他のプードルくんも見てみる?!にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
ドッグマンス2009dogmonth2009.jpg

2008年05月31日

愛である・・?

愛である→あいである→アイデアル→アイデア→アイディア→idea

ドイツには、犬を飼うと税金が毎年かかるという話をしました。

そんなドイツ、面白いことをやってます。

日本でもJKCやオプデスなどが、いわゆる服従訓練の競技会をやってます。
JKCでチャンピオンになると、血統書にTCなんて称号がつくんだそうです。

JKCは純血しか出場できないので、MIXくんたちはオプデスね。
(規則が昔のままならね)

さて、ドイツには同伴犬の基礎試験のようなものがあります。
BH(ベーハー)というのだそうです。
たしか、JKCやオプデスにもBHがあります。

こちらの本場ドイツの試験は、試験会場でやるわけでなく、
実際の生活空間で行われます。

普通の公園、普通の歩道などなど・・・。
いきなり、横を自転車がぁ・・・自動車がぁ・・なんてのもあるし、
お散歩中のワンコに遭遇もあるでしょ。

そんななかで、課題をこなしていくのだそうです。

そして、見事、合格すると、なんとなんと、税金が約80%off。
ドイツでは、これに合格してないと、他の競技会には参加できないそうです。
さらに、ほとんどの公園で、offlead(オフリード)が認められるそうです。

犬に税金かかるけど、試験に合格すると、減税される。
これって、飼い主の心をくすぶりつつ、犬の飼育放棄や犬が絡むトラブルの軽減になりそうですね。
アイデアだよね。
犬にとっても愛であるね。

ヨーロッパでは、犬も人も同格とは言わないまでも、パートナーとして認める風習があるので、
オフリードの子は多いです。しかし、ひとたび事故になれば、訴訟社会ですから、飼い主は
躾をしっかりしてる人がほとんどです。

日本のノーリードとは、少し違うんです。
日本で多いのは、可愛そうだから、ノーリードっていう図式です。
躾の入ってる子ならまだしも、入ってない子のノーリードは迷惑。
日本も欧米なみに訴訟社会になれば、少しは真剣になるんだろうか?

ちなみに、ノーリードは和製英語ですよ。

リードをしてないは、オフリード(リードが手から離れてる)
リードをしてるは、オンリード(リードは手にもってる)

日本もノーリードでなく、オフリードで街を歩けるように、成熟した社会になるといいね。
海渡は、まだまだオンリードですが・・・。

ps.
海外のケネルクラブでは、犬種の特性をいかした狩を模倣したような競技会もあるんですよ。

たとえば、野山にコースをつくり、ゴール地点のかごに入ったウサギやネズミを探して、
飼い主に教えるという、テリアの特性をいかした競技会ね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

犬語の話し方

犬語の話し方

カナダの心理学者でスタンレー・コレン博士の書籍の翻訳本
初版が2002年なので、おそらく、原著は2000年前後。
http://www.bunshun.co.jp/book_db/7/65/12/9784167651268.shtml


51M80A5BYYL._SS500_.jpg



犬がどのように、人の言葉を理解し、どのように犬同士は会話をするのか?

どうすれば、人は犬の言い分が理解できるのか・・・・。

といった、愛犬家ならではの視点と科学者ならではの分析眼で、
犬語について書いてある。

まだ、途中までしか読んでないが、
よくテレビで、算数のできる犬や色をあてる犬がでてきます。

これを、科学的に実証して、犬は人の何を注目してるのか?とか書いてあります。

たとえば、「1+1」というと、2回吠えるのは何故?

夢を壊すなという方、スルーしてちょ!

続きを読む
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(6) | TrackBack(0) | しつけ・訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ペットへの自然食と自然療法その4

ペットへの自然食と自然療法その4(ラスト)

ホリスティックケアといっても、西洋医学を全面否定してるわけではなく、
重症度が高く、急を要するときは、西洋医学の力をかり、
急を要しないor医薬品の副作用リスクが高いときは、より自然な手法を
採用して治療をおこなう。

つまり、臨機応変というのが、ホリスティックな考えの根っこのようです。

先生の臨床への応用の経験では、漢方薬、鍼灸、ホメオパシー、レメディー、
波動療法などの自然療法(代替療法)は、犬やネコには、いい結果を残すそうです。

あるテンカンの子に対しては、フェノバルビタールという西洋薬を使いつつ、
徐々に、漢方薬に切り替えて、症状を安定させるケースも多々あったそうです。

また、テンカン様発作をする子に対しては、一度、MRIを受けて、脳に疾患がないかなどを
確認して、真性テンカンなのか違うのかを見極める必要があるそうです。

ダックスに多い、ヘルニアも鍼灸の使用で改善または安定したりするそうです。

軽度のてんかん発作や心臓発作には、レメディーの効果がみられるそうです。

口の中にできた悪性メラノーマが、波動療法で改善することもあるそうです。

ヨーロッパの半数近い動物病院では、ホメオパシーを処方し、フランスの薬局などでは、
動物用ホメオパシー製剤が売られてるそうです。

医学的に症状は認められないが、足をよく舐める、よく吠える、毛をむしるなどの症状は、
栄養バランスか精神バランスの欠如が考えられ、栄養の見直しやレメディーの投与は
よい結果を導くことが多いそうです。

ペットの健康は台所からはじまるんだそうです。
彼らは、自由に狩ができません。
彼らの命は、飼い主の手にゆだねられているのです。

最後に、病気にならない唯一の方法はストレスを開放することだそうです。
ストレスを感じるといろんな病気の原因をつくり、身体のバランスが最大限に
崩れたときに疾患化するそうです。

1.ペットを叱らない
2.ペットに自信をもたせる
3.家庭内で争わない
4.飼い主もペットもストレスを溜め込まない
5.その子にあった食事
6.医薬品を使いすぎない
7.テレビやパソコンばっかりしない
8.ペットに恐怖を与えない

などなど、飼い主もペットも前向きに前向きに・・・。
が健康の秘訣だと。

医療にも食事にも絶対はない。
その子その子にあった食事と医療があるはず。

・・・・・
まとめると、

慢性疾患に対して、西洋薬を使用つづけることは、人への医療の世界でも
懐疑的になりつつあり、漢方薬が見直されてきています。

人よりも体重の軽い、より自然な世界で暮らす、犬やネコに西洋薬を使い続けることは、
長生きできても、決して豊かな生活ではないような気がする。
すなわち、QOL(Quality of Life)の向上は望めない。
QOLの向上を目指すなら、本来の犬の習性に即した食生活を提供してあげることかもしれません。

人の医療においては、長いこと、延命にだけ重点がおかれ、死というものを避けてきました。
尊厳死や安楽死などが問題になる、今、ペットにおいても同様です。

果たして、医療は延命するだけが、真の医療なのか?
これは、最近、専門家の間でも再検討されてきています。

市販フードといえども、総合栄養食とはいえず、
手作り食といえども、100%ではなく。
常に、その子の体調に合わせて、臨機応変に対応する。

そのために、飼い主にできることは、
医療機関の選択肢を増やすこと
食事のバラエティーを増やすこと
治療方法の選択肢を増やすこと
治療でなく予防に重きをおくこと
は、最低限やりたいことだし、できることではなかろうか?

