褒美にあたるのです。

もし、一番ハッピーなのが、オヤツなら、オヤツの中でもどれが一番なのかを探す。
(犬に問う)

ジャーキー?クッキー?ソーセージ?野菜?生肉?焼き魚?なに?
(ただし、訓練中にも使用しなきゃいけないので、そこんとこを考慮するのは、人間さんよ。
いくら生肉が一番でも、保存性の問題と金銭的問題をクリアしないと難しいっしょ。)

一番が、鹿肉ソーセージ、二番が鹿肉ジャーキーとしましょう。

じゃ、二番の鹿肉ジャーキーは、一番大好きオモチャよりも上か?

てな感じで、二番目の褒美を決める。

そして、とてつもなく、予想外に成果がいいときに与える最上級褒美として、
一番褒美の5倍くらいの価値をあたえましょう。

先生は、一番褒美をUR(究極の褒美:Ultimate Rewards)
二番褒美をSR(二番目の褒美:Secondly Rewards)
最上級褒美をJP(最上級の褒美:Jackpot:スロットゲームなどでの大当たりを意味する)
褒美なしNR(Not Rewards)

でぇ、これらの褒美の使い方とタイミングと計画性で、犬をExcellentに導くのです。
(ここのところは、先生の飯の種なので書きません)

タイミングという意味では、クリッカーなどは有効だそうです。
クリッカーなどのように単音節のもの、たとえば「Yes」「はい」「OK」「ピッツ」などの発声でもOK。
重要なのは、音量よりも調子(トーン)、犬は耳がいいので、大音量は嫌がる。
だから、大声は逆効果になりやすい。
トーンつまり、ダメだよという調子なのか、いい子だというハッピーな調子なのかが大事

まず、クリッカーの音がすると褒美があることを教える。
そして、クリッカー音が好きになったら、オスワリを教えるとしよう。

オスワリができた瞬間に、「いい子」って言う間に、犬は他の動作に入ってるかもしれない。
それでは、オスワリの完成形と褒美が結びつかないかもしれない。

だから、その瞬間にクリッカーを鳴らす。
すると、オスワリ→クリッカー→褒美→ボクはっぴー。となる。

とーちゃんは、クリッカーが有効だとはわかっていても、特に調べてなかったので、
なぜ?有効なのかは知らなかった。
そのナゾが解けて、とってもハッピーなのだ。

だから、「躾け教室でトレーナーがいったから、褒美にオヤツを与えてます」っていうのが
正解ではないということです。

噛むことが好きな子には噛んでもいいものを与えるといいですよ。

先生の飼ってるロットワイラーのキングは、噛むのが大好きだそうです。
訓練の褒美で、警察犬のデモで人の腕を噛ませるシーンがありますね。
あのような、防護を腕に施して、かませることも、キングくんには、褒美になるんだそうです。
その過程で、たとえ人間が負傷しても、キングくんは無罪です。
だって、人間さんが噛んでいいといったのだから、そのハッスルな状態での不可抗力なのだし。

褒美は犬が決める

実際、他の人が苦手だというワンコが、先生には5分でなついた。
もちろん、最初にオヤツを使ってアイコンタンクトの練習などをしたのだが。
本来なら、もう練習すべきではない状況らしいのだが、セミナーということで、
しばらくワンコには練習に付き合っていただいたのだけど。

一旦、ママさんに返しても、もう目線は先生しかみてません。
先生が持ってる褒美をみてるのか?
先生自身をみてるのかは、とーちゃんにはわかりませんが・・・。

先生が呼べば、飛んでくるのですから、ママさんにとっては我が子の変貌ぶりに
唖然としていました。

また、他の参加ワンコの飼い主さんも同様の衝撃を受けた方がいたようです。

ps.
生のオーストラリアンイングリッシュは、わかりにくいです。
todayはトゥダイ
makeはマイク
って発音されていたので、資料もなんもなかったら、ちんぷんかんぷんだったです。
でも、英語の授業できいてたことが本当だったと実感した瞬間でした。