最後に、
飼育頭数は東京、大阪より少ない福岡。
しかし、殺処分数は1位、2位の愚かな県。
もちろん、転勤族が多いというのもあるかもしれない。

マンマリゾの社長さんは、
母犬、父犬の食生活が悪い→
→先天性、後天性疾患を抱えたペットが増える→
→頭を抱えた人は、捨てるという行為にでる。→
→殺処分数が増える。

という悪のスパイラルを断ち切るためにも、
せめて食事を身体に優しいものへと変えてほしいと願ってるようでした。

以下はカナダ在住の方のワクチンに対する考えが書いてあります。
日本人でワンコとアジリティーをやってあります。

http://superpuppy.ca/vet/vac_seminar.htm

最近のこの方の日記には、友達の大型犬が、毎年ワクチンうってたのに、
パルボに感染し、大学病院に一週間弱隔離され、アジリティに参加した話がありました。
そこで、日記を書いてるママさんは、せめて1ヶ月は隔離じゃないの?と
書いてます。

ここで、疑問・・・・。
ジステンバーやパルボの主な感染経路ってしってます?
ジステンパー:感染犬からの飛沫や接触
パルボ:感染犬の排泄物

じゃー、ワクチンを接種したあとは、軽く感染してるわけですよね?
つまり、ワクチン接種後、1ヶ月、2ヶ月は公衆の面前にでないほうが、
公衆衛生にいいのではなかろうか?と思いますよね・・・。

イギリスの例ですが、イギリスにペットが入国する際は、狂犬病ワクチンの抗体価が
確認されてから、半年後でないと入国できません。
これは、狂犬病ウイルスの潜伏期間が長いから?
それとも、ワクチン接種後にウイルスをばら撒かれちゃ困るから?
真実は、イギリス政府に聞くしかないですよね。
教えてくれないだろうけど・・・。

日本の場合は?続きを読む
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(4) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

ペットへの自然食と自然療法その3

ペットへの自然食と自然療法その3

獣医さんの話

市販フードの多くには、
水分が少ないし、酵素も含まれない。
野菜、果物から摂れる抗酸化物質が少なすぎる。
原材料の安全性に疑問が残る。

そういうことを考えると、少しは勉強してもらって、
手作りの比率を増やしたほうが、健康に暮らせるのではと言っておられました。


混合ワクチンの接種に関しても、
アメリカのガイドラインに従って、1歳以降はコアワクチンを3年おきにし、
10歳以降は接種しないのが、ベストだと言っておられました。
だいたい、日本人だって3種混合より多価ワクチンは受けてないし、
毎年接種してない。

こちらの病院で使用している混合ワクチンは、インターベット社のノビバックです。
ジステンバー、伝染性肝炎、パルボの3つが入った、混合率の一番低いものを
3年に1回。
レプトスピラが気になるなら、レプトスピラだけを毎年受ければいいという主張でした。

現に、ノビバックの資料では、ジステンバー、パルボ、伝染性肝炎の抗体持続試験では、
32ヶ月維持されてました。
レプトスピラだけが、半年から1年以内に抗体の消滅が見られました。


とーちゃんは、
アメリカでは、デュラミューンもバンガードも同様に3年おきで認可されているので、
ジステンバー、伝染性肝炎、パルボの3つが入った、混合率の一番低いものを
3年に1回接種し、レプトスピラの気になる人は、レプトスピラだけ1年おきに接種すれば
いいのではないかと思う。
もしも、それでも心配なら、抗体検査をうけるといいと思う。
やはり、ごく少数であれ、ワクチンの過剰接種の弊害は認められ、
接種直後にあらわれるアレルギー、アナフィラキシーや
接種後、数ヵ月後に現れる、ガン、自己免疫疾患、神経障害など。
もしも、この弊害に自分のワンコがかかるかもと思えば、安全にワクチンを接種する方法を
模索し、かかりつけの獣医にかけあったり、またはワクチンだけ別な病院にかかるなどの
選択をすることが望ましいような気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
まとめると

1.ネコは腎臓疾患で90%死ぬ。
ネコはカリカリを食べてると、自ら水を飲む習慣が少ないために、
腎臓疾患になる。

ネコにこそ、手作りはあってるかもしれない。

2.犬は心臓疾患で70%死ぬ。
老齢期になるまえに、予防かねてコエンザイムQ10(補酵素)の摂取。
オメガ3脂肪酸(特に、EPA,DHA)の摂取に心がける。

3.白内障になるワンコが多いのは
犬はブドウ糖から体内でビタミンCを合成できるといいます。
しかし、この能力は老化とともに衰え、食物からのビタミンC摂取が
少なければ、ビタミンC不足による弊害が現れ、そのひとつが、白内障では
ないかと思われる症例があったそうです。
治療で、ビタミンCを与えると、治癒したり、進行が遅れたりしたそうです。

白内障予防には、ルテイン、リコピンも重要。

ペットフード業界では、ビタミンCを軽視してきた風潮がある。

4.ガンに効果があるのは、βーDグルカン?
これは、賛否あり、先生の実践では、怪しいそうです。
むしろ、フコイダン(海藻のヌルヌル成分)は効果があり、ヒトの医療では
割と積極的に使われている。

5.犬の食性は、多様
ネコは完全肉食。
犬は肉食系雑食。
豚は雑食。

体長と腸の長さの比率でいくと
豚は1:14
犬は1:6
ネコは1:4

果たして、犬は雑食に近いのか?肉食に近いのか?

ヒトとの共生を選んだ犬は、ヒトの残飯を食べてたことから、地域によって主食が違う。

インドはヒンズーであるために、菜食主義者が多いそうです。
そこの犬も、もちろん、菜食。
もしも、自由に動ける身分なら、野原でネズミでも食べてるかもしれません。

6.食生活は生まれ故郷の食事に習え

ダックスならば、ドイツ。
柴犬なら、日本。
琉球犬なら、沖縄。
ハスキーは、シベリア地方。
プードルは、ドイツとフランスの国境付近。

プードルなら、中部ヨーロッパの気候を参考にし、
住環境を考え、それにプラスアルファで、季節に応じて
身体を温める食材、冷ます食材を与える。

7.免疫を高めるには
βーDグルカン(キノコ類)
フコイダン(海藻類)
エナセキア(ハーブ)
ローズヒップ(ハーブ)

8.食事に加えたいサプリ
ケルプ(昆布の仲間:ミネラル豊富)
酵素(消化酵素+補酵素)
ローズヒップ(ビタミンCなど)
ビール酵母(ビタミンB群)

9.カリカリのときには酵素や野菜を意識して

講演では、カナダのウド博士が開発した「植物の恵み」が紹介されてました。
あと、「酵素のちから」ってのも。

とーちゃんは、ビーポーレンや
さかい企画のケイズマイスターや、
POCHIにある発酵ベジ・フルーツ&ハーブ や
GREENDOGにあるカラダよろこぶ発酵50種ブレンドなんてのも良いと思う。

10.ライフステージ別に注意すること
成長期にはグルコサミンも
成犬期にはオメガ3脂肪酸も
高齢期には関節のサプリ、白内障予防サプリ、心臓対策サプリ、脂肪酸も

11.関節サプリ
グルコサミン
コンドロイチン
MSM(メチルスルフォニルメタン)
緑い貝

12.白内障予防サプリ
ルテイン
リコピン

13.心臓対策サプリ
コエンザイムQ10

14.脂肪酸
EPA、DHA:魚油に多い
LGA:月見草油に多い

15.サプリの注意点
不足分を補うこと。
合成品でなく天然製品を。
脂溶性ビタミン(A,Eなど)の過剰に注意。
ミネラル(Ca,Mg,P)の過剰に注意。
カルシウム、マグネシウム、リンのこと。

次はその4
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(7) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

自然食と自然療法その2

自然食と自然療法その2

まず、栄養学にしろ生理学にしろ、進化をつづけているので、
今日は正しくても、明日は間違ってるかもしれない。

まず、ワンコが持病をもっているとか、
ダイエットさせたいとなると、手作りの場合は、勉強してないときつい。

とくに、ダイエットを考えるならば、大まかなカロリー要求量と代謝エネルギーを
計算しないといけません。

おおざっぱにいって、12kgを10kgにダウンさせたい場合に要する日数は
2ヶ月以上。

そして、あきらかに摂取カロリーオーバーによるダイエット手法と
摂取カロリーは少ないはずなのに太ってる場合のダイエット手法は違う。

W:体重(kg)
W0.75=W×W×Wの平方根の平方根です。

基礎エネルギー要求量(Basal Energy Requirement)
生命維持に必要なエネルギー。
適温状態で絶食し眠らずに安静している状態で必要なエネルギー。

安静時エネルギー要求量(Resting Energy Requirement)
BERから絶食という条件を省いたエネルギー

RER=70×W0.75(推測値)

維持エネルギー(Maintenance Energy Requirement)
自発的な自然な行動をしているときのエネルギー

MER=132×W0.75(推測値)

代謝可能エネルギー(Metabolisable Energy)
便・尿・可燃ガスによるエネルギーを差し引いた
動物に利用可能なエネルギー
簡単な計算式
ME=炭水化物(g)×3.5+タンパク質(g)×3.5+脂質(g)×8.5

一日あたりのエネルギー要求量(Daily Energy Requirement)

DER推定法
4ヶ月歳から1歳:RER×2.0
避妊・去勢済み成犬:RER×1.6
未避妊・未去勢済み成犬:RER×1.8
老齢犬(大型犬なら5歳前後、小型犬なら7歳前後):RER×1.4

もしも、スポーツなどをしている場合は、係数を変える必要あり。

はい、交配を考えているママさんWatch!
妊娠前期(42日)の母犬:RER×1.8
妊娠後期(21日)の母犬:RER×3.0
授乳期の子犬:RER×4.0から8.0(もしくは自由摂取)
離乳期の子犬から4ヶ月歳:RER×4.0


これをふまえて、カリカリの食事量を算出

ママさんのワンコのDERを求める。
一日のカリカリ量(g)=DER÷(カリカリ100g当りのカロリー)×100

手作り食の場合は、女子栄養大学が出版している「五訂増補 食品成分表」を参考に
食事のカロリーを算出。

MERとDERと食物摂取カロリーのバランスをみて栄養状態を把握する目安にする。
ただし、相手は生き物。個体差がある。
最後は、身体を触って太ってる、やせてるを判断。

おおまかな、エネルギー計算がわかったところで、
ダイエットへの栄養学的アプローチは、

その子のRERを満たす。
必要な栄養素を満たす。
適度な運動。
食事量は同量で、回数を増やす。
脂質を減らして、繊維質を増やす。
1週間あたり現体重の05%から2%を減量
12kgから10kgに減らしたい。
12kg×2%=0.24kg
2kg÷0.24kg=8.3週間
最短で8.3週間。
1週間で0.5%のダウンを目指すなら、33週間。
つまり、2kgのダウンに8.3から33週間程度を要す。

その子のDER<食事の総カロリーなら、40%カロリーダウンを目指す。
食事の総カロリー<その子のDERなら、RER×1.0を目指す。

・・・・・・・・・・・・・・
今回、はじめて知ったこと

1.市販のダイエットフードには落とし穴がある。
健康的にダイエットできるワンコが少ないという事例がある。

2.犬種毎のフードの落とし穴
犬種毎の栄養摂取のバラツキは解明されていない。
滅多に世の中で見ないくらい、レアな犬種に対する栄養はわかってるものもある。

3.細長い円柱のような形状のフードは危険?
これは、あわてんぼさんには、危険がいっぱいらしく、アメリカでは事故もおき、
フードの形状はそれ以降、円形になりました。

細長のほうが、コストは安いらしい。
品質のすばらしい細長フード、粗悪だけど円形フード、どっちがいいのだろ?


3.落ち着きのない犬は躾だけでは対応が困難
たんぱく質を乾燥重量にして30%を超えて摂取しつづけると、
落ち着きを失う事例が多い。
市販フードから手作り食に変えると改善する事例がある。

4.魚を食べてアレルギー様反応がでる理由のひとつ
ある過程で、鮮度が落ち、魚に含まれるヒスチジンという物質が、
ヒスタミンに変化することでおこる。

ヒスチジンを多く含む食材
サバ、サンマ、カツオ、イワシ、カジキ、マグロ、
ツナ、飛び魚、ブリ、ハマチ、
鶏、ハム、ドライミルクなど

もしも、カリカリにこれらが含まれてる場合は、原材料段階での鮮度によっては、
ヒスタミンを多くふくんだ状態でワンコの食卓に上ることになる。

これは、手作りでも同様。
なので、食材調達の基本は、産地が消費地に近い信頼のできるとこのもの。

こまったことにヒスタミンには食欲抑制作用があるので、
人用のダイエット食品に含まれることがある。

もしも、ワンコの食欲が落ちたな?と思ったら、
ヒスタミンの多いフードかもね。

5.AAFCOの基準って信頼できる?

微妙らしい。
AAFCOはあくまでもフード業界主導という歴史があるので、
ちょっとゆるい。
給仕テストは、AAFCOのルールにのっかて、自社でやってよい。
都合の悪いものは数パーセント無視してもよい。

これは、手作り派の間では、知られてることだけどね。

6.アレルギー処方食は有効か?