知り合いのコーギーをみて、先生が、「オーストラリアでは法律で断尻、断耳などの行為は
禁止されてる
」とおっしゃっていたのが、印象的だった。

欧米人が感じる犬と日本人が感じる犬には違いがあると思った。
たとえば、日本人は出来るだけ吠えて欲しくないと思うが、
欧米人は犬は吠えて当然と考えてる部分が多分にあると思えた。

日本人は農耕民族的で欧米人は狩猟民族的気質がいまもDNAに刻まれてる気がするのですよね、
とーちゃんは。
犬も猫も元々は、狩猟をして生きていたわけです。
犬猫へのリーダシップのとりかたを、欧米人が上手なのは、そんなDNA的な部分もあるのかなと。
だから、欧米で犬OKエリアが日本より多いのは、的確にリーダーシップを発揮できるからなのかなと・・。

先生は、セミナー中の質問の答えとして、「ボクは○○する。しかし、あなたの犬を実際にみたわけじゃないので、○○が正解ではいかもしれないことを忘れないで欲しい」と、このような見方のできる
トレーナーさんに習えば、とってもハッピー。

また、質問で「ドッグランなどで、他の犬にケンカをうるんです。でも人は好きなんですよ」
これに対して、「じゃ、ドッグランに僕はつれていかない。人が好きなら、人間社会で暮らす家庭犬は
不自由しないし、散歩などでも遊びなどでも運動の代用はできる。もし、でも改善したいのなら、
地道に●●な方法をとることで改善するかもしれない。」と。

また、「練習では上出来なのに、本番の競技会では、なんだか元気がないのです」
これに対して、「人間さんが自信と威厳をもつ。競技会がハッピーだと犬が思えるような取り組みをする。
たとえば、競技会では思いっきり褒めちぎるが、普段はさほど、褒めちぎらないとか・・・。
ある種のメリハリです」と。

また、「男の人に吠えるのです」
これに対して、地道な対策方法をいくつか紹介して、こうつけくわえた。
「犬は人の雰囲気を感じているので、単に飼い主の嫌いなタイプの人だったり、ちょっと緊張しまくってる
ような人だったり、ゆとりを感じれない人だったりすると、吠えることもあるようです。だから、吠えるとわかっているなら、近づかないことも解決策になる」と。
実際に、麻薬探知の訓練を受けたい犬が、300人ちかい人の中から、特定の人にだけ吠えたそうです。
不思議に思った警官が、調べると、お腹の中から麻薬が不法持込がみつかったそうです。
きっと、近づく犬をみて、「あっち行け・・・とか、見つかりませんように」とかって念じていたオーラを
犬が感じたのではないかと。

犬はスゴイのです。

また、「オモチャを破壊して、中綿を食べるのですが?」
この答え「世の中には破壊されないオモチャもあります。現に、オーストラリアでは、ライオンが噛んでも壊れないオモチャがかります。オモチャを変えることが先決です。」と。
普通は、どうにか壊れないようにしようと試みますが、先生は、この場合、壊すことが悪だとは思っていないので、買い替えを勧めているのです。おそらく、テレビを破壊するんですと訴えても、「じゃ、破壊されないとこに置きなさい」と先生は、答えるでしょ。

犬にも個性があるのだよ。
同じトイプーだからといって、同じ方法論が通用するとは限らないということを再確認したセミナーだったのです。

先生が言うリーダーシップは、「威張っている」ではなく、「ゆるぎない威厳」を意味し、
権威主義ではない。

そして、「犬を尊敬することが大事で、犬が大好きであること、この思いが、犬からの尊敬を
あなたに向かわせ、あなたはリーダーシップを築ける。
」と。

リーダーは、決して怒ってはいけない。自分の感情のままに行動してはいけない。
犬に恐怖を与えるなんぞは、リーダー失格だそうです。

犬と人間の間柄は、フェアー(対等)でないといけないといわれてました、しかし、リーダーである、あなたには威厳が必要だと。

犬の困った行動を修正したい。
たとえば、
困った行動する→NOと1回発声→止める→しばらくして、困った行動をする→NOと1回発声→止めずに、困った行動をする→なかなか止めない→罰を与える。