微妙らしい。
処方食を与えても再発する子がいる。
対策
オメガ6とオメガ3のバランス
化学物質を排除した手作りにする。
胃腸の強化(消化酵素や乳酸菌)
環境要因を整える

多くの原因は、まちがった離乳。
カリカリをふやかす離乳は、アレルギーリスクを負う。

これは、手作り派には知られてることだね。

7.市販フード普及の弊害

肝臓疾患のペットが増えた。
処方食よりも化学物質を排除した手作り食にすることが有効。
とにかく、肝臓に優しい食事を心がける。

次はその3
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(10) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

須崎先生の往診先

2008年5月26日

須崎先生の九州地区の往診先と往診日

●宮崎県宮崎市〜延岡市(08/06/10〜11)
●福岡県博多エリア(08/06/27〜28、08/09/19)

おまけ、
●北海道札幌エリア(08/06/03〜05)
●愛知県県名古屋エリア(08/11/14)

詳しくは:http://www.susaki.com/html/vet/pc_contact_oushin.html

大阪地区
●大阪府高槻市(08/06/23、08/09/11〜12、08/11/10)
詳しくは:http://www.susaki.com/html/vet/pc_contact_mobilevet.html

posted by kaito at 18:13 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

ペットへの自然食・自然療法その1

2008年5月25日

とーちゃん、セミナーにいってきました。
ほとんど、ママさんばっかでした(当然か)。

ペットへの自然食・自然療法に関するものです。

主催は、福岡の自然療法を実践・研究してる獣医さん達。

講演内容は、
実践での自然療法の効果などについてです。

特別講演は、マンマリゾの社長さんのお話です。
マンマリゾは、ペットむけのリゾット食を展開している会社です。
本社は福岡なんだけど、なぜか、関東関西ほどの認知がないんだとか・・。
マンマリゾ:http://www.mammariso.co.jp/

マンマリゾの社長さんの話は、以前も一度、話しを聞いたし、
工場見学もしたし、1年くらいしかたってないけど、
内容は、結構、充実してました。

マンマリゾの社長さん曰く、
本当に、健康でワンコに長生きして欲しいなら、
メインを手作りにして、忙しいときは市販フードで乗り切るという感じのほうが、
いいと、以前とかわらない主張でした。

市販フードのおかげで、寿命はのびたけれど、その大半は薬をのみながら、
つまり慢性疾患と闘いながらだといいます。

カリカリフードに圧倒的にたりないのは、水分です。
スムーズな排泄をおこなうには、カリカリフードで食べた量の倍から3倍の水分摂取を
しないと、排泄がスムーズにいかず、体内に残り、皮膚炎、外耳炎、
アレルギーなどの疾患として症状化してるケースが多いそうです。

去年、さわいだフードのリコール問題。
あれは、家畜の飼料にも中国産の小麦の混入がありえるので、アメリカ議会が騒ぎ出し、
ペットフードの大リコールまでまきおこりました。
そう、仮にペットと無縁の議員でも、自分の食べる家畜の餌が汚染されてると思ったら、
必死にもなるでしょう。
そして、アメリカ、ヨーロッパでは、ペットフードは飼料法で規制されてるので、
リコールされ、そのニュースが日本に入ってきたのだそうです。

市販フードに潜むリスクは、添加物のみならず、
生産地の汚染。
輸送過程での汚染。
原材料の汚染。
製造過程での汚染があるそうです。

業界の本音を知ると、なかなかねぇーーー。

世の中が資本主義経済であることを考えると、コストを抑えて、
利益拡大は常識。
そのコスト高の要因は、人件費と原材料費。
人件費の安い中国へ。
原材料費の安い食材を調達(人は食べない)。

あるサイトには、フードメーカーのグループ企業をみてみなさいとある。
ほとんどのフードメーカーは、世界的な食品加工業者の傘下にいます。
その業者(人用の加工)で使用しない部位をペットフードへという
図式は考えられなくはない。

現行法での表示義務は、原材料の80%。
もしも、鶏肉と表示したければ、鶏の部位が5%含まれていればOKだそうです。

例:ささみジャーキーは、ささみが5%入ってれば違法じゃない。

カリカリフードに脂質が入っている以上は、酸化防止剤は必要。
これを、ビタミンCやEだけで保存するには、無理があるそうです。
レトルト釜で高圧かけてパックしないかぎり・・・。

抜き打ちで、有名どこのカリカリの成分検査をしたら、
天然酸化防止剤を使用と書いてあっても、BHAやBHT、エトキシンは
入ってるそうです。

それは、きっと、もしも腐ったりするとクレームの素になるので、
表示しなくてもいい20%ルールにのっとって、
合成酸化防止剤を使ってるんでしょう。

市販フードは、インスタント食品。

マンマリゾさん、別に宣伝する気はないけれど、工場見学をした感想からすると、
清潔でした。
そして、今日の質疑のなかで、社長さんのペット好き度は本当だと知りました。

質問「アジとかイワシを内蔵をださずに与えてますかが、大丈夫ですか?」
答え「ダメです。河口付近の魚も養殖魚もダメです」
河口付近は、家庭排水、工場排水などによる水質汚染。
養殖業には、抗生剤などの化学物質が使われてる。
このこだわりが、ある意味信頼なんでしょうね。

そうです、マンマリゾのラインナップから鮭が消えました。
理由は国内産鮭の価格高騰。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで、とーちゃんが初めてしった情報です。

1.カリカリをふやかすことの危険性

今のカリカリの工場のほとんどは、中国だそうです。
そこの工場の衛生状態では、
カリカリにいろんな雑菌が付着するんだそうです。

そして、そのカリカリをふやかすことで、雑菌が大繁殖して、
下痢などの症状を引き起こす。
これは、日本に多い事例だそうです。

迎えた子犬に、フードをふやかして与えてねとショップでも
いわれるもんね。

カリカリをふやかすなら、お湯じゃなく、水で。
だから、オジヤっぽくじゃなく、お茶漬けサラサラ感覚で。
そして、水に浸したフードは早めに与えてね。

2.生食の落とし穴

酵素は生にはいっぱい存在してる。
これは、事実。
熱に弱い、その通り。
しかし、冷凍にも弱いそうです。

入手しやすい生肉のほとんどは、冷凍です。
つまり、酵素の恩恵は期待しないほうがいいみたいです。

馬、鹿は、体温が高いから寄生虫がいない。
これは、間違いだそうです。


次は、獣医さんによる自然食・自然療法のお話。
posted by kaito at 23:44 | 福岡 ☀ | Comment(14) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

え?犬の態度が急変

奈良先生のコラム
http://www.green-dog.jp/mmag-wellness.php?id=123

にエピソードが書いてあるんですけどね。

飼い主家族とワンコの関係

ワンコの性格にもよるけれど、
一般に、ゴハン、散歩、遊びは大好きです。

ママさんは一般的な世話を担当。
パパさんは気が向いたら遊び担当。
子供、もっぱら遊び担当。
ママさんがお手入れ担当。

というのが、多いでしょ。

さ、ここで問題です。

ママさんが少し忙しくて、お世話をパパさんに代わったとします。
2,3日。

いざ、ママさんがお手入れをしようとすると、今までよりも激しく抵抗
するようになった。

なぜ?どうして?
先週は、大人しかったじゃない。

このワンコの態度の急変は何故?

ワンコの個性によって、
ゴハン、遊び、散歩、お手入れ、病院、散髪
の項目の好き嫌いの順番が違います。

通説では、好きの第一位は「遊び」、嫌いの第一位は「病院」です。
そこで、
遊び、散歩、ゴハン、お手入れ、散髪、病院
と好き嫌いの順番をもってるとしましょう。

このワンコは、日頃、ママさんからすべての項目において世話されます。
ここで、ママさんがゴハンをやらない、遊ばない、散歩にいけない日が、
2.3日つづく。
代わりに、パパさんが、ゴハン、散歩、遊びの世話をします。
ただでさえ、「遊び」大好きのワンコです。
パパさんの気まぐれ遊びの回数が増えます。
ゴハンも散歩もつれっててくれました。

パパさんへの好き度がアップします。
一方、ママさんへの好き度がダウンします。

そんな状態で、ママさんがお手入れしようとします。
そりゃーね、反抗したくなるワンコの気持ちもわかっるしょ。
好き度がダウンしてるんだから・・・。

よく、ママさんはいいます。
「あんだけ私が世話してるのに、何故パパが好きなの?」

それは、ママさんはキライなこともするから、好きなことを、
パパさんの倍以上しないと、パパさんと互角にならないのです。
ワンコにとって。

ゴハンの世話は、毎食、確実にもらえると知ってるワンコにとって、
もらえて当たり前のようになってるので、感激度は低いです。
むしろ、「遊び」、「散歩」をしてくれる人のほうが感激度が大きいようです。

海渡家の場合

朝ごはん:とーちゃん
夕飯:かーちゃん
平日散歩:かーちゃん
お手入れ:かーちゃん
遊び:かーちゃん、とーちゃん
休日散歩:かーちゃん、とーちゃん
散髪:かーちゃん、とーちゃん
病院:かーちゃん、とーちゃん
ごはんの下準備:とーちゃん

平日散歩をかーちゃんがしてる分、かーちゃんが好き。
遊び方もかーちゃんのほうが上手だから、かーちゃん好き。

だから、かーちゃんのお手入れもガンマンできる。

もしも、散歩、遊びが満足いかないと、
かーちゃんのお手入れに反抗します。

実に、判りやすい性格なのですよ、海渡は。
というよりも、おそらく、多くの犬はね。
posted by kaito at 01:00 | 福岡 | Comment(5) | TrackBack(0) | しつけ・訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北の国から・・・・

2008年5月のある日

♪アアーアアアアアーア アアーアアアアアー♪

北の国から・・・・・。

ジュン・・・・。

じゃなくて・・・・・。

コタ・・・・・?。

20080524_01.jpg

琥太くん(琥っさん)から、名刺がきました。

ママさん(コタコタさん)のお手製の名刺。
全部、手書き。
そんで、ヌイヌイ。

ほんとはね、もっとほんわかピンクなの。
ちょっと、カメラマン(とーちゃん)の腕が悪いばっかり、色の再現性がぁ・・・。

お手紙もあったけど、そりは秘密な。
琥っさんとボクの秘密な。

早く、額買ってかざらにゃいかん。
家宝じゃ家宝じゃ。

(※プライバシ保護のため、一部加工してます)

20080524_02.jpg

車から失礼して・・・。
琥っさん、ありがとう!
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

涙やけ?外耳炎?皮膚炎?

涙やけ、すごい子は一晩でマズルまでビチョビチョっていいます。
留守番が多くて悲しいの?

外耳炎、たれ耳族は、わりと梅雨時期にかかりやすいようです。
湿気が多い?

皮膚炎、これも最近多いみたいです。
シャンプーのしすぎ?しなさすぎ?シャンプーがあってない?
原因は様々。

今回は、原因が食事にあると考えた場合の対策です。
環境要因については、とりあえず無視して、一般に快適であるとします。

Aというフードで涙がすごいから、フードBにしたら治った。
それを聞いた、Cさんは、わが子にもと、フードBを試すが、効果なし。

これは、よくあること。

その子その子で原因は様々だからです。
フードに含まれる添加物の問題なのか?
フードに含まれるたんぱく源の問題なのか?
フードに含まれる炭水化物源の問題なのか?
フードに含まれる脂質の問題なのか?
わかりません。

手作り食がいいのはわかるけど、それはちょっと・・・って、あなた!

まず、ここでフードを安易に変えるのは、フードジプシーになる可能性を
秘めるので、粗悪なフードを与えてないのなら、フードの変更は最後。

涙やけ、外耳炎、皮膚炎などの多くは、排泄不良のサインであることが多いそうです。
(東洋医学では)

添加物の多くは、化学物質です。
これを、解毒して排泄する大きな役目は、肝臓がになってます。

そこで、とーちゃんが、フードメインで対策するならば、

1.肝機能をサポートするサプリを与える。
2.水分摂取を増やす(カリカリをふやかすor茶漬け風にするor野菜ペーストをトッピング)。
3.ビーポーレン(みつばち花粉)を与える(排泄をサポートする)。
4.消化酵素(サプリor野菜や果物、発酵食品)を与える(消化吸収を助ける)。

これで、3ヶ月から半年様子見。

一時期、悪化することが考えられますが、これを好転反応とみるか、
症状悪化とみるかは、ママさんの眼力です。
この反応は、長い子で1ヶ月程度です。

人用サプリを流用する場合は、体重比換算して適量を与え様子をみながら増減してください。

犬用サプリは、
GREEN DOG:http://www.green-dog.com/
POCHI:http://www.pochi.co.jp/
ann:http://www.pet-ann.net/
須崎動物病院:http://www.susaki.com/
KarMo:http://www.karmo.net/
コロ:http://www.koro.co.jp/
わんにゃんかんぱにぃ:http://www.dr-eriko.com/
さかい企画:http://www.sakaikikaku.com/

などを参照して、ママさんの主旨にあうとこから、
ビビッッときたものを選んでみてくださいね。

それでもダメ、元気はあるけど、改善しない。
そのときは、大元である、フードを見直しましょう!

ps.
アレルギーと皮膚疾患(改訂版)
http://koro56.ocnk.net/product/141
本村先生の書籍シリーズのアレルギー編が、
4年ぶりにボリュームアップの改訂版が6月より、発売。

店頭取り扱いは、紀伊国屋のみ
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(7) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

犬にビタミンC

一般的に、人とモルモット以外の動物は、ブドウ糖からビタミンCを体内合成できるといわれている。

また、ビタミンCは水溶性であるため、過剰症はないといわれる。

さらに、昔は、にんじんやきゅうりなどに含まれる、アスコルビン酸酸化酵素によって、還元型ビタミンC(アスコルピン酸)が、酸化されビタミンCの役をしないといわれた。

しかし、酸化されたビタミンCも同様に体内で有効利用されることがわかり、
最近の栄養学では、ビタミンC量といえば、酸化型ビタミンC(デヒドロアスコルビン酸)と
還元型ビタミンC(アスコルピン酸)の総計となっている。

I.D.Podmore博士らの研究によれば、過剰にビタミンCをとれば、
遺伝子情報の一部が損傷するかもしれないといわれている。

普通の過剰症では、下痢などである。

いずれにしても、過剰摂取というのは、どんな栄養であれ、避けた方がいいようです。

もしも、怒りっぽいなどの症状がでて、特に原因がわからなければ、
心因性の可能性もあるので、過剰症にならない程度ビタミンC摂取が必要かもしれない。

一番いいのは、ハーブ類でワンコが食してもいいものをプランターなどに植えておいて、
好きなときに食べさせる。
本能が残ってれば、適切なものを食すはず。

日本人にたとえるなら、一日100mgのビタミンCをとりましょうというのが、厚生労働省の提言。

ところが、ビタミンCの過剰摂取には、賛否両論がある。

おそらくは、健康体が、過剰にとれば、なんらかのNGサインがでるが、
精神的、物理的に病気な身体が、過剰にとるには、OKサインなのかもしれない。

まだまだ、わからないことだらけの科学です。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 | Comment(5) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