罰には、二種類あり、積極的罰(positive punishment)、消極的罰(negative punishment)。
前者は、直接的に痛いとか冷たいとかの不快感が相手に伝わるもの。
後者は、無視するとか、クレートにいれるなどの間接的に不快感を与えるもの。

罰を与えるにしても、犬に考える時間を与えないといけない。
いくら、吠えやまないからといって、首輪を急に引っ張るのはフェアーではない。
犬に考える時間を与えていないことは、「子供が、今からやろうと思ったのに・・」という
言い訳を与えてしまうのに似て、とっても関係性をぎくしゃくしてしまう。

積極的罰は、リスクも多い、多少のことではめげない犬格のあるものでないと、
二度と立ち上がれない可能性がある。
そのため、実際に犬をみないとわからないことが多いのだ。
消極的罰は、気軽に使える半面、時間がかかる。
だから、忍耐力が要求される。
このあたりは、動物行動心理学の専門家 水越先生の意見にも一致する。

そして、犬のトレーニングは、Science&Art(科学的でもあり、芸術的でもある)だといってました。
あるところまでは、科学的理屈でトレーニングできるが、そこから先(Excellent)になるかは、
Art、つまり、感じること(犬の発している思いを人間が感じる。個々で違う部分があることによる。)が大事だと・・・。

アインシュタインもいっている。
「99%の努力と1%のひらめき」と。
努力は科学的、ひらめきは芸術的なのですよ。

犬との会話の95%はボディーランゲージです
もしも、怒った感じで「OK」と言っても、それは犬には正しく伝わらないそうです。
これは、とーちゃんの反省点なのだ。

トレーナーのなかには、金儲け主義で「犬が好き」なのかを疑いたくなる人がいるのに、悲しくなるとも・・・いっておられました。

ここにかいたのは、セミナーの1割にもなりません。
だって、核心は書けませんから・・・。
だから、類推してくださいね。
ヒントは書いてるつもりだから・・・。
それがわかると、6割、7割は理解できると思うです。

とーちゃんは、セミナーをうけて、サイヤ人になれた気がする。
でも、まだスーパーサイヤ人にはなれない。

ゴハン関係はね、スーパーサイヤ人に進化したと思ってるんだけどね(苦笑)。


では、YouTubeにあった先生の講義を!
パピーにComeを教えているようです(英語だよ)。



とーちゃんによる注意点:
どうしても犬がバカに思えるときは、方法論も実施論も正解かもしれない。
でも、今一度、犬種特性を見直してみよう。

いわゆる参考にしていたマニュアル本が、ダックス中心の紹介だったとして、
あなたの犬がジャーマンシェパードだったりするのなら、落とし穴にはまった可能性も否定できませんから。

そう、いかなる場面でも、「考える・感じる」です。

それでも、バカに思える場合は、なんらかの疾患があるのやもしれません。

これは、医療も同じ。

なぜ、アナタの犬は今吠えているのか?
「腹減った?」「遊びたい?」「不審音がする?」「嬉しいから吠えてる?」「・・・・?」

なぜ、アナタの犬は、皮膚炎になっている?
「バイキンマンによる外的刺激?」「バイキンマンによる内的刺激?」「食べ物の消化不良が原因?」
「腸が正常でない?」「ただの虫刺され?」「薬の副作用?」「・・・・?」

原因を追究せずして症状を消すことは、ただの先送りにしかすぎない。
もちろん、飼い主だけの判断では??なこともあるでしょ。
相手が生きているから・・・。

そんなときは、原因追求のできる専門家を尋ねる必要があるでしょう。

posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。