昭和初期にこんな人がいたとは・・・

平岩米吉

昭和のはじめに牛や馬といった家畜ではく、
犬、猫、狼、熊などを研究していた、動物心理学のパイオニア。
動物文学会を設立し、日本犬の保存にも尽力した。

平岩米吉について
http://www.fsinet.or.jp/~oak-wood/hiraiwa/hiraiwa.html

平岩米吉の書籍
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/chosya/hiraiwa-yonekichi.html


1973年にノーベル医学生理学賞を受賞したコンラート・ローレンツ博士と同時代を
生きた平岩さん。

しかし、平岩さんの研究は、当時の日本動物心理学会は失笑し、研究者としては、
完全にアウトサイダーとなってしまった。
平岩さんの研究成果は、動物文学という世界で開花することとなった。
皮肉なことです。

昭和初期に、平岩さんの研究成果が受け入れられていれば、ノーベル賞を受賞していたかも
しれない(ちょっとオオゲサ)。
いや、むちゃな躾というか訓練は、日本に定着しなかったかもしれない。

平岩さんは、「犬に懲罰、威嚇など不要だ」と唱えている。
まちがった、犬の接し方を紹介する書物にも怒ってる。
また、近親交配の危うさも。

昭和初期、きっと、多くの犬は番犬としてがんばってた時代。
犬畜生と怒鳴られていた時代。

ムツゴロウさんのような人がいたなんて・・・。
知らんかった。

このとき、違うスイッチが入っていたら、日本に住む犬は、今よりも
幸せだったのかな?

・・・・・・・・
欧米諸国の多くは、動物実験を廃止すべくプログラムを開始しています。

アメリカにいたっては、2008年2月に政府機関における安全テストで
動物実験をせずに安全確認のできる方法をトライアルしはじめました。

このトライアルで、安全性の担保がとれれば、アメリカ政府は動物実験を廃止する方針だそうです。

このトライアルは、試験管内で培養されるヒト細胞をコンピュータ監視化で
安全テストを行っていくというものだそうです。

フランスの外科学会の会長は、あるカンファレンスで、
動物実験、解剖実習などで有益な経験をもったものは、存在しないはずだと
語ったそうです。

さー、日本も、薬事審議会のレポートをみると、動物実験を気にしてる会話がのってる
んですけどね。

・・・・・・・・・
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

ブリーディング

ブリーディング

世界的にみて、自分の飼ってる犬の子供がみてみたいと思うのは、
圧倒的に日本人が多いそうです。

なぜだろね?

ペットショップのウインドーで、あどける子犬をみて可愛いと思うのも、
圧倒的に日本人が多いらしい。

なぜかな?

ドイツ
生体展示販売禁止、2ヶ月未満の子犬を親から引き離すことも違法。
ペット関連ショップは、免許制。
ブリーディングにも免許制。
飼い主は、犬税を毎年おさめる必要がある。

イギリス
生体展示販売禁止。
ペット関連ショップは、免許制。
ブリーディングにも免許制。

アメリカ
ほとんどの州で2ヶ月未満の子犬・子猫の展示販売は禁止。

フランス
生後二ヶ月未満の犬・ネコの展示販売禁止。
販売者は購入者に獣医のサイン入り健康診断書を提出しなければならない。
家主は、ペットとの同伴という理由だけで、賃貸契約を断ることはできない。


世界で最初に動物愛護の精神が根付いたのは、イギリス。
ちょうど1860年ごろ。
マーチン議員によって、「家畜の虐待と不適当取り扱い防止法(1882年)」が
制定されました(イギリス)。
動物虐待防止協会(http://www.rspca.org.uk/)(1824年設立)
後に女王より、王立の称号を与えられる。

そのころ、アメリカでは、イギリスの動物愛護の精神にのっとり、
児童虐待防止の考えが芽生えます。
1874年にアメリカでおきた、ある児童虐待のケース、
アメリカ動物虐待防止協会(http://www.aspca.org/site/PageServer)の創始者ヘンリー・バーグ(外交官)は、
虐待防止法を利用して警官に児童を救出させ、
「最も弱い動物(子供)を救え」と法廷で訴えたのを機に、
アメリカの児童虐待防止法は制定されていきます。
そして、その動きは、イギリスに逆輸入される形で、
イギリスでも児童虐待防止法が制定されていきます。

子供と動物は、ともに、大人の庇護を受けるべきということです。

それから、フランスでも動物虐待防止法が制定されます。
フランスの動物虐待防止協会(http://www.spa.asso.fr/)の創始者は作家ヴィクトル・ユーゴーです。
そして、このころ制定された、動物虐待防止法は、まもなく廃止され、
刑法に組み入れられました。犬を殺すことは、法的には殺人と同罪ということです。

日本でも、1902年に広井辰太郎牧師を中心に動物虐待防止協会ができますが、
1950年に入ったころには、消滅したそうです。
一部は、日本動物福祉協会(http://www.jaws.or.jp/)として存続してます。

さて、ブリーディング(交配)に関して、賛否両論あります。
日本の中で、良いブリーダーがどれだけいるかは??疑問です。

加筆修正(20080521AM)・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欧米人から見た良いブリーダーは、シリアスブリーダーといわれ、
無類の犬好きで趣味でブリーディングをしている人たちです。
1,2種の犬種しかブリーディングしません。
日本みたいに、小型犬全般OKのような、無頓着な人は、買い手に嫌われることを
よくしっている人たちです。
彼らの多くは、医者や弁護士など、他に本業をもっており、
子犬販売で稼ぐ気はまったくない人たちです。
むしろ、ブリーディングにお金がかかる、犬を育てるのに金が要るのなら、
良い条件の仕事をみつけ、引越しもいとわない人たちです。
だから、支払うお金は言い値だけれども、養育費や医療費などの
経費しか含まれてないらしい。


シリアスブリーダー
特定犬種の繁殖・販売を生業とし、健康的な子のみを、ちゃんとした相手のみに販売する。
価格も高いし、審査も厳しいが、知識は豊富なブリーダー。

ホビーブリーダー
趣味でやっている人。金儲けは考えてないから、リーズナブル。
わりと知識が豊富だが、自己流が多い。

シリアスホビーブリーダー
シリアスブリーダーとホビーブリーダーの中間で、
理想的といえば理想的。
ただ、シリアスブリーダーとホビーブリーダーの欠点のみを受け継ぐと、
悲惨な状態になる。

パピーミルブリーダー
利潤追求が目的。
よくニュースで、ブリーダー崩壊はこのケース。

バックヤードブリーダー
一般家庭の人が、わが子可愛さで、行うケース。
知識的には、疑問符がつく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真に犬好きで、遺伝リスクを考慮し、犬の習性を熟知し、
子犬を商売道具にしないのならば、個人が繁殖してもいいのではないかと、
とーちゃんは思うのです。
ただの興味本位、わが子の子供がみたい程度の気持ちならば、やめたほうが良い。
犬の良さを知ってほしいと思うのなら、その良さを伝えるためにも、
一所懸命、犬について勉強してください。
最初は、みんな素人だったんだから。

犬は、人よりも容易に先祖がえりをします。
5世代くらいは、飛び越すこともあるそうです。
血統書には、トイの文字ばっかだけど、あれれ?ってケースはこれ。

以下に紹介するものは、素人はブリーディングに手を染めるなという主旨のものです。
これを読んでも、たじろがない確固とした意思をもってる人は、
遺伝疾患、犬の習性を学んで、適切にブリーディングをおこなってください。
ブリーディングに関する警告
http://littlestars.ciao.jp/breeding.html

素人でもいい、プロでもいい。
犬の健康を考えて、犬の良さを後世に伝えるようなブリーダーが増えることを
望む。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☔ | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

バスター先生

バスター先生と小さな仲間たち イギリス獣医師の動物日記

バスター・ロイド・ジョーンズ(Buster Lloyd-Jones)

戦前戦後(第二次大戦の)に活躍したイギリスの獣医さん。
DENESという犬猫用フード会社の創業者でもあります。

残念ながら、翻訳本は絶版なので、中古を探すか、図書館にいくかしかありません。

唯一、DENESの日本支社なら新品が買えるかも・・・。
サイト:http://www.d-japan.com/

バスター先生は幼少の頃に、小児麻痺をわずらったそうです。
しかしながら、獣医への夢は募る一方だったとか・・。

なぜか、不思議と動物がバスター少年のまわりにあつまってくる。

第二次大戦前に獣医師となり、戦中は、戦火の中、飼い主とはぐれたペット
を救助し、飼い主に捨てられたペットを救助し、懸命に治療を施したそうです。
戦火のなか、ペットを預けにくる飼い主、しかし、終戦後に引き取られるペットは
少なかったという。
特に、敵対関係にあったドイツ原産の犬は、悲惨だったとか・・・。

晩年、足腰が不自由になり、車椅子生活を余儀なくされても、
動物達は先生の周りに集まってきたという。

不思議なことに、「傷ついた動物達は、まるで自らすすんで診察を受けたいかのごとく、
おとなしく、先生の診察を受けた」という。

こんな先生、今の世の中いるのかな?
きっと、知らないところで、ひっそりと活躍してるんだろうね・・・。

おそらく、バスター先生は、動物と会話ができたんだね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

動物と話す

動物と話す

よくテレビなんかでペットと会話をする外国人がでてきます。

おそらく、日本人でも似たような特技をもった人はいるのでしょう。

ペットと会話をする。

多くの飼い主は、なぜか苦手。
とーちゃんはかーちゃんよりも苦手です。

もし、得意な人が多ければ、犬を捨てる(センターに連れて行く)なんて
ことは、ないはずだから・・・。

犬の躾においての成否は、犬語が理解できるかどうかのような気がする。

犬をあまりにも擬人化してしまって、人目線で解釈すると、間違いのもと。
かといって、犬畜生のごとく、言葉も感情もわからない動物として
接するのも間違いのもと。

犬は犬、人は人と一線を画し。
プードルはプードル、プードルはマルチーズではないと、犬種特性を把握し、
海渡は海渡、海渡はタロウではないと、個性を把握する。

これが、できてはじめて共生できるのだろうね。

犬の躾がなってないのは、飼い主が悪いの一言で片付けられる風潮にあるけれども、
必ずしもそうではない。

純血にこだわり、ルックスにこだわるあまり、近親交配を繰り返し、
物理的な遺伝疾患のみならず、心にも遺伝疾患を起こしていることを、
ブリーダーはあまり認めない。

ほんとは、家庭犬としてはふさわしくない犬種なのに、「躾をちゃんとしないから」
の一言で片付ける風潮・・・、どうなんだろうね?

クィールの訓練士だった多和田さんも言ってる。
盲導犬になれる子は、盲導犬になれる素質をもつ親から誕生しやすいと・・・。
だから、イギリスの良いブリーダーから犬を連れてきたんだそうです。
これって、躾や訓練だけでは、どうしようもできない面があるってことだよね。

犬の科学(著:Stephen Budiansky 訳:渡植 貞一郎)
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN4-8067-1281-7.html
著者は、愛犬家ではないが、Natureなどの科学雑誌のライターだけあって、
実に科学的に書いてある。

「信頼とは相手の欠点・利点を受け入れることからはじまる」
これのない、躾はただの拷問(飼い主の自己満足)かもしれない。
とーちゃんも気をつけないと・・・・。

動物と話す(アニマルコミュニケーション)を実践し、カウンセリングを
してある方のページです。
エピソードは結構、面白いですよ。
http://www.hanan.jp/counseling/index.html

posted by kaito at 13:09 | 福岡 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | しつけ・訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

なんで夜に留守番なんだぁ!

2008年5月17日

今日は、朝からジャグジーです。

シャグジー:マイクロバブルともいう。

ちょいと、顔周り、お腹周りなどを切ってもらうだけ。
だから、毛がモサモサなのには変わりはないが、フサフサになるのです。
(だって、チョッキンはあんましお得意でないですから・・)

しかーし、夜になると異変がぁ・・・。

どーも飼い主の動きがおかしい。

夕飯が、いつもより早い。
おかしい。

「ハウス」とかいう呪文を唱えられる。
あやしい。

「夜に留守番しろというのかぁ・・・・。」

ちょっと、今回は、行き先を告げずに、お留守番をお願いしました。

行った先は、
「農場レストランあんず畑から」どす。

サイト:http://www.e-atm.co.jp/contents/rest_anzhatake.html

自然食のバイキングといいましょうか・・・。
日頃は、2100円/人のところ、本日は3000円/人とおっしゃる、店員さん。

月に一度のお客様感謝だそうです。
でも、価格アップ。
理由は、スペシャルメニューの追加だそうです。
鯛の刺身、地鶏の炭火焼き、べーコーン、鶏の唐揚げなどなど・・・。
あと、JAZZの生演奏なんかもありーの。

なんとも優雅な一時。

お野菜は、全て契約農家から直接仕入れなので、美味しいざます。
生で食べれる「小松菜」、ほうれんそうドレッシング、人参ドレッシングも美味なれど、
人参ジュースも最高で、パルメザン入り茶碗蒸しなんてGooodです。

これで、犬連れOKなら「良いのに」と思いながら、帰るのでした・・・・。

帰り着くと、ばぁば曰く「海渡は、あんたらが出て行ってから、ずーっと泣いていた」という。

どーも、行き先告げずに行ったので、1人のけ者にされて、みんなで1Fで楽しんでるんだと
思ったのかなぁ・・・。

・・・・・・・・・・・
お留守番のとき、「だまって出て行こう」と良くマニュアルには書いてある。
これが、海渡には気に入らないらしい。

マニュアル通りにいかない、これが生きてるって証拠だね。

20080517.jpg

そう。行き先はちゃんと教えてね。
ボクは、お留守番良い子にできるから・・・。



posted by kaito at 09:45 | 福岡 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

月曜日はキライだぁ

ボクは、みんなの帰りをお利口さんで待ってるというのに、
月曜日の夜は、ボクのかわいさに見向きもしない。

イタズラしても知らん顔・・・・。
遊びに誘っても、本気になってくれない飼い主。

なにが、チェンジだ。

とーちゃん、早く、ボクに気づいてね。
おもちゃを見張ってるの・・・・。
はやく、取ってみてよ・・・・・。

かーちゃん、目の前のおもちゃ見えますか?
ボク、おもちゃを見張ってるんだよ・・・。


・・・・・・・・・・・・・
いやいや、海ちゃん、まぁーそういわずに・・・。

CHANGE
http://wwwz.fujitv.co.jp/change/index.html

果たして、ドラマの如く、現実世界もCHANGEできるのか?

大学の一般教養で「政治学」とったときの教材が、
マックス・ウェーバー(Karl Emil Maximilian Weber)の
「職業としての政治(Politik als Beruf)」ってやつ。

岩波文庫から翻訳本がでてます。

1919年のミュンヘン大学での学生向け講演をまとめたものだそうです。

議員をpolitician、statesmanと言うことが英語圏にはあります。
前者は利権にまみれて、国益をかえりみない議員さん(政治屋)
後者は、利権にまみれず、国益優先の議員さん(政治家)

日本の議員さんは、どっちのタイプが多いのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いずれにしても、ボクの憂鬱な月曜日がはじまるってことだ・・。

とはいえ、政治によってボクの暮らしも変化するかもしれないんだよね・・・。

狂犬病予防注射が複数年1回になったり、迷子でセンターに収容されても、
ガス室おくりの猶予期間が延長されたり・・・・・。

自民党動物愛護管理推進議員連盟:http://jimin-animal.net/

ボクも無関心ではいられないね。

マザー・テレサが言ってます。
「愛の反対は憎でなく、無関心」だと。

国が好きなら、そこに住み続けたいなら、無関心じゃいけないってことだね。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

犬の食糞

まず、人にとって不快でも犬とっては「なんともない」行為だということを
覚えとこう。

オオカミなんかの犬の親戚さんたちは、草食動物の糞を食べたり、自分のを食べたりします。

理由は、諸説あります。

犬も、そうです。

まず、母犬が子犬のお尻を舐めたり、子犬の糞を食べたりします。
これは、本能的に、敵からニオイで悟られないようにニオイ消しの意味が
強いといわれてます。

子犬も自分のを食べます。
これは、母犬の行為をみてるからだろうと言われます。
そして、離乳期をむかえると徐々にしなくなるそうです。

ところが、家族に迎えられる犬は離乳は終わってるはずです。

なのに、迎えたその日から食糞。
もしくは、しばらく月日がたってから食糞。
など様々です。

理由は何?対策は?と考えたくなるのが親心というか、人である所以です。

理由は諸説あります。

1.退屈だったから、食べたら美味しかった。
2.何か栄養が足りないんだよな。
3.強迫性神経症(人ではその症例があるそうです)
4.なんらかのストレス
5.正しく離乳期を終わらなかった。
6.寄生虫感染
7.寝床とトイレの配置が不適切。
8.なんか良いニオイなんだよ。
9.うんPをしたのに誰もきづかないから、自分で処理しちゃった。
10.その他

栄養的なものが原因ならば、それを補充すれば解決する。
一般的には、消化酵素、ビタミンB群、グルタミン酸など。

環境的なものが原因ならば、本能にマッチした配置にする。
寝床とトイレを対角線上に遠い関係に設置する。

強迫性神経症の場合は、他にも奇異な行動があるのでは?
これが、精神的なものと、機能疾患によるものとあるようです。
ストレス性なら、ストレスの軽減。
機能疾患ならば、特に脳の疾患を特定する必要があります。

寄生虫感染なら、寄生虫を退治すればよい。

よそ様のうんPを食べないのならば、大目にみてあげてもよいかもしれない。

どうも、「時間が解決する」としか、誰も対処ができないみたい。

ただ、単純に「躾」の問題として片付けるには軽率な気がする。
「お座り」ができない、「トイレの位置を間違える」のとは違うのだし。

よく、タバスコやビターアップルなどを使う例もあるけれど、
ワンコがそのニオイに慣れてしまえば、無意味だし、
常に、ワンコのお尻に熱視線しなきゃいけない。

ましてや、タバスコなんて胃腸障害のリスクを背負ってしまう。

病的なものが原因でなければ、ストレス性なんだろうと思う。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

福岡本部に新入りさん

まずは、

北九州にお住まいの
崟三郎(ポメ)
優鈍(トイプー):
2007年12月3日生まれ

お次は

山口県にお住まいの
☆メッシ☆
2006年5月16日生まれ
男の子
甘えん坊でビビリで優しい我が家の王子様です。

☆キキ☆
2007年6月14日生まれ
女の子
正義感が強くて、おてんば娘の我が家のお姫様です。

サイト:http://blog.goo.ne.jp/messi-love-kiki/

みなさんよろしゅー!
posted by kaito at 23:21 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡プードル倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランダースの犬

この物語は、イギリス人のウィーダという人が1872年に書いた童話です。

舞台はベルギー北部のフランダース地方。

モデルになってる犬は、ブービィエ・デ・フランドル(Bouvier des Flandres)

そして、この物語のラストは、みなさんご存知、倒れこむネロの側に寄り添うパトラッシュ。
多くの人がウルウルしたことでしょ・・・・。

日本に紹介されたのは、1900年に入ってからですが、1975年のアニメ化によって認知度は
アップしました。

ところが、イギリスをはじめ欧米諸国では、長い間、闇に葬られていました。
最近では、アキバ系オタクな欧米人の間では認知されつつありますが・・・。

ごく普通の欧米人の多くは、この物語に嫌悪感をもつそうです。

理由は、「そんな過酷な場所に、子供と犬だけを行かせるなんていう人でなしな行為を
私たち親はしない」というのです。

一応、舞台となった、ベルギー北部には、日本人観光客目当てに記念碑があるが、
地元民は快く思っていない。

また、主人公のネロが15歳にしては、自立していない、幼稚すぎるという理由で
教育上よろしくないとなっている。
アメリカで出版されてる、この物語は、ハッピーエンドに書き換えられてる。

オランダでアニメ放映したときは、80%の視聴率を稼いだらしい。
ただ、これは、オランダ在住の日本人の視聴が多かったのでは?といわれている。

ヨーロッパは、民族的宗教的に様々な歴史があるからね・・・・・・・。

・・・・と、日本とは間逆な反応。

この差をベルギーでは、2007年にドキュメンタリー映画を作って、検証してます。
その結論は、ネロの死は侍の切腹(滅びの美学)と関連性があるのではとしてます。

おそらく、日本人は、原作でネロは15歳という設定だということを知らないのかもしれないね。
とーちゃんは、アニメのネロは小学校5年、6年くらいだと思ってたんだから・・・。

異なる文化だと、こうも違う反応。

そりゃ、犬と人の関係は、簡単には理解しあえないね。
紆余曲折しながら、信頼を深めるんだねぇ・・・・・。
posted by kaito at 00:00 | 福岡 ☁ | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